2015年04月01日

コガ ショーック!

左翼(ナンチャッテ)知識人大崩壊を時折書いてきたんだが、ついに「あーダメだこりゃ」がきましたね。
この件は説明するまでも無いのでノーコメントですが、
(ここ末尾に関係しているので件名だけって意味じゃネーですから。)
昨今の状況で笑えない部分に現在優勢な右翼ネット世論にも視野狭窄があるとこ忘れちゃいけません。そりゃ詳しい人はわかった上の話だと思いますが、沖縄の話です。
沖縄同様の開発庁がある北海道出身で現在都民の立場的だからわかる部分もあるので、ちょっと書いておこうと思いますけど、
確かに保守系ネット世論指摘のように沖縄に活動家のプロが移転して最後の砦化している背景はあるのでしょうけれど、ここは驚くところでは無くむしろ自然現象です。
そりゃ右翼でも左翼でも「少しでも活動に有利な立ち位置求める」のは戦略上自然だし織り込み済みの話です。ある意味大阪の橋下市長維新ってのも東京都に対する反動ベースなのであり同様現象です。
大阪維新が勝った時にやれプロ活動家が大挙移住してきたからなんとやらとか言いませんよね。
しかし実際は国会議員の動向見ても、少しでも勝率上げようと大量に維新へ所属変えを模索する議員の動きがあったのも事実です。
大阪の場合もその発端は「財政破綻」だったりしましたが、そこ見ずに現象論だけ見ていくと勘違いしてしまう場合があるっちゅうことです。

(俺は何も沖縄関係詳しいワケじゃないので以下記載はネット情報などなど諸々の特定ソースの無い話もあるので信憑性半分で読んでいただきたいのだが。)
沖縄には沖縄で内部事情もあって、薩摩と琉球があった当時から沖縄本島と諸島との対立があったという話があり、一見沖縄本島は反本土だけれど沖縄の諸島部は反琉球王朝で(その反対となり)保守系だって話があるのです。←先日も某自衛隊基地の住民投票でなんとやらとかありましたよね。
しかし、沖縄本島に左翼のプロが「ここなら勝てると踏んだ状況」が予めあったのは事実なんであって、左翼のプロが集まったから沖縄本島世論がどうにかなっていると考えるのは間違いだって事です。
沖縄に似て軍事的戦力が集中している北海道からわかる事ですが、冷戦時代の対露戦を想定して日本最大の機甲師団を保有する北海道は日常としては「自衛隊大歓迎」です。
しかし(そもそも対露戦なら制空権確保の空港を千歳から移設た上で札幌方面は小樽あたりの水際防衛とし・陸上戦力は道東重視にシフトするべきじゃないのか?とか思うのですが、、)、えーしかしですね、どっぷり開発予算の補助金や自衛隊による地元経済でいいのかってあるワケですよ現実問題。事実ソ連崩壊した時に「第七師団大幅削減か」って動揺があっただろうし(もう国防とか関係無い視点だよね)、結果としてこの(沖縄と違って北海道だと内地となるんだが)内地依存体質でのままでいいのかって部分が、革新系を呼び込む素地にもなるんです。

沖縄の話としても。何度も言いますが「米国の軍事プレゼンス上も特段必要の無いスケールでそこに存在している状況」なのであって、とりわけ「米軍軍部内でもここは海兵隊の領地だからペンタゴンがちゃちゃ入れるな」みたいななんとやらもあるのです。更にその軍事プレゼンスも休戦中の朝鮮戦争国連軍戦力的な意味合いもあるのでここ日米安保の抑止力とか違う内部事情です(運用上はもうインフラと”リゾート機能”さえ充実すればグアムの方が効率いいとかなっちゃっているんだし)。
ですからね、、、保守系論壇が期待するように中国艦船用の対艦ミサイル部隊がズラ〜っととかそういう事になってないのであり(スクランブルも勿論航空自衛隊が確か九州から飛んでるんだから)、第七艦隊がいるワケでも無いんだしさ、、。日米安保の運用シナリオ上も沖縄防衛の主たる戦力は自衛隊であり米軍じゃありません。
これですね、北海道に置き換えて言えば「昨今ロシアも北方領土方面で軍事演習しているみたいだから千歳の第七師団の戦車戦力は重要な抑止力だ」みたいな事になるんだけど、、ロシアとしても全然そういう話にはなっていないだろうってね(笑
(勿論無駄だとかそういう意味じゃないよ、前述括弧記載にあるようにマジもんでやる気なら違う配置になるんじゃないのって話。)
保守系世論の人はちゃんと軍事的実情を見てる?って話です。
沖縄の件で言えば、抑止力としても意味の無い基地の配置と集中があるのであって、更に地位協定にあるとおりで「あたかも海兵隊の占領地」的な問題が別途あるのは事実だから(基地返せとか以前に)。
そのまま放置していたらさ、プロ左翼のみなさんが「ここに僕たちの活躍の場がある」と普通思うでしょうに(てか彼らだって自分達の政治思想に疑い持っていないのだから組織防衛とか以前にごく普通の彼らなりの義侠心からもそう思うでしょうが)。ここをプロ左翼が問題だとか考えるのは間違いで、プロ左翼が「ここに僕たちの活動の場がある」と考える素地がある米軍基地をめぐる時事関係こそが問題なんだからさ(60年代の成田の時だってそうだったじゃないの)。
話の始まりに無理筋がある事を忘れちゃいけない。

この点、現在の官邸の動きも少しどうかしていると思う。
非常に危ういですよ。知事のメンツ守るためポーズだけでも工事を一時ストップするぐらいの余裕があるべきだったと思う。特にUSJの誘致とか官邸も沖縄の事考えて真面目に取り組んできたのにそういう一面が全く吹き飛んでしまうので勿体無い事この上無い。←ここ原発再稼動問題にも似たような側面があるよね。官邸は決して再稼動イケイケドンドンじゃないし、この点は電気労連のある民主党の方が信用できない。
沖縄基地に関しては米国も国務省は「大丈夫なの程度」で、ペンタゴンは「グアム移転予算でもいいよ」で、米軍としては「詳しくは海兵隊と話つけて」なんだろうなって話で、、、。
むやみに日本国内で対立煽るような方向なるとさ、どっかの堰で開けたり閉じたりどっちなのの対立があるような無理筋にもなりまっせと。
沖縄の知事が訪中する噂があるとかそういうこっちゃなくてさ、この国内対立を最も歓迎しているのが中国になっちゃってるじゃんと。この構図こそが保守的視点から絶対に避けなければならなない部分でしょうに。

菅官房長官、翁長知事と初会談へ=4日に沖縄訪問、「辺野古」協議
http://jp.wsj.com/articles/JJ12429135599871763676420304466051396412452

大変重要な会談になると思うので注目です。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:24 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0