2015年07月30日

偏向が末期的様相を呈しているマスメディア

どう呼べばいいのかと考えてみる。
「あたかもこの世に”左翼的平和主義”なる抽象概念があるかのような幻想に”乗っかって”(多分)その潜在意識は、自らの既得権崩壊の不安から逃れられる感覚をあたかも正当性感覚と認知している。」
かなりの部分は、無意識に”左翼的平和主義”を快不快原則で選択している。
という事なんだろうと思います。
(その主張をしていれば不安から逃れられるため、きっとそれは正当な事だと思っている。)
勿論その一部には意図的扇動目的者もいるだろうけれども、そのスケールは所謂ナントカ陰謀論程度の分布だろうと思うワケです。

■事実そっち方面に世論が大きく動く事は無く(反対政党の支持率がドーンと上がったりしていない)、どちらかと言えば「何の話で大騒ぎしているのかよくわからない」というのが実際のところなんでしょう。
結果として(中国関連の説明ガがどうしてもタブーであるため)「何をやっとんの?」世論は、マスコミの無意識な”左翼的平和主義を連呼するドクトリン”みたいな動きを容認してしまっている。
(ご他聞にもれず、この容認状況をマスコミは視聴率の読み違い同様に「自分たちは上位階層で賢いからだ」ぐらいに思っているんだろうと思います。)
この辺の話ってのはWWU以前の米国モンロー主義とたいした違いはありません。

■本来これらの動きこそ危険で、日本がWWUに突っ込んでいった理由でもあるのに、です。
どうしてもこうしてもだね、
「まったく理詰めで考えたものでは無く、そう主張しているとなんか気分がいいから」という快不快原則によっているのであれば、日本が偶発的な侵略行為を受けるなどした場合に急速に不安になり「何をしてるんだ」と反動化するからです。
マスメディアの手のひら返しは(田中角栄でありライブドアであり)これまたみなさんご存知のとおり。
しかも、その大マスコミが(そのスケールそのものが誘導扇動機関とも呼ぶべき独占性の高い危険な存在)そこで手のひらを返したら?
(今現在が理詰めじゃないんだから。)
米国のモンロー主義が「リメンバーパールハーバー」でひっくり返ったように、
日本において決起する青年将校を英雄視してしまったように、
「快不快原則で動いている=いつでも主張は180度変わる」つー事ですから。

実際の話「左翼的平和主義」をイメージできても、
その中身を考えているかって、、到底考えていると思えない。
あたかもどこかの新興宗教信者が「この本に教えがあります」と説くように、
「この憲法に(俗称も平和憲法だし)平和主義ガ語られているわけですが」てな事になっているのであり、どこにも「憲法9条は平和主義なのか?」なる主体的思考が語られた事が無いのです。
根拠がさ「そういう評判でみなさんご存知ですよね」だけであると、、。
■右派と左派で話かみ合わないもなにもですね、、
「左翼的平和主義」を語る人の前提が「これが平和憲法だから」になってちゃっているんですよ。
本来、そこは「何故にその条文に平和の実現性が保障されているのか」の証明が無くちゃいけないのですが、肝心要の根拠が空っぽなんですよ。
著作者である米国に真意を聞けば「いやいや、日本こそこの時存在そのものが悪の枢軸だったのだから、日本の武装解除と再武装の禁止=世界の平和って事でしょ」なノリですよそりゃ。
更に風呂敷広げると、
「悪の枢軸の日本に武装放棄させれば、他はまーまー話の通じる同じ連合国なので、世界は平和になるって事で」という趣旨である。
話の大前提がですな、、、日本以外の諸国間で武力紛争も無ければ米国のパワーバランスが失われる心配も無いって話であって、
著作者米国から見れば「日本が武装放棄するから世界が平和になる憲法」なのであって、
この前提が早晩超戦争や米ロ対立で壊れまして、
「日本が武装放棄しているので、世界が戦争状態になり兼ねない憲法」になっちゃったので、
著作者の意思で、「警察予備隊(後の自衛隊)」「日米安保条約」が締結されていくワケであります。
既に著作者は「それはもう(朝鮮戦争の時から)平和憲法では無いんだけれど、日本はその憲法を何故平和憲法と呼ぶの?ひょっとすると(後から失敗したなと思っている)米国への嫌がらせなのかな?」って事でしょ。
「日本は意地でも米兵に生命を守ってもらう。その権利がある。と言いたいのだろうか?(吉田茂も米兵を番犬と呼んでたし)」

→続きを読む

posted by kagewari at 18:36 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0