2015年05月26日

左翼インテリっぽさ世界の崩壊と現代的戦争はどうなるのか

先日「大崩壊」的レポートを書いてきた左翼論壇の大崩壊ですが、この左翼インテリ階層なるものが現代の戦争というものを誘引しているところを忘れちゃいけません。
むしろこの話はネットで話題となる某国の現象で見るとわかりやすいのです。←確かに某国の『共同幻想』は無理筋過ぎて手も付けられない状況なので一見何の参考にも思えないと考える方いらっしゃるかもですが、いえいえ日本国内左翼における「朝日的マッチポンプ」だけでなく深い関係があるので、左翼インテリ階層を語る時にはサンプルとして十分に参考となるのです。
戦後においては「某国を楽園と無理な宣伝を行い」随分とそこに悲劇もありました。
朝日新聞従軍慰安婦問題提起デマ報道の波及効果も凄いものがありました。
いずれの状況においても、左翼論壇はそこに十分な批判があった事ありません(最近は現場踏んだ人から「実は」的にポロポロようやく批判も出てきているようですが)、ザックリ言えば「似たようなものだ」って事ですね。
そんなワケで某国左翼の状況を考えますと、『戦後左翼』という存在は勿論ガチの『共同幻想』であり、時代的には近代帝国主義反動の尾っぽみたいな場所にあります。←このズレっぷりが「見えない敵と戦っているかのような空回りっぷりの正体」であり、なんだかんだで社会主義・共産主義的革命思想への依存から抜け出る事ができません(確信的ケースは勿論の事ですが無自覚にそっち方面の味方になっている事も多い)。それは非常に強い国家主義的『共同幻想』であり(意外に思われるかもしれませんが「平和”国家”」なんて記号も国家主義です)、保守系サイドから見れば「全体主義的」ですらあります。

■時々「リベラル主義」がこの左翼に混同されますが、本質的にリベラル主義ってのは「保守系が守ってきた”何か”を改革の名で自由化(或いは新案の提示)していく系の自由主義です」が、時に『左翼系共同幻想』の隠れ蓑みたいな使われ方しちゃうため、ここわかり難くなるのであります。←基本的には違うものですからね。

■話は戻りますが、某国は勿論のこと米国などにおける反日的動きに日本の「左翼論壇」はほとんど追従的な立ち居地なんですね。で、大元の動きがどういうものかって言えば、フィリピンやベトナムだけでなくですね
「キューバにミサイル搭載艦を停泊させようとして、いきなり米国がキューバと無理筋の国交回復した」みたいな事になっております。先日の核兵器問題の国連ナントカに大反対したのもこの某国。
(ここから米国の対応がガラッと変わったものに思います。)
これらの動きに「左翼論壇」はノーコメントであると(笑
ますます増徴して何をしでかすのかわかりません(しかも当事者国際法って何?)な人達です。
(※個人的に釣り人オザーさんのファンだった私としては彼がそういう動きを追認するものだとは思っていませんが、ネトウヨに徹底的に叩かれているオザーさんですからまた誤解を招く発言のひとつやふたつしていたと思いますが、、←今の中国の首相だったかな?学生時代にオザー宅で書生とかしているので人間関係上釣り人さんのが上でしたから、彼が中国要人に半ば上から目線で話ができる経歴の持ち主ってのは事実ですので。)

ある意味「逆だよ逆」なんですよね。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0