2015年05月01日

せっかくなので国際関係「米国編」

「腐ってもアメリカ」じゃありませんけれど、
選出当初から政治力に疑問符あったオバマ政権ですら、この国際情勢の中可能な限りやれる事をやろうと、もがき次の手次の手を考えてます。
もうね、ダイナミックに判断変えれば昨日の敵とも大胆に妥協するとか「裁判劇」を見るような世界があるのは事実。
ネットの情報のどこからどこまでを確実性のある内容として判断するかって部分もありますが、
まーそこはアバウトにいきますか。
現在の国防大臣はアシュトン・カーター氏ですが、政策的対立というか国内的圧力もあって事実上更迭に近い辞任だった前任者のチャック・ヘーゲル氏はレーガン大統領の知事時代のブレーンの一人であり「ガチの共和党人です」、しかしこの人物をオバマ大統領が指名したのはひとえに彼が「リバタリアンを自認し国軍の海外派遣などにも反対の真性右派」だったからでしょう(中東からの軍撤退を任せようとした)、しかもこの人物どちらか言えば「反イスラエル」です。
どちらか言えばオバマ氏もウォール街のなんとやら抜きに語れないところですが、「それってアリか?(しかも指名時猛烈な国内からの反対もあったとのこと)」。なんとまーここも複雑らしくて、
現代中東情勢の混迷原因でもあるのですが、
中東専門家筋の分析によると「現在イスラエルの右派とウォール街のエスタブリッメントななんとやらは対立関係にある」のだそうで、昨今旧西側各国がイスラエルに辛辣で雲行き怪しいのはそんなバックグラウンドがあるのだとの事。

勿論ネットに噂されるというか、報道でも公然と語られているISIS拡大の背景にアサド政権崩壊目指した米国からの反体制派援助があったのは事実で(後にあられもないテロリストの台頭となりコントロールできなくなる)、イランへの核攻撃をやんや押していたと噂されるイスラエルですが、オバマ政権は大胆とも言えるイラン融和政策を進めてます。
(ちゃっかりその米国とイランの大雑把な核合意でイランに武器輸出発表したロシアもスゲーと思いますが)もうね、内部的にどういう勢力図になっているのは外からわからんのです。

しかしオバマ氏もオバマ氏で「いきなり対中国作戦とばかりにキューバとの国交回復したり」、なんつーかイランの件もそうですが、「そっちがこうならこっちはこうだ」な政治的動きは無理も承知で行くとこあるのも事実(場当たり過ぎにも見えるかもですがね)。
なんとISIS空爆の時には、第三者を介してですがアサド政権と情報共有して共闘しているってんですから(イラク軍にしてもイランと共同作戦してますからアメリカとしては何がなんだかわからない状態でしょう)。
※ちなみにウクライナ情勢も似たようなもんです(双方収拾に困っている)。


■昔から自民党内で米国民主党にコネあるのってリベラル宏池会の宮沢さんとかで、安倍氏が所属した福田派は共和党はアレだけれど民主党とは合わないって印象もあり、実際オバマ政権当初の「何を考えてるんだか親中」やっている当時は冷遇というか「河野談話もちゃんとしろ」ぐらいのあしらいっぷりでした。安部政権も「大統領がマケインなら」って思いあったでしょう。
それが先日の大歓待っぷり、正直見ているほうがこっ恥ずかしなるほど驚きました。
推測するに大きく舵を切ったのは、国防省でも無く国務省でも無く、ホワイトハウスじゃなかろうかと思います(このシグナルが大統領夫人の来日だったのかなと)。
オバマ政権はCIAに冷たいってか、謀略関係嫌っているとこあり(EUの盗聴騒ぎでメルケルにきつい事言われたりがきっかけなのかな)ホワイトハウスと軍やCIAの工作って必ずしも連携してないのでは無いかと思う部分あります。これじゃどうにもならないので「その辺苦手っぽい」ヘーゲル国防長官の更迭となったのかも知れません。

後任のアシュトン・カーター氏はクリントン政権時代から国防次官補など歴任のその筋にコネもあるだろう人物なので(この人クリントン政権ウィリアム・J・ペリー国防長官の右腕ながら共和党のマケイン氏からも太鼓判押されてます→このペリー氏がまたカーター政権時代の国防長官だったので北朝鮮核問題出た時の特使がカーター元大統領だった)、実務派を呼んだという意味でしょう。
ちなみにアシュトン・カーター氏はwikiによるとペリー氏からも(北朝鮮核開発交渉時代にも先制攻撃作戦も検討した)タカ派的人物を評され、以前北朝鮮に対する先制攻撃オプションの論文など発表している人物です。
勿論北朝鮮の核問題を意識したシフトでもある。
(相当強いメッセージになっている筈)
安倍氏と共和党のマケイン氏は”かなり良好な関係”にありますから、今回の訪米で(マケイン氏も推薦の)アシュトン・カーター国防長官とのガイドライン交渉など「和気藹々と進んだだろう」事も推測できるってもんです。
AIIBの英国・独逸の米国裏切りにも驚きましたけれど(米国の国務省も驚いたでしょう)、そうなりゃこうだと、嫌がらせとばかりに日米同盟を押し出すアメリカも気合の入った動きみせます。

→続きを読む

posted by kagewari at 23:13 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0