2014年04月11日

『自我と時間』

私の造語になるんでしょうかね『時制』。
頻繁に用いている概念ですが「その時の時間の事」です。
ここで何の時って聞かれちゃうと説明が面倒な事になるんですが、メンタル問題であるとか『自意識』が長考状態ある時だとか強迫思考的切迫感の在る時やフラッシュバック現象や悪夢もそうだと思いますが、「自我が現在時刻を錯誤行為でロストしている」と考えてます。
(この分析はまだ試案的なものなので、まだ細部は判断変わってくる部分あると思いますが、個人的にはかなりデカイなにがしかの意味ある話だと思ってます。)

そもそも夢判断でお馴染みのフロイド先生、
■『夢』自体からして睡眠中に自我が「それをあたかも現在進行形注の話と勘違いしている現象」ですわね。
人間の自我はそのリソース空間的に「相当幅のシミュレーションが可能な仮想空間を持っている」と考える事ができますから(中二病的には固有結界ですかね)「その脳内閉鎖空間に滞在中は現在時刻を喪失し(乖離)想定されている時間のほうにいっちゃてる」と見る事ができます。
その空間の背景にはカオス状の無意識の”ナントカ(詩的に言えば海)”が広がっていて、夢とはそんな自我内の仮想現実空間で展開される「イメージだとか想像ドラマというか」なんとも説明の難しいものです。てかみなさん夢見るんで内容に関しての説明はいりませんわね、
(※ちなみに夢は無意識からのストレスで誤って自意識が睡眠中に覚醒しないように「なんかもうやっちゃってるから大丈夫だよ」的なシミュレーションのひとつだと考えられてます。←エンタメ的に日常スケール超え過ぎると夢バッファの容量オーバーで本当に夢で目が覚めてしまう。)

かくかくしかじかことほど左様にですね、
自我はその時間の滞在先が必ずしも現在時刻(リアルタイム)では無い部分あるんですよ。
(そもそも過去を回顧する場合も機能的に同じ脳内空間でその追体験が試みられるんだし、)
で、「強迫心理問題」と言えば過去に由来する話なのであり典型的にこの現象がわかりやすいのがPTSDです。
(トラウマ論的なものが今も現在進行形だと体感してしまう現象と考えればよい。)
『フラッシュバック現象』というものも、この脳内仮想空間内に展開中の”アレ”が、現在時刻滞在中の自我に介入してきてしまう(前述の夢機能の容量オーバーで本当に目が覚めてしまうのと類似している)と考えられます。

だとすると、
大風呂敷広げた話になりますが、
■「メンタル問題の対処とはその時制(自我が滞在している時間)を現在時刻に合わせればよい」
こういう事になります。
するとですよ?
イモずる式にあれもこうか、これもあーだって話が出てくるんですよ。
囲碁将棋の長考時、自我は「何百手先読み」を脳内の仮想空間の中で展開しています。そこで考えに考えて長考を終える時「扇子でパチン」とかやりますよね。
或いは、選択後将棋の駒や囲碁の石を置く音も「パチン」なんですよ。
この音って、催眠術の「はーい私の合図で気持ちよ〜く目が覚めます。3、2、1指パッチン!」と同じでしょうこれ。
『現在時刻に戻る号令』
→続きを読む

posted by kagewari at 09:34 | Comment(2) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0