2015年02月06日

少し報道落ち着いてきたところでISIS関連触れましょうか

まず、大変残念な結果となりお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします。
事案がネット情報としてISIS(ISIL)から公開された時から既に悲劇的結末を想定せざるを得ない状況であったかと思います(ISISに交渉の意思が無いことは最初のビデオからも明白でしたから)。
論理的に考えればこの暴挙でISISが得るものは「全く何も無く」、何度かこのブログでも推定してきましたが結論ISISとは「オウム的な中二病的武装集団」であり、ほとんどその目的は中二的妄想の劇場型進行の継続そのものにあるという事です。
蛮行そのものがISISの存在意義であり組織防衛上の目的になっているという事です。
この点でもワケのわからない理由で大規模なテロに走ったオウムと全く同じで、情報戦的には日本のネットから発せされた「クソコラグランプリ」と呼ばれるISISを揶揄する情報発信がもっとも効果をあげた反撃であったと思います。
加えて今回ヨルダンのパイロット虐殺動画に至ってはISISにとっても自殺行為に近いものでしょう。
(元から有志連合はISISを国として認めず「テロリスト集団」との見解ですが)捕虜をいきなり処刑とかもうジュネーブ協定もへったくれも無いですし、
巷間伝わるところによるとかなり広範な支援者もいるようですが、もうISISの存在はアラブ社会全体にとっても討伐すべき存在として異論挟む人もいなくなったでしょうから(これ最後に支援者まで追求されまっせ)、急速にISISの求心力は交替するものに思います。
米国の情報筋がどういう分析しているのかわかりませんが、有志連合はここぞと攻勢を強める事になるでしょうし、いずれかのタイミングで「支援者の訴追」って話が出るかも知れません。
この点、安部政権が「テロリストを許さないというのは武力の行使では無く”法的責任の追及”を行うの意味」とした意味が大きいと思います。

時に人権派のみなさんが米国の過剰な介入やEUなどで勃興しだしたイスラム教徒への差別問題を取り上げていますが重大なポイントを見落としてます(てか映画「アラビアのロレンス」見直してこいって)他所からの介入により地域文化の『共同幻想』が穢されると考える場合当事者が真っ先に考えるのは「当事者地域だけでケジメを取る」って事です。
この点で当該地域を中東と分類する事も西欧植民地史観の結果なのかもしれませんが(当該地域には同族意識どころか氏族社会なので隣の”族”のことなど外国ほど関係が無い)、少なくともモスリムという『共同幻想』が成立している以上(イスラム教を穢すものとしてケジメを取る意識は成立するのであり)他者の介入を止める最善策は「自力討伐」に他なりません。
そこに及び腰であれば、周囲は「誰がテロリストなのか見分けがつかない」って事になるのですから(現在でも日本の賃貸契約では「オウムなどでは無い」の言質を取っている)、一方的に被害者史観で語られても説得力を欠くんです。
(※実際アフリカでは地元有志国の合同討伐軍が組織され動き始めている)

以前このブログで「カリフを名乗る代表立てたアラブ合同軍が忌まわしきイスラム教を穢すものとして討伐軍を編成すれば一発でISISは崩壊する」と書きましたけれど、
地元同士で反目などが大きく及び腰だとなれば、アメリカが介入してきても文句言えないでしょう。
仮に米国軍部がこの討伐軍の司令官をイスラム教徒の軍人から選抜し作戦名もイスラム文化にゆかりのある名前なんかを引用して立案すれば(有志連合地元で義勇兵も募る)、逆に地元としちゃ洒落にならない話になります。地元はでずね『共同幻想』の誇りにかけても本筋は地元義勇軍を立ち上げすべきなんですよ(この旗を立てた瞬間から当該組織はイスラム的清廉潔白さも求められるワケですし)。
そこがグズグズ(『共同幻想崩壊』)であるならば、無宗教も含めて大幅な世俗化と民主化って方向に舵を切るって政治判断あることになります。「どっちなの」がイスラム社会全体に問われているのですよ。
ビンラディンのアルカイダ紛争の時からそうだったのですけれど、現在イスラム社会は「共同幻想と文明化の相克」って大問題に正面から向き合っているのだろうかって一面があるんです(米国敵視には個別の原因があるのは確かですがそこに「反動形成」が無いのかと聞かれれば決してそれ抜きには考えられず「日本における江戸時代の黒舟被害史観」にも共通する文化人類学的な分析が本来必要なところです)。
無宗教性や世俗化を由としないのであれば、いかに文明化との相克を考えるのか(20世紀であればそれはホメイニ革命としてイランなどで反動的に表面化もしたのだけれど)地元ガバナンス的課題であるのは事実でしょう。

ここでも左翼メディアのみなさんはトンチンカンなずっこけやってますが、武力によらないなんとかみたいな話されてもですね、それは法治国家すら認めないって話になっちまいます。
言うならば「オウムのなんちゃらサティアンに武装した警察が突入するのが間違いで、周囲はオウムを刺激しない配慮なり、、、」←こんな論法がどこの世界に通用するんですか?
それとも何ですか、今でも左翼メディアのみなさんは信教の自由の見地からオウムを宗教として保護すべきだって話になっとんのでしょうか?
異端として真っ先にISISを討伐すべしと誰よりイスラム教徒が(その名を語られて)そう思う事が合理的判断だと思います。(実際にISISはまったくイスラム教でもなんでも無い事は明白なのだし)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0