2015年06月20日

「刑法39条が問われる犯罪」について補足”犯罪心理のボーダーライン”

刑法39条の話は何度か書いてきたので「私が刑法39条そのものに反対である件」は説明省きますが、
今回は犯罪心理のボーダーライン”に絞って話を進めてみましょう。
少年犯罪心理をとっかかりにするとわかりやすいと思います。
少年の代表的な心理に「中二病」ってありますね?
これは思春期反抗期におけるアンチ『共同幻想』状態(アンチ既存秩序・既存常識)ならではの心理となりますが、言うならば「反動形成」です。
「そっちがこうならこっちはこう」←この時反抗すべき対象が”何らかの心理的事情”で(個人的事情のプレッシャーなど)強大だとか誇大に見える場合、そっちを否定可能な均衡させる概念は「より大きな、極端な」ものでなければなりません。
発端からして実情より強大に・誇大に感じる個人的事情を発端としますから、更にここに係数付けて(乗数効果じゃないけれど)選択肢が過剰化するのですからトンデモな話になっても何ら不思議ではありません。

単純に「反動形成」の現象をわかりやすく説明すると以下、
「ごめんなさいねショートケーキが無かったの、だからロールケーキで我慢して」
「絶対絶対嫌だ、誕生日はショートケーキって約束したもん。」
「うーんだから今日はロールケーキだけどそこをなんとか、、これおいしいのなんだよ」
「だったら今からプリン100個買ってきてよ!!」

さて、この場合も前述中二病の場合も、選択される”対称となるカード”は十二分に自意識に認識されてます(そこ思いつく経路を踏んでるので)。
確かに高い興奮で「それ以外の選択肢が存在しないかのように」自意識には感じられていますが、絶対回避できないワケではありません。
(流石に自分でも「プリン100個はネーな」などと思い)
「チクショー!!」とロールケーキを床に叩きつけるなどです。
(これ動物行動学のローレンツが、魚のグッピーの観察でも同様の行動を論証してます。)

■特に犯罪においても当人が「あれれこれが違法とはまったく知らないし理解できない」などであれば刑法39条的な適応もギリギリ例外的にあり得るかもしれませんが(異例中の異例だと思います)、殺人など六法読まなくても知っている違法行為の場合、違法であるとか背徳であるとか所謂”反動形成フラグ”を自認している事になり(その認識が事前になければ興奮できないのですからね)、そのボーダーラインを超える場合そこに自意識共犯や自意識共同謀議が明快に成立することになります。
(典型例が万引き依存症でしょうか。不倫のスリルも似たような現象です。)
全く責任能力を問えないなど”あり得ない”。
何をしたのか記憶に無いだとか、衝動的で説明できないなんて場合も「だとすれば殺人の行為自体も記憶に無い」とならなければ整合性がありません。
この場合でも無意識領域だから無罪になるのだとしたら、泥酔して酩酊状態になれば誰でも人殺しをしていいことになります。
行為の責任を問うという概念から見た場合、「反動形成」の立証は「典型的とも言える違法行為を選択している」事で十分であり(当事者自我でしかその選択を思いつけない)、

→続きを読む

posted by kagewari at 03:28 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0