2015年05月07日

昨今の左翼っぽいイメージにおける『共同幻想』について

この件ほとんどシリーズ物化しておりますが、、
55年体制でご存知のとおり、日本政界の「右派VS左派」の構図はずっとプロレスでした。
ぶっちゃけ国体通じて金のやり取りもあったのは周知の事実です。
(ある意味その集大成というか臆面も無くみたいな結論が→「村山内閣」)
長年論壇的にも右派はインテリに受けが良くなくて、従米主義的なアメリカの手下みたいな印象もあり(GHQの影響もあって親米以外の右派が許されていなかった側面もある)、大学中心のインテリ界では断然左派のがカッコよかったのです(中二的にも)。
残念な事に優れた論客でありながらこの『共同幻想フレーム』みたいなものを軽んじている方も多数いて残念なんですが(『共同幻想』と聞くと右派系の話だろうと誤解しているのかもしれません)、ネット世論の頭角により「俺たちの麻生」なんてキーワードが登場してきてから雲行きは大きく変わります。
所謂政治思想界に右派を自認する方々も多数出現し(出現しては消えみたいなところもありますが)、「アンチマスメディア」という共通項からの切り崩しが発生したため(これは右派だけでなく左派からも挟撃される格好となった)、マスメディアのGHQ的なんとかから左翼インテリ的なんとかまでいっしょくたにダメが出される形になったワケです。

結果、言論界においては主流だった左翼世界にも「顕著な『共同幻想』崩壊っぷり」が発生しまして、右派左派双方からのダメ出し帰結として「朝日新聞慰安婦報道の誤報認める事件」がありました。
GHQ的右派マスメディアは原発安全神話の崩壊と謀略論みたいな壊れ方をした。←また右派の方々は自覚無いでしょうけれど、関節的には韓流ごり押し問題は戦後メディアの保守系プロパガンダの尻尾みたいなところで起きていたので実のところフジTV批判デモって”戦後GHQ的右派メディアへのネット右派からの批判”でした。批判された側当事者も「あれれ?」だったのじゃないかと思いますよ(内部的には「日米韓同盟」繋がりで当事者は日韓併合延長のノリあったでしょう←実際ここ近年韓国系保守団体が日米保守派のケツ持ちしていた状況あったのですから)。そりゃね55体制的に見ればフジTVと言えば即答で保守系ですよ。

<話を左翼インテリ『共同幻想』崩壊に戻しますが>
実のところ人材難と劣勢から苦闘続ける右派よりも左翼論壇の方が「マニュアルというかテンプレに頼る依存傾向」つーかみごとにガタガタ状態に成り果てまして、現状「左翼インテリという芸風なの?」みたいなことになってます。

社会心理学だったと思うのですよ。
■もっぱら『人材難と劣勢から苦闘続ける右派』ここからの反抗は大変な苦労だったと思われで、ネトウヨなんて蔑称も出現するに至るのですが、今や「むしろネトウヨと呼んでください」なんて有力ブロガーまで登場しておりまして(つまりその真意は左翼知識人みたいな権威的カテゴライズ自体への反骨だろうと)、ネット界において無名ながら多数の右派言論が勃興する形となりました。
本来、彼自身再登板など諦めていた党内非主流派である安倍ちゃんがググーっと首相の座を勝ち取った背景にこの社会的言論空間の変動は大きな影響を与えていて(今までの流れなら余裕であの時石破氏が勝っていた筈)、政治家の皆さんが持ち前の臭覚で世論の空気を読んでいたからこその安倍政権登場でした(今や石破氏の存在など空気ですよ)。
国政選挙ではありませんでしたけど、世論動向の”民主的”変化あって安倍政権登場となったのは事実ですよ。
 ↑
この辺の動きを左翼論壇はまったく「なめた目でしか理解しておらず」、
(ぶっちゃけネット世論に対する蔑視もあったでしょうね。)
今現在でも「ナチスが来たみたいな、、」あたかもポピュリズムでもあるかのような(それやると安倍政権支持者を「オマエラ馬鹿」と中傷する事になるってのに)、その支持者を「ネトウトのニーとはさっさと働け」みたいなノリで躊躇無く(崇高な権威主義の上から目線で)批判しているという無残な状況で←やればやるほど左翼こそ差別主義者なんだなと広まるばかりだろうが。
地雷原に無防備に突撃しているような状況です。
●タイムリーな事件も先日SNSで発生しましたね、、。
そもそも人権派を自称する左翼インテリなのに、中国の人権問題や軍国主義を全く批判しない二枚舌は流石に中学生相手でもちょっとどうしたものかという、、、。ダライラマ呼ぶのもいつも保守系だったし。
(反核運動の人も、盛んに核攻撃ちらつかせてる解放軍の幹部だとか北朝鮮の将軍様の話にコメント無しとかさ、、)

→続きを読む

posted by kagewari at 16:11 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0