2014年07月03日

「集団的自衛権の行使容認」というわかり難い文章

元からこれわかり難い話なんです。
日米安全保障条約自体「もう集団的安全保障の条約とどう違うのか」私にはわかりません。
日本の個別的自衛権の場合のみに「日米安全保障条約が発効される」という都合のいい安全保障条約があり得るのかさえ疑わしい。
だから60年代の『安保闘争』があったんでしょ?
左翼の人達の日和見主義ぶりというか原理原則無視のやり方は杜撰すぎるよ。
世論の大半が「日米安保条約賛成」となれば、日米安保破棄の論陣はナンセンスって事になり、誰も発言しなくなった(共産党ですら暫定的に容認するとか意味不明な発言になっており)、そもそも「日米安保条約の深化」だったかの協定が既に交わされており、役割分担やらなにやら(事実上自衛隊は米国の指揮権に組み込まれるだったり言うほど米軍は動きませんよだったり)事務方で話が先行している部分もあり、自衛隊に特殊部隊が設置され事実上情報部も存在する事はこれに対応するものでしょ。
ある意味安倍政権は言うほど突飛な事を想定しておらず、「大問題なのはやはり手続き問題」なのですよ(これバシバシ違憲だといって訴訟が起きるのだろうけれど)。
幾らなんでも時の内閣が公然と憲法解釈を宣言しちゃうのはマズイのであって、公明党は名目だけでも「憲法解釈の変更では無く、内閣法制局の判断として現実に対応可能なギリギリの運営を認めた」的なね、タテマエでもいいので憲法解釈の変更では無いってところを明快にべきだった。
(安倍政権も結果オーライならそれでも構わなかっただろうから)

実際に現在の『日米安保条約』は集団的安全保障条約の何物でも無いのであって、安倍政権の今回の行使容認とかってのも、日本の安全保障に関わるあたかも自衛権の範囲内での作戦行動において、それは「集団的安全保障だからダメよ」と言われそうな法整備を前進させるのが主な目的で、流石にASEANとNATOみたいなものを作ろうって野心は無いでしょ。
しかしこの「集団的安全保障の行使容認」が時の内閣でコロコロ変えていいって事になってしまうと、安倍政権にそのつもりが無くても(実際ベトナムやフィリピンや台湾の一部からは大きく期待する話もチラホラ出ている)、某右寄り政党が選挙公約で「我が党が政権を取ればベトナム・フィリピン・台湾とNATOのような集団的安全保障の組織立ち上げを実現します!」なんてできちゃうんだよね。
これやるとさ、選挙演説だけでもインパクト強すぎで、周辺から何言われるのかわからんワケだよ。
(そのニーズが本当にあるからさ、某党党首が衆議院選挙で演説ぶつだけで国際問題に発展しかねない。)
別に某党がそれを言うとか、政策勉強会でそんな話をしようが構わないのだけれどさ、
少なくとも「反日ネタで暴徒と化す可能性のある周辺国がある場合」の話だから、少なくともそういう話は外務省なり、防衛省なりが言わない限り表に出ない話にしとかんと、どこかの小政党の党首の思惑で日本の外交が右往左往するってめんどくさい事も起きてしまう。

実際安倍政権がそこにどういう歯止めをかけるのかって国会でやろうって話になるのだろうけれど、
ちょっとどうでしょう。もうその方向の話だと報道されちゃっている以上「次の選挙で言ってやろうか」なんて色気出す党首もいると思うんだな。
後から歯止めだなんだと言っても、報道によって既成事実化しちゃっているみたいな。
(なので公明党は少なくとも与党協議で「すっごく憲法解釈の変更は憲法論としてあり得ない事なので、憲法解釈の変更無しに自衛隊法の法整備のため『集団的安全保障の位置づけを詰めた』みたいな話にもっていくべきだった。」)

まーね、事後処理で「そうじゃないから」って事にしてもいんだけどさ(笑
そこは安倍政権の手腕に期待したい部分ではある。
話は戻るけど、
とにかく昨今の左翼はご都合主義が目に余るよ。
どこの報道だから忘れましたけど、日本以外の全ての国が持っている『集団的安全保障』を朝日新聞はどう考えているんだね。
朝日新聞は『集団的安全保障』を持っている日本以外の全ての国を「戦争狂だといつ非難したのかね」。そして、日本以外の全ての国が所有し行使している『集団的安全保障』をさ、何故日本に持たせると「キチ○イに刃物」みたいな話になるの?アサヒは「日本人をキチ○イだと定義しているのか?そんなアサヒも同じ日本人なんだが?」、いくらなんでもこれじゃ何も批判する権利は無いですよ。
ご都合主義が酷過ぎる。無責任が歩ているようなものだ。
(せめて『集団的安全保障の限定行使はOKだが憲法の解釈改憲みたいな事があり得るという見解だけは絶対ダメだ』みたいな記事にどうしてもっていけないのかな。←ほとんど似たような水準でアサヒは日米安保も容認しとるじゃないか。)
 ↑
と考えるとさ、
これ批判している左翼は完全に組織防衛的な「批判のための批判だよねこれ」、
あまりにもそれはご都合主義に過ぎる。

→続きを読む

posted by kagewari at 22:39 | Comment(1) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0