2014年03月24日

いよいよ安全保障的に世界はマズイ感じでしょうか

これまで織り込まれていた世界最大のリスクは『民主化できない中国』だったのであり(ソ連崩壊の経験もあっていざそうなったらえらい事だし誰が考えてもいつかそうしないといけないことですから)、困った事に誰にも想像のできないバブル経済の破綻もそこに織り込まれているものですから、世界的な安全保障上の要点も「中国内戦」だったんですよ。
ところが出てきたウクライナ問題です。

ご存じのとおりで中東関連の不安要素は大幅に後退してます。
この辺の要因は武田教授じゃありませんが、原油の枯渇が限りなく全く心配無かったというオチでありロシアの天然ガスや米国シェールガスなどエネルギー安全保障という焦点そのものが関心度として後退してますから。結果あからさまな米国軍事プレゼンスの後退によりイランやシリア問題がロシアの仲介でソフトランディングしたように「単なる地域紛争地帯」へ(こういう表現は不謹慎ですが)格下げされたワケです。

今起きているウクライナ問題のバックグラウンドは明らかに「米国の凋落」が発端です。
(これが結局中国の民主化圧力を弱め、結果として中国共産党自己保身のための方便としての反日プロパガンダが放置される遠因になってます。)
■米露間の力関係をひっくり返した大事件は「スノーデン氏のロシア亡命」に他なりません。
都合悪い事にプーチン大統領は元KGBですからね、
ウクライナ政変がらみの時も、ウィキリークス顔負けの情報拡散が多数行われウクライナのクーデターが他国情報部乃至軍部の介在によるものだと匂わせる世論形成が「自由自在に」という水準であったわけで(欧州高官同士の会話がyoutubeに投稿されるなど)、
クリミア独立に関しても、ロシアは関連基地を抑える行動はしても「明らかな軍事侵攻とは見えないように」徹底的に行動を制限してました。
あたかもPKF活動を模したような雰囲気で、
世界的にもネット世論的には、「欧州ロシア間で合意のあったウクライナ政権問題解決策」をウクライナの極右勢力が無視して突撃した結果、ロシアが外交努力をぶち壊したのは誰なんだ的にクリミアの独立を支援する事になりました。
結局のところ表面化しているのは「ウクライナのデモ隊を後方支援していた諜報戦を誰が何の目的でどういう勝算でやらかしたのか」←ここの馬鹿さ加減になっている。
「普通さ、シナリオぐらいあるでしょ」的に。
(ところがそれがまったく杜撰且つ未計画なものだった)
多分、情報機関出身のプーチンが最も怒っているのはここでしょう。
「やるならちゃんとやれ、こっちまで軍事侵攻みたいなやり方になってんじゃないか。」
みたいな。
CIAがどこまで関与し或いはどこまで知っていたのか知らなかったのかわかりませんけどね、
オバマのその後の対応の「どの口が言う」的説得力の無さと言ったら、、
「クソったれEU」米高官発言がYoutubeにリーク:焦点は?
http://newclassic.jp/archives/8061




各国の本音を言えば「ウクライナで卓袱台返しやった諜報機関はどこで、首謀者誰よ、責任取れんのかお前」会議をやりたいところなんでしょう。
この責任の所在を明確化しない限り落としどころが無い。
 ↑
この話どっかで聞いた事ありませんか?
第二次世界大戦における中国侵攻中の関東軍そのままじゃないですか。
(この場合はイケイケドンドンやる気満々だったんだが、今回は諜報人誰か知りませんがロシア軍が本気出したところでトンズラしたって事でしょ。)
EUの中ではいつも偉そうにしているドイツも何やってんの状態で、いつもの調子でウクライナにも緊縮財政のお経でも始めたらどうなんだと。
(ウクライナって経済的にはポーランドと兄弟関係みたいなところあるらしいって話の中で今回のデモ隊にいた極右勢力ってネオナチらしく仲間同士でどうなってんのかわからない上に、この暫定政権をドイツが偉そうな顔して支持すると違う意味でややこやしくなると思うんだけどね。)
→続きを読む

posted by kagewari at 00:28 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0