2015年07月26日

「総じてメンタル問題なるものの誤解」

この件に関しては完全に臨床系や医療系と見解異なるのですが、
文系心理学から言わせていただくと(公的には病気申請でOKですが)メンタル問題は病気ではありません。←労災申請や障害者申請が誤りだという意味ではありませんよ。
心理的な誤解を招くので、(言語学的に)病気病気言わない方が合理的だという見解です。
時に、高齢者の痴呆症ですらメンタルケアの介在で症状の改善が見られる場合もあるんですから、
概念として病気とは何かって部分にも関係しますが、
「逆さまに考えてみましょう」
心理学的分析であるとか論理サイドからのアプローチの有効性(レスポンス)が高ければ「現在症状として何がどうなっているのかそれはさておき」心理学系に出番のある「メンタル問題だ」と言えるのであり、それこそ臨床系であるとか医療系の「対処療法的有用性の検証」と同じでしょう。
(彼らの場合原因の理解がさっぱりなままでも「それでも可」で押している水準です。)

心理学的アプローチに有用性が確認されるのですから、
「心理学はそれを固定的だと考えない」
同時に個別具体論として何か能力的にどうこうを論じない(なんちゃらセミナーじゃありませんから)。殊更文系心理学となれば事実上哲学的な要素をどこかしか内包してますから、そこで合理性が担保されているのか否かがクリアであれば(そもそも人類ヒト科としての日常生活が営めれば能力的問題はどこにも無いのであり)、個別具体論や能力的にどうこうなどは無関係ですから。
(少なくとも心理学は『共同幻想』に対して批判的乃至中立的であることが条件としてマストでしょう。)
 ↑
どうにもここを誤解される方もいるので突っ込んで説明しておきますけれど、
■「所謂『共同幻想』社会適応する状態を標準とする」なんて事を心理学がやったら「もう思想的な洗脳バリバリ」になりますから。
その後当事者が何を志向しようと干渉しませんが、
何か特定の人格構造を優位であるとか、人として標準であるとか、それが可能になる事がやれ社会復帰であるかのような予断は単に『共同幻想』の論理に過ぎず、
人間個人と対峙する心理学が軽率に発言したり示唆したらイカンのです。
(※別段人類ヒト科が「働かなければ云々かんぬん」なんてのも一切意味の無いプロパガンダのような代物ですし。いろんなところから論議はあるでしょうけどね「ぶっちゃけ昭和の専業主婦」自営家事労働以外は働かないのが当たり前の事だったんだから。そこはパートでどうこう言う人もいるかもしれませんがね、当時受験戦争なんてアホな『共同幻想』なければ随分とそこのところも違っていただろうと思いますよ。)

実際の話、世界的にもかなりデカイ宗教のキリスト教系では(少なくとも旧約から新約まで)「人類ヒト科の労働ってのはアダムとイブのりんごがどうした事件における神罰」であって、囚人の労役と認識変わりません。
それが無い方が人して正しいって話を盛んにやってる『共同幻想』だってあるって話です。
(この辺あまり突っ込むのも建設的では無いのですっ飛ばしますけれど。)

■重要な転換点は「やはり寿命がどんどん延びているところ」でありまして、
高学歴化も合いまって、現代社会の人類ヒト科は「ざっくり人生100年と考えた場合、労働力年次を30年から35年と見てもだね、70%近くは働いていない状態」なんですよ?
所謂仕事量を派生させていないって意味じゃありません(子供時代の部活だって立派な仕事量に至る活動ですから)、
「いかにも正社員でございますって労働が”人間としての働き”のデフォでは無い」って事です。
心理学は財務省や経済産業省の回し者じゃありませんので、社会適応「職場復帰(中高生なら就学復帰)を回復の前提とする」なんて馬鹿話に付き合っていたらインチキ心理学です。
(そこは個人の自由なワケで、)

「いやいや能力的ななんとかも問題だろう」と拘る方もいらっしゃるかもですがね、
あのですね、『共同幻想』適応人格ってのはここのところ書いてきたエントリーで鉄板の論証したように「完全に個人の能力にリミッターかける仕組み」です。
つまり「いかにも『共同幻想』適応な社会復帰をどうたら」みたいな話をされてもですね、いやいや個人の能力的なものをスポイルする人格構成の話になってしまうんですがって「ガチの論理矛盾」に突き当たります。
それは「どうすれば宝塚に入れますか?」みたいな話と同じになるワケですよ。
心理学は「そんな事しらんがな」となるスタンスで「心理学的に矛盾の無い証明」となるのであって、いくら横槍入れられようとも「いかにも旧来の『共同幻想』が言いそうな”社会復帰ネタ”」には組しません。

→続きを読む

posted by kagewari at 21:45 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0