2014年03月06日

何やらまとめサイトが問題になっているらしい

俺は2chとか普段から頻繁に出入りしているワケでも無いので(その都度調べもの関係ではお世話になっております有難うございます)、詳しい事はわからないのだが、
「嫌儲」ってのしょっぱな勝手な引用で書籍販売とかする話がNGとかって話から始まっていたのじゃなかったっけ?それとか、音楽CDが勝手にモナー使ったりとかがはしりじゃなかったでしたっけ。
(間違いだったらゴメンなさい)
それが、今回その「嫌儲」がアフェリエイト運営のまとめブログ(ここすっかり嫌韓メディア的に昨今有名な存在)これがいかんのだと大々的に『2chの引用禁止なんとか』となっているらしく、
俺なんか普段ニュースチェック的にまとめサイトの更にまとめアンテナ見ている人には「なんだか面倒な事になっているんですね」なんだけど、、実際何が起きているのかよくわかりません。
ニュースサイト的ブログ主導なのか知りませんが、これに対抗して「引用自由のオープンナントカ」を推奨する動きに転じており、同時に当該ブログのコメント欄が急に活況となってアクセスの方向性が多様化しているような事になってます(或いはTwitterから引用しようかだとか)。

web的なところから考えると、いろんなところで取り上げられて情報が拡散するのは”メリット”で(広告費で計算すれば莫大な額になる)、2chの方には「これは拡散求めた情報じゃない」という意図なんだろうけれど、そうなると「会員制イントラネットだとか有料メルマガみたいな感じで」という方向になってちゃうと思うんだがどうなんだろう?
てか、メディア論的に(会員制のクローズドでない限り)公開されているものはその性格としてジャーナリズム的在り様を望むと望まざるに関わらず派生させている事になるんだと思うんだが。。
或いはそれも社会的公共資産の一部として成立しているだとか。
江戸時代の「落書(らくしょ)」も裏ジャーナリズムみたいなものだったとの事だし。
(或いはすっかり何時の事だかわからなくなったmixiのコミュニテイーみたいのがいいって事かしら。)
■確かに(俺が勝手に思っているだけかもしれないけれど)「嫌儲」の発端である、「どこぞのライターが2chを引用して本出して稼ぐ」これは問題かも知れないけどさ(なんつーか引用に対して丸ごと著作権を主張するようなものだから)、ニュース的なブログの記事引用をNGにするのはフェアユース的に(誰でも閲覧できる媒体が元なんだし)矛盾するような気がするんだけどね。

うーん、なんてーかその掲示板に検索機能があったり、スレッドを見つけやすいように分類していたり、それも一種のまとめ機能だと思うんだけれど。
実際僕らみたいな閲覧主体の人としては、ブログが台頭したころのRSSリーダーやチェッカーをローカルに実装する手もあるだけど、それよりどこぞのアンテナサイトで更新見てる方が楽な場合もあんだよね、どっちでもいんだわ。
そういうチェッカー的なさフリーソフトでもダウンロードする時やインストールする時に「是非これもインストールして」みたいな広告部分があるから、そのソフトがタダで配布され得る所以なんだと、そこの合理性まで否定してる人は多く無いないと思うんだな。
「自分のチェッカーを公開します」ってのがアンテナなんとかみたいなものだし。

2ch殊更思い入れある詳しい人に失礼あったら謝りますけど、、
なんだか今進行中の引用禁止なんとやらにはやはり(外野席としては)微妙に違和感感じますね正直。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 21:06 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0