2013年12月06日

『自意識』と『無意識』関連(5)

今回は「日本語の話」とかです。「強迫の強迫は何がどう強迫?」みたいな。
公開掲示板やこのブログなんかでもよく「強迫心理(脅迫心理でも実用上問題無いんですが)」なる言葉が出てきますけど、この言葉も『相対的』なものです。
何か『無意識』に強迫的な人がリアルに巣食っていて「天使と悪魔」のコントみたいに囁くワケではございません。
(相対的にそれっぽい結果に至る自我構成になるだけ。)

『無意識』領域の専らの機能は「認知に対してパッシブに自動起動するモジュール化された命令実行パッケージ」なのであり(考えるまでもなく開始する一連の動機形成とその行動)、『自意識』が出張って「俺の出番だから(政治決断項目だから)」と宣言すれば本来引っ込むのであります。
しかし『無意識』には特に『共同幻』適応人格の場合過去用例・判例引用機能の中に「内閣法制局」があるので、「自意識さんそれは憲法違反なので無効です」みたいな発言力を保持してます(心理学的に言えば『超自我」)、ぶっちゃけ『道徳野』と呼んでもいいOSアカウントでいうところのadmin権限者のようなシステム上の存在です(そこパスしないと選択肢フォルダが開けない的な)。

本来この「内閣法制局」は『思春期反抗期の抗争(最大の抗(あらがう)期)』に、『自意識』と「自分の旧子供自我(専ら家族帰属性の『共同幻想』)との相克」として国会も大荒れ的に双方の手の内含めて”現実アップデート””現実デバッグ”が行われ、『自意識』にとっても「内閣法制局」の出方は周知の事実となるような流れで「確信犯的な合理性」となり「天使と悪魔」のコントみたいな話が到来してもそれ以降の大人自我は「半ば出来レース」というか双方出方も半ばわかっている話になります。
更にどうしてもって時には『自意識』は政治決断を超える「超法規的措置」もある事も知る。
(※『単独者』の場合は、半ば”子供自我”を駆逐しちゃっている・或いは発端から”子供自我”が家族社空『共同幻想』にすら適応しない合意形成しない自立構造だとかなので、『自意識』の政治決断があれば何でもGOだを確認することで完了。)

■そして『反抗期における”現実アップデート””現実デバッグ”』になんらかの中途半端な状況が(トラウマ論やエディプスコンプレックスなどで)発生すると、「国会も大荒れ的に双方の手の内含めて双方の出方を含めて確信犯的に確認され合理性が担保される」ような部分がその局面や自我全体などに対して欠けたまま(『無意識』の子供自我的な『共同幻想』適応モデルもその部分で温存され)「未確定な状態(=不安定な状態←不安フラグ)」で継続します。
 ↓
すると、国会にたとえれば「互いに内閣法制局の出方を忖度し合う与野党の”想像”をベースにした激しいやりとり」のような状態になるので、『自意識』の実存性は後退し(政治力に欠ける政党のように)「忖度合戦」の体を成してきてしまい、あたかも「国会に出てこない内閣法制局が神格化されたかのような」人格モデルになります。←もうこの段階で『自意識』抑圧フラグになりますね。

で、この状況を俯瞰で見れば、
『自意識』が『無意識』に圧迫されその立場を後退させているような恰好になるので、
抑圧され凹む状態(攻撃的に思うとか考える抗(あらがう)型認知ではなく、心理現象の専らが思ってしまうだとかそうなってしまうなどの被(こうむる)型認知になる)、
この状態に関わりバックグラウンドで動いている『無意識』下のモジュールを相対的に「強迫心理」と呼んでいるのであって、この「強迫心理」に”見掛け上”強い力(内閣法制局の相対的な誇大化)が発生しているように見える経緯には『自意識』も関係しているのであり、
何か『無意識』に強迫的な人がリアルに巣食っていて「天使と悪魔」のコントみたいに囁くワケではございません。
(なんでしょうかね、風が吹いている状況でヨットがあっちこっちするんだが、操舵に関する機能が抑圧制限されていて、結果として暴風にさらされているような形になってると言えばいいスかね。『無意識』下の過去用例や判例、ましてや『道徳野』には優先思考的な志向性あるんで取り立てて操舵などせず放置すれば、そっちの風に流されるワケですよ。)
→続きを読む

posted by kagewari at 00:22 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0