2015年05月24日

『共同幻想』再選択って具体的にどういう状況か(2)補足

■<話を戻して整理しよう>
「確信犯的『共同幻想』再選択」ってどんなものか?
ある意味「部活の新人勧誘に対して何を思うか」←こういう命題なのですよ。
(※さしずめ「俺はもっぱら帰宅部」ってのは『単独者』系)
以下の二つの過程が条件
・「本気で部活とかはしたい」という動機があり(現実の利益性社会との契約)
・「部活をやると決めたワケだが何部にしようか?」という選択命題に対峙している
更に
上記二つの過程は「全て誰からの指図も人目も見栄や欺瞞も無く”素で本音(拘束されない自意識の自由意志)”」である事が条件となる。
ここにいかなる事情の干渉も(やれあーすべき、こーすべき、常識だからみたいな)”あってはならない”←もし何らかの干渉があれば「それは強迫心理」です。

この話の展開だと以下の意見が出てくると思う。
●「誰だって、部活選択は友達とかにどうしよっかだとか普通どうだろうかとか、常識的にとか考えるのではないか?」
うんとだね、上記のスタンスは言うならば「中途半端なモデル」なのね。←確信犯的再選択では無いワケだわ。端的に言うと「部分的反抗期の後、反抗期の一部を先送りしつつ微妙に中途半端なまま『共同幻想』再選択をしている」状況なワケ。
名目、メンタル問題の発現も無く「なんとなくオンザレールで『共同幻想』再選択が普通であると社会的強迫に対して無抵抗(無反抗)に白旗あげちゃっている現代人」みたいな状況は、案外どこにもでもあるんだけれど、
この状況はメンタル問題のある人にとっては「やってはならない状況」なんですよ。
そりゃそうです。
メンタル問題を発現するほどの自我バランスで『共同幻想』や『権威者』の強迫的心理が無意識下にあって、恒常的に『自意識』が右往左往しているってのに、そこを中途半端でいいって事にならのです。ここでメンタル問題系の自我が「中途半端に反抗の先送り」をすると(=自意識が強迫系から抑圧系の干渉を受けている事となり)→物理法則の力学で→「強迫的退行」をします。
メンタル問題が再発するって事ですわ。
そもそもが「なんとなくオンザレールの中途半端な『共同幻想』再選択」自体「苦痛を伴う問題を先送りさせる」行動なのだから、そのまんまです(彼らは苦痛や不安ストレスが継続し、メンタル問題発現系自我はメンタル問題が再発する)。

※ここで注意必要な点として、所謂心療内科や精神科でよくある”症状”を発現させていなくても、心理学的知見の需要は”有る”のですよ。だから目先メンタル問題など発生していなくても心理学の書籍が売れたり、コラムが人気だったりする。
オンザレールな先送りもメンタル問題における先送り退行にしても「現象としては同じ」だから。
(問題の表面化の状況が違うだけ)


この話の展開だと”更に”以下の意見が出てくると思う。
●「なんとなくオンザレールな『共同幻想』一般市民はそれが中途半端でもよくて楽でいいですね。」前述説明のとおりで、そういう事にはならんのです。
メンタル問題の発現ってのは、問題表面化の差異に過ぎず(違う出方でオンザレールな人にもメンタル問題はあるワケで)、メンタル問題として知られる状況なり症状なりが現れないだけで(自我選択の状況が同じように中途半端であれば)「物理的にストレスによる苦痛を伴う」ワケです(だから所謂市井の人は「深酒したりさ」「無茶な遊びをたりとか」本気でしんどい部分をなんとか”散らそうと”あがく様子があるわけだ)。深酒したり騒いだり不倫したり子供暴力振るったりだ、そういう事で中途半端部分を”散らし”ながら先送りするんだよね。勿論その中には一生先送りの人生もある。
ひょっとすると「一生苦労とストレスの人生だった」なんて人生にもなるワケです。
「楽でいいですね」とか全然違うワケ。

※生物学の話になるけれど、一般に自然界の動物はストレスで簡単に死にます(動物園へ移送するだけでも命がけなワケです)。人間の場合でも成人病の多くの原因がストレスであり(痴呆症の一部にもその可能性がある)、オンザレールな人の先送り・中途半端な『共同幻想』選択は寿命を縮める形で具現化する場合も珍しくない。


すると、こんな事を言う人が出てくるでしょう。

→続きを読む

posted by kagewari at 09:25 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0