2015年01月23日

オカルト現象のボーダーライン

言葉って奴の恐ろしさそのまんまなんですが(それこそ陰陽道の呪(しゅ)ってのですか)、
言葉により自我は多大な影響受けます。
受けますもクソもですね(笑
自我OSの構成要素はロジックなのであり素材は言葉ですからあったり前の話です。
時に若者達の間で『流行語』などが使用されますが勿論その目的は『共同幻想』を張るためで、(同族だけで通じる)合言葉性や暗号性を高めるためにちょっと聞いただけでは意味のわからない言葉が重宝されたりもします。
てな感じに言葉にはやっかいな問題多数で、やり始めると大変なことになるので断片的に書いていこうと思うワケですよ。

たとえばオカルト現象、
時にUFO関連もそうですが「そこに何とかが見える」と誰かが言うと、そう見え出すなんてのありますよね。ずいぶんとけったいな話なんですがご存知のとおり脳の造形認知は随分とアバウトでありまして、、(絵の描ける人描けない人の原因)、大概は図形など○△□程度の記号にヒモつけされるみたいないい加減な分類で情報処理されてます(なので記憶から再現しようとしても小学生の絵みたいなのしか描けない人がいる)、そこにせいぜいが印象記憶的なタイトルがくっついているみたいな。
もうおわかりと思いますが、そこのタイトル部分ですね、印象ですよ。
先にそれ言っちゃうとですねナンボでも脳は記憶式の再生機能で(○△□にするもの山ほどあんだから)「あの時のあの恐ろしいものに違いない」とか平気でやっちゃいます。
思春期の多感な状況を表す言葉に(現代では死語ですが)「箸が転んでもおかしい年頃」なんてのもあります。ま、同じ現象ですね。
落語において、扇子による形態模写で何でも表現できちゃうのも同じ現象でしょう。

すべからく、
「なんとかがあるぞ」なんて自分で言っちゃたしりからそれが起きるんでございます(笑
言わなきゃいいだろうと思うでしょ。
しかしですね、人間は馬鹿というかもうどうしようもない生き物でありまして、、、
これやっぱり定期的にエンタメを必要としているのです。
「動機形成とその実行」本来これにより代謝される原始的生活欲求とでも言うべきフロイド流に言えばリビドーってのは、人間の場合「ぶっちゃけ霊長類ごときには過剰な状態」となるべく進化している関係上、余計な事までしてナンボが人間なんであります。
特に原始共同体時代のように「第一次産業への従事が生きるか死ぬか」ってファンダメンタルがあったり、収穫祭で酒池肉林であるとか災害があれば神の怒りかと大騒ぎになる「トンでもエンタメ種族」である人類がですな、何不自由無い先進国の暮らしの中で「哺乳類としてはどっから見ても過剰な快感代謝を日常とする」ってな機能をどのように”実現”するかって状況で、勿論の事そんなエキサイティングな人生を選択する人はむしろレアですので、恒常的な欲求不満を抱えるというのがむしろ多数だろうろ推定できます。
TVドラマだ小説だ芸術だライブだ音楽だ映画だアニメだラノベだ報道だ金にまみれたり共同幻想テンパリ強迫に一喜一憂したり果ては戦争だとですね、「やからす」のです。

個人心理学においては、
この辺「下着泥棒のフェチシズム論」じゃありませんが(まー芸術的な連想する人もいるもんだと)、「なんかあるぞ」「そこに何とかが見える」なる号砲ひとつで地獄の釜(リビドーいっぱいのパンドラの箱)が開くんですね(笑

→続きを読む

posted by kagewari at 21:48 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0