2015年06月05日

高齢化時代の『共同幻想』或いは『単独者』再選択

前回までのシリーズ引き継いでます。
現代社会特有の「新卒3年退職的な第4次反抗”みたいなもの”」、
場合によっては”モラトリアム”とも呼ばれるこの状況が、本来の思春期より(自分が生産労働年齢ということもあり)環境的に難しい一面がある事を説明してきました。
(※反抗期という心理状況は時限的「仮想単独者」のような状況が必要となるため、労働のように形骸的な社会適応に追い込まれる環境だと”過去の幻想論部分や強迫心理”への批判性が中途半端になったり、ズルズルと中途半端なまま「なんちゃって『共同幻想』適応選択」が継続し問題を先送りしてしまう。同時に選択の”中途半端度合い”を自分で見極めるのが難しい。←ですから「一度退職しよう」と考えるワケですが。)

世代的部分を考える上で、
現在高齢者層に突入始めているのは所謂団塊世代などです。
それより古い世代は(明治から昭和初期などの真性『共同幻想』適応系)、高齢者の生理的パフォーマンス低下に守られていたというか、「単純な話『共同幻想』崩壊プロセスなんてものにも鈍感なぐらい体力的にも能力的にも急速に老化していた」ので(重要なポイントは「欲求の低下」による力学的実効性も下がる点もある)、「最近の若いもののいう事はわからん」ぐらいで十分自我を温存可能でした。
しかし現代社会は医療技術や健康維持の知見や平均所得の高さから「死ぬ直前まで現役バリバリ」みたいなケース全く珍しくありません。←あえて呼ぶなら『アンチエイジング世代』。
しかも今後高齢者に突入するのは「学生紛争世代」でもある(現代的に言えば「意識高い系」)団塊世代です。
社会構造的に「退職」の形で、社会適応感覚から離脱して以降の高齢化時代の人生は「ひょっとすれば自分の生産労働期間より長いかも?」なんて事すら起こり得ます。
勿論の事社会に拡大していく『共同幻想』崩壊も認識していますし、そもそもが学生運動世代など日米安保大人の追認みたいな「白旗あげた歩留まり軍団」みたいな部分もあります(笑
この世代が大規模に「新卒3年退職的な第4次反抗的なモラトリアム」に順次突入する可能性ともて大きいです。
■しかも「新卒3年退職的な第4次反抗」を難しくしているポイントが「なにやかにやと就労をせかされる」という社会環境にあるのに対して、「現代社会のプレ・ベーシックインカム」とでも呼べる内容に進化している年金所得で働かなくてもいい環境にあるのですから尚更です。

昭和の時代なら「若い人の聞く音楽はわからない、ビートルズはうるさいだけだ」で何の問題も無いのですが、団塊世代の場合は「若いころは俺もバンドとかやってたことある」ぐらいの友人がひとりやふたりいたりします。既に高学歴世代でもあり「学生時代はやれサルトルだヴォーヴォワールだ」なんて話を気鋭のフォーク歌謡喫茶で語らったなんてサイケな経験もあるの世代です。
「世代間対立」なんてわかりやすい社会構造は容易に崩壊するでしょう。
■可能性としてですが、
社会的ハンデにより苦労する「新卒3年退職的な第4次反抗世代」より、
「いよいよプレ・ベーシックインカム年金生活」を迎える高齢者の『単独者』或いは『共同幻想選択』のがよっぽどエキセントリックに発現し時代の先端を行く可能性も捨て切れません。
しかもこの世代はお金持ちときてますから始末におえません。
(※シニア世代向けなどの「大学社会人コース」などにおいては、講師より生徒の方が実体験伴った知識が豊富で「授業などやり難くってしょうがない」などという現象も多発しているなんて話を耳にすることもあります。)

→続きを読む

posted by kagewari at 17:16 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0