2015年06月29日

メンタル問題を煽ってきた”恋愛なんとか”が数字としても減衰

時にメンタル問題の背景が「性愛がらみの承認欲求」である事が少なくない(男子の場合は過去に出世願望的な社会的地位にからむ話メインの時代もあったが)、メンタル問題局面において「やれ普通はこうだ、一般の人はこんなにこうだ、私だけがかくかくしかじかの被害者で」のような自家発電的な不快再生産の状況が展開する場合も典型例のひとつ。
この設定の場合「所謂『共同幻想』社会適応者」があたかも勝者であり幸福を満喫している前提が必要となる(でなければ”そうではない自分”を被害者認定できないからだ)。

故に、
メンタル問題の論議の中心がなんだかんだ「どうしたら『共同幻想』社会に適応できることで勝者となり幸福を満喫できますか?」みたいな倒錯しな内容にもなりがちで、トンチンカンな『共同幻想』適応一部外野席がこれまた「いっしょに頑張ろうね」なんて見事な合の手を打つなんてことになれば、、もうね状況から抜け出す事は大変厳しくなります。←ちょっと収拾付かないみたいな。

■勿論この状況で重要なのは(それこそ『共同幻想』社会適応している当事者たちの口癖がそうであるように)「そもそも『共同幻想』適応というのは”苦労の連続”であり、どこにもやれ勝者だとか幸福を満喫などの世界は存在しない」事を知る事に始まる。
(『共同幻想』社会適応者こそ誰よりも「休日が大好き」なのだから。更に言えば彼らの実存証明はその”苦労”により証明されるのだし。)
●ここが強迫心理でトンデモとなる背景は、幼児期などの権威性認知が誇大化したまま反抗期によりリサイズされず、幻想としてそのままのスケールで残るためで→その後の展開先社会に「凄く上位の存在」のようなイメージが無意識に投影されてしまうため話がややこやしくなるのです。
 ↓
桶屋が儲かる話のように、どこにも自意識に「『共同幻想』社会適応者こそが勝者であり幸福を満喫するのである」なんて信念も・思いも・想いも”無い”のに関わらず、自分の悩みを説明しているさなか無意識に「『共同幻想』社会適応者」はあたかも勝者であり幸福を満喫している」設定を顔真っ赤に主張している自分がいたりするって展開にもなるのです。
(自我がその時置かれている設定上の力関係に”強迫”される言動を「あたかも自分の感情」のように誤認・錯覚してしまう。←「勘違いして詐欺的営業会社の社員になってしまった時のジレンマ」みたいに設定があり得ない感情的興奮を演出してしまう、みたいな。)

■さて、このような状況で「いかに『共同幻想』適応社会とはどんなものか」現実論を説明し、不快現象のバランスを減衰させようと考える場合(前述のこの世に存在しない「勝者であり幸福を満喫している人」設定を壊す必要があるのだから)、
いくら「いえいえい世間の人全般が何の苦労も無く幸福な生活を謳歌しているだとかそもそも『共同幻想』論的にあり得ない」事をどれだけ説明しても、必殺「雑誌にこんなことが書いてありました」「TVドラマのなんとかのように」「身近な人の話ですが」なんて無茶な根拠で前述の『自家発電的な不快再生産の状況』が”自我防衛”されてしまう事があります。←わかりやすく言うと「聞く耳持たず」状態。
●勿論そういう進行になった場合(いくら説明しても聞き手の論理性が破綻しているので)、統計の数字なども出すんですが、権威性認知をバックグラウンドにする『共同幻想(メンタル問題の場合強迫心理系認知)』にとって統計DATAはそこそこの説得力・到達力を持ちます。
※そもそも強迫設定の破壊は心理学的対応の”導入部分”であって、本題は「人間は何がしかの権威による承認などそもそも必要が無い・自己の実存と関係が無い」って原則論と併行し、発端となる幼児期などの『権威性幻想のネタバレ崩壊』に話を進めるところですが、リハビリ過程のリバウンドで今回のような”導入部分”論議が再燃することも少なく無いので抑えておくべき論議です。

凄くベタな表現なんですけれど、
「それは法律に書いてあるんですか!」と興奮する状況に対して統計DATAとかってのは”公(おおやけ)”のものなので(権威性フラグが立つためカウンター効果がある)、
「かくかくしかじか民法何条によるとなにやかんやで、なんとか訴訟の判例ではたしかに、、」と返すような説得力を持つワケです。

→続きを読む

posted by kagewari at 19:09 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0