2015年06月01日

ベーシックインカム論

■高福祉社会は既に半分ベーシックインカム制度を導入しているのと同じ。
経済学的に言えば所得とは流通促進のためマネーサプライを合理的に分配(所得分配・GDPの山分け)する事であり、労役の対価では無い(そもそも労役の対価をその実態とリニアに所得分配させる市場なり原則は無い)。特に先進国になればなるほど「フリーエコノミー」が拡大するため「予め対価が合理的に想定されない生産活動が多いし、フリーエコノミーは先進国経済の生命線でもある」。
(※広義で言えば”補助金ヒモつき無し””特許取得目的無し”で純粋に学問として自主的に行われている大学の研究もフリーエコノミー活動の一種。)

フリーエコノミーところを考えるとっかかりは「押し売り営業の功罪」で説明できる。
確かに詐欺同然の押し売りでも「流通は促進」するのであり、名目それでも立派な営業活動って事になりますが、社会的に言えば迷惑行為の何物でもありません(SPAMメールで考えれば一番わかりやすいですよね)。この場合でも労働の対価として所得分配云々を論議しても意味が無い(社会的数値マイナスとかになるのですから)。
経済学で言うのところの自由市場などの概念は「流通の合理的均衡」というとこに根拠があるので、情報によって社会から営業職が消滅しても筋立てとしてはおかしくありませんが、実態はかなり大手法人であっても取引関係はコネや人脈だったりしますので、市場原理が機能しているのかも怪しい部分ありまして(情報会社はOKだが広告会社はNGだって事もありませんし)、市場原理の主だった機能はマルクス批判じゃありませんけど「余剰在庫管理論」みたいなものです。経済にとって余剰在庫による停滞は死活問題なので、それを防ぐだけでも市場には十二分に価値がありますが、かといって自由市場経済は万全ではありません。過当競争問題だけで無く小規模流通の棲み分け的経済分野などは母数的にDATAベースに乗っかり難い(乗せられても市場分析し難い)などなどで、在庫管理などにおいて経済流通で重要なのは市場というより”デジタル情報化”にシフトしてきているのが先進国経済です。
(※市場機能の実態も情報なんですがww、情報の機能性が市場の外郭へ拡大しているっつーことです。)

■勿論の事、現代情報化社会というものは無数のフリーエコノミーにより形成されており(amazonのレビューじゃありませんが通販でそれ抜きに語れない)、SNSや2chを中核にネット世論も存在します。そして、この分野で情報発信している個人はその労役の対価を分配されているのかって言うと無料だから対価などありません。
確かに数年前なら有名ブロガーなどが、やれ広告収入で食える食えないなんてーな論議になった事もありますが、フリージャーナリストがネット配信報道をビジネスベースに乗せるのが至難の業であるのと同じく、フリーエコノミーを所得分配的に計量計測しよってのからしてほぼ無理です。
「だってフリーなんだから(笑」
経済学的には重厚長大のハード経済から第三次産業へのシフトを「ソフト化」などと呼んで先進国化の労働資源の分配と推移みたいな分析が80年代やら90年代にかけて行われていましたが(ドイツなどでワークシェアリングなんか始まったのもその辺かなと)、後期先進国を語る場合その次にあるのが「フリー化」であり意図するものは「多様な情報化経済」という事になります。
(※現代的にはクラウドなんちゃらとかの経済用語があるのかもしれません。)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:51 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0