2015年10月06日

『平等論』(3)

■さて、そうなると『幸福論』的に「たとえば『共同幻想』適応な人達はやれ何が幸福だ何が嬉しかっただ、楽しかっただの」と(本質的にどうでもいいことでしか無い差異に)一喜一憂しているのか?
 ↓
基本的に「演出されたドラマに興奮する図」と違いがありません。
てか、詐欺にひっかかった人の(そのネタバレする前の)騙され中ハイ状態みたいなものです。
これ『平等論』(1)で、そこはかとなく書いているんだが、
えーと、『共同幻想』をぶち上げた張本人(長い歴史になるのでぶっちゃけ誰と個人は特定できない)この人物は地域の名士や権力者だったり王だったり宗教的指導者だったり様々ですが、
事の発端は『安全保障(草食動物の群れる理由)』ですから、組織の防衛上と権力の求心力のためにも(或いはそもそもその地域の人類が集落を組む経済的理由からも)「組織が上昇志向に発展、乃至現状の再生産を可能とする永続性」などの機能を必要とします。
それが「インセンティブ(利益誘導)」、
一番わかりやすい事例は、権力者や権威者が(典型例は聖職者)「青年の性行為を管理」し、「言ったとおりの秩序社会の論理に適応選択するものには性行為の許可と斡旋もするよ(結婚の縁組するよ)」という利益誘導です(そもそもが古い時代の結婚式には聖職者が必要不可欠)。

おおよそだいたいの伝統宗教が性行為をなんからの方法で許可制みたいに管理してますが(勿論公衆衛生に熱心だったイスラム教あたりには性病を予防する意味もあったと思う)、ほとんどの宗教道徳には性行為に関わる戒律があります。
ぶっちゃけ性行為やりたければ『共同幻想』に参加するようにって誘導です。
(日本が異例の発展するのは、フリーSEXいいじゃないとかのたまったヒッピーみたいな坊さんがいたからで、江戸時代以前から日本は米国60年代なノリがあった異例な国なんです。)

さて、話は戻るけど、
自由恋愛などの時代を迎えても、「結婚の条件は年収何百万以上」なんてアホみたいな話がついこないだまで平然と語られてきましたが、勿論これも「経済成長に邁進するインセンティブです(みごと出世すればいい女が抱ける)」←これ昭和まで普通にあった幻想です。

■かくかくしかじか「家庭」なるものの業務における最大の祭典は「夫婦のSEX」なのであり、
(結婚=公明正大にSEXが許可された男女の意だったのだから)
その成果品として、やれ子供がどうだのあーだのって幻想が付随します。
同時に、その許可云々は『共同幻想』側権威が”認める”って工程経てますから、なんだか知らないうちに「権威者に褒められる立派な家」みたいな肩書きがくっつきます。
(家族法人がやっている最大の業務は「単なる繁殖行為」なんですけどね。)
すると、その成果品もあたかも神の祝福だみたいな事になるワケで、
 ↓
こっからは人間の自我特有の連想的幻想ですが、成果品の子供が有名大学に入っただとかですね、このような事になると「我々夫婦の性行為がどんだけ神に祝福されたことだったのか」のお墨付き度合いがそこに表現されているみたいなトンチンカンな乗りになり、
封建時代には「名家」や「貴族」が登場します。
ぶっちゃけ「有名ブリーダー」とそう違わない職業です。
子孫繁栄の目的は勿論、集落の繁栄のためです(本質的には個人の利益ではありません)。
そりゃね、人間だっ動物ですから、本能の残滓で「小さなものやか弱いものや丸っこいもの」をかわいいと感じたり、大事にしようかって思う反射的認知はあります。
ですから、子供をペットのように可愛いと本気で感じる親御さんもいますよそりゃ。
そういう仕組みになってんだから。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:32 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0