2015年10月10日

補完記事:他人が幸福そうに見える誤解


こんなの昭和の方々には「他人の庭がなんとやら」だとか「友人の女房がこうである」なんて話で説明するまでも無くご存知かと思いますが、平成生まれの若い方にはピンとこない場合もあると思います。『幸福論』を独立して書く意図じゃないですが、補足説明やっときましょう。

この話は一般的表現でいう「ねたみややっかみ」などという単純なものではありません。
本人自らそう選択しているのではなくて、所謂「あてられる・見せ付けられる」って表現ありあますが(みたまま受動系で『被(こうむる)』なんですけどね)、
「そういう感情に支配される、どうしてもそう思ってしまう」場面の解説です。

『単独者』の場合、所謂(『共同幻想』用語であえて言いますと)”価値観”を共有する他者がおりませんので(またその共感を他者に求めることも無い)、前述のような状況「他者による幸福そうなプレゼンテーション」が仮にあったとしても苦笑するだけです(コントですか?ぐらいの受け取りになる)。
しかし、やたらとそんな状況に不安感を訴える人物も少なくありません。

■典型事例は「女性の結婚願望強迫系のケース」となるでしょう。
「友人・知人の結婚式帰り道で強烈に鬱になった」などなどです。
ご存知のとおり『結婚願望』というものは思い切り「強迫心理」であり、本人がそこを問題と訴えれば疑いようも無く”メンタル問題”の一種です。
話の前提はこうです。
・『共同幻想』はその母集団の力を維持・向上させるため後継者や新規加入者などの自然増を求めます。
・原始的『共同幻想』の権力の源泉は”性行為の管理・監督権”であり、端的に言えば『共同幻想』権威や権力が”認める”正当な性行為の許可が「結婚制度」です。
(発端である目的が前述内容であるため「やたらと子供は何時生まれるのか」などが付随する。)
・『共同幻想』には内部競争を煽る目的で”インセンティブ(利益誘導)”を効かせており、認められるという概念の延長には出世などがあるように、「結婚を認められることは(権威が認定する)祝福であり、組織内身分も上位者になる」という幻想が”連想”されます(風が吹いたら桶屋が儲かる話と同じ)。
・結果として(話全体をぐるーっと見回すと)「あたかも独身者でいることが”下層で劣る人間”であるかのように連想」されてしまう場合があります。←勿論これは錯覚で、そもそも『共同幻想』がなんちゃって設定したインセンティブが”勝手に祝福であって幸福”という物語になっている都合があるだけで、『共同幻想』もその”逆インセンティブ”とも呼ぶべき「独身者の憂鬱」などに至る思考を織り込む予定はありません。
・旧来の『共同幻想』黄金時代の場合、ある意味「独身者」は想定されない(地域の有力者などが『共同幻想』のネタバレ崩壊を防ぐため損失補償のように「幸福の導き手としての『共同幻想』の神話」を守るため「結婚を斡旋」した。有力者は後家の面倒までみました。→勿論当該『共同幻想』に対する忠誠を宣誓した構成員が前提)。
 ↑
つまり、結婚があたかも幸福であるかのような興奮も「そもそもネタ元は一種の捏造」であり、そういう設定のドラマを見た視聴者が(こうなったら勝者みたいなドラマ固有の設定)、その後の展開に一喜一憂しているのと現象としては同じです。

●重要なポイントは、『結婚願望』が広く発生した時代の『共同幻想』は「自由恋愛や結婚によらない性行為を宗教道徳などで禁じており」→戦後日本の自由恋愛・自由結婚(親の許可がいらない)以降は本来消滅するのが自然です。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:20 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0