2015年06月12日

『憲法解釈』のあれこれ

最高裁云々、憲法学者云々では無く(最高裁判断はその趣旨で判決出るまで推定無罪と同じだから)、政府の見解としてどこまで裁量があるのかってかさ、
政治とは憲法違反の判決があるまで、憲法解釈をせずに法案を作る権利があるといってもいい。
「事前にそこを政治が忖度するのであれば、最高裁判所は必要無い事になるし、政治家は最低限司法試験合格の元判事でなければならない」なんて事になるからね。
政治責任として重要なのは「違憲判決が出た場合速やかに同法案を改正なり廃止すること、或いは世論などの状況を見て憲法改正を検討すること」であって、国会においては(ここは現代社会では左翼変人扱いの釣り人オザーさんがPKO法案作った時に強く批判していたポイントだが)内閣法制局がここを事前判断?するものだから、「内閣法制局はいつから最高裁を兼ねる部署になったのか?」という批判に繋がったワケです。
そこで、安倍政権はまず内閣法制局による集団的自衛権合憲の言質を担当者にとって法案化を進めてきました(ある意味政治力で大きくそこを妥協させた)。
流れ的には、最初から「憲法違反では無いと思っているが、こりゃ誰か法案成立後に違憲判断を求めて裁判になる」事を百も承知で進めている論議でしょう。
うーんと、集団的自衛権の関連法案は「その結果が違憲であれば、そこを論点にじゃあ憲法改正論議が必要ですね」という改憲論議を予め織り込み草案されていると考えていい。

安倍政権は特段事前の憲法判断を云々する事無く法案の成立を進めて問題ありません。
「憲法改正論議を本気で進めていれば(或いはその反対に合憲である強い意思があれば)」←ここが条件になるでしょう。法案化そのものが問題なのでは無く、違憲である批判があるのであれば次の選挙の争点になるんですから、間接的に国民の意思表明も可能な線です。
(※ここがベタで問題になるのは、そもそも憲法改正などの論議や問題提起無しで、全く憲法条文に無知なだけでうっかり憲法違反な法案などを作成しようとして「その法案はあからさまに違法ですが」みたいな場合の話。「道交法の知識が全く無しに、道交法改正の論議も皆無な政治家が赤信号横断法案を作るとか無理ってか思い切り違法」つー話。)

■ちなみに世論調査的にも、私の個人的意見としても「現状水準の論議で憲法改正は反対」です。
そもそも日本はどちらか言うと名文法では無く慣習法系の国家であり(いちいち細目を禁止事項のように名文化しない)、果たして「憲法解釈論」のように憲法に記載されていない付帯項目を後から書き足したみたいな話には矛盾があるし(なら批判派はそれを名文化する憲法改正論議をするべきだ)、
ぶっちゃけ裁判韻制度にあるように、法律というものに民主的な関与をしていこうって方向性がある現在(裁判においても違法リスクのある民主的関与を試みているのだから)、
安倍政権が合憲論無いし憲法改正論で集団的自衛権を論議する場合の「彼らなりの憲法解釈」という縛りは効いてるワケです。
それに合致させようと悪戦苦闘して法案化してますから。
私は個人的にもこの状態は好ましいと思っていて、今現在の安倍政権の集団的自衛権の論議にも「憲法9条はその縛りが機能している」と考えてます。←違憲合憲判断は民主制において人それぞれじゃないといかんのだから(でないのであれば民主制を止めて学者と最高裁が政治を行う話になってしまう)。
憲法学者のみなさんも意見はイロイロあるので、その意見を自由に表明しているのであって、彼らがそれは違憲だ無理な法案化したら憲法判断を仰ぐ訴訟も辞さずと考える事でOKなのです。
(※ある意味、憲法学者のみなさんが同法案に違憲だと反対する事に賛成です。大いにやっていただきたい。)

政治家と学者の関係はこの状態である意味同論議で均衡するので、その方向でやっちください。
しかしマスコミがあたかも「学者が民主政治を指導する」みたいなスタンスで報道するのは好ましく無い。
(※個人的に憲法改正に現状反対なのは、日本の政治はまだまだ成熟した民主制度とは言えないからで、今後もなんだかんだと自公永久政権に回帰するのであれば、これさ一部勢力のやりたい放題になりますから、少なくとも民主政治が成熟するまで「おっかなくて憲法9条は外せない」と思ってます。←民意と違うところで意味不明な戦争が政治決断されちゃうのが怖い。)

→続きを読む

posted by kagewari at 22:55 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0