2013年12月01日

中国北京政府の大失態

久しぶりに安全保障がらみの話書きますか。
ご存じの中国先走り「防空識別圏の拡張」ですが、いきなり米国B52が飛ぶという大誤算というか(そもそも政策的な意図とか意味とか知らなかったって事なんでは、、)、これは大失態でしょう。
そもそも官僚の水準というか国際政治は無理なんではなかろうか的な「日本における民主党ショック」がうん十年遅れで「共産党ショック」として中国でも露見したという判断で間違いないと思います。
(まさか「北朝鮮」とあんま違わないのショック)
ネット論壇系では北京政府要人の隠し資産であるとか愛人から親族から既に海外在住ですし、下手すると本人まで海外へ(欧米)なんて状況下で欧米相手に本気で戦争とかあり得ないので、誰も今回の中国の「ホラ話」を真に受けている人はいませんが、
(あんまし無理筋続けるとまたもや海外の資産とか報道されちゃいますよ。)
問題はココ
 ↓
「防空識別圏の拡張」が国軍では無い限りなく現代中国においては『民間組織』と言ってもいい党の軍である人民解放軍の方から北京政府に提案されていて、なんとなく北京政府は「ま、いんじゃない」的に追認しているんではなかろうかと一部で推測されているところです。
でですね、
北京政府は「防空識別圏の拡張」を軍部に認めちゃったワケですよ。
その意味は、攻撃しようと現場が思えばイチイチ北京政府の支持を仰ぐ必要が無いって事です。
民主党政権時にも対空ミサイルだったか忘れましたがレーダー照射「ロックオン騒動」ありましたよね、練度の点で疑問が付く人民解放具のみなさんがですね、トチ○って現場判断でミサイル発射とか有り得ちゃうんです。
(果たして北京政府もそこわかってんだろうかと、)
でー一部識者によると、今回の意味不明の「防空識別圏の拡張」は国内向けであり、正直「想像以上に国内統治が危うくなっているから」という話があり(目先を変えるために日本叩きネタ発動したと)、韓国の真似でもしてみっかな的な判断でも無いとちょっと考えられないほど水準が低すぎてブラフにもならないホラ話になっちゃっているて分析あります。
(ブラフどころかドカーンとB52にブラフかけられちゃってんだから、)

日本も米国も深刻に受け止めているのはその点なんですね。
「これ軍部暴走とか、勘違いしてビビってミサイル発射とかなったらどうすんの?」ってところです。
勿論人民解放軍的には北京政府に「もっと金よこせ」的な圧力の一環だと思いますが、今中国は腐敗官僚取り締まり一大キャンペーン空回り中でありまして、、
■私は以前から「中国はこのまま民主化しそびれていると内戦分裂もあり得る」と書いてきましたが、いよいよ危なくなってます。
(※金融の不良債権からみで経済の方が怪しいはもう公然の事実になってます。)
ある意味偶然だったのか必然だったのか、『尖閣と石原』の時から仕掛けてきた米国サイドの思惑が想像以上の効果になってしまったのやらもう何がなんだかわかりませんが(笑
ひとまず、現状安倍政権正解だったと言えるでしょう。
こんな状態じゃ自衛隊予算増やさない方がおかしいですし、相手の状況忖度するに「話せばわかる」とかの水準突きつけていて「大丈夫ですか?」って状況で、
更にオカルト情報的な話なんだけれども、米国は状況によっては日本の核武装を認めようだとかの話を随分前からしている的なアングラネタもネット内で引用されていたりする(その条件はこれとこれとあれねだとか)。
うんでー、これもオカルト情報の域を出ないんだけど、
■安倍政権で強行採決っぽい話に及んでいる「特定秘密保護法案」
この法案がですな、「日本と米国間の核の打ち合わせのことじゃん」とかの噂もあるんです。
(更に特定の国家に対する秘密漏えい対策なのでは云々ん、)
なので政権側の「ほんと、ほんとーに治安維持法みたいな弾圧だとかそういう目的とか全然無いんですってば」の説明は随分本当っぽい見え方している説明にもなる「ほんとに”特定情報”だから」とかね。←勿論野党が心配しているように一度成立した法律を官僚サイドが別の意図で使う事も大いにありますので、野党のチェックにも耳を傾けて与党は積極的に修正に応じるべきでしょう。内閣も与党案にもそれほど自信が無いというか法案として詰め切れて無い雰囲気も多数なんで。
それと今思えば「みんなの党の前のめり」も、勿論党内事情が第一の原因ですが渡辺喜美代表は第一次阿部内閣の閣僚です。そしていち早く安倍総理と直接会談し法案修正合意を急ぎ今回与党が「粛々とした強行採決」なんて事ができそうな事情の立役者ですが、その時渡辺喜美代表安倍ちゃんから「ここだけの話、渡辺さんだから話すけど」とかったんじゃないですかね。渡辺喜美代表殊更に「安倍政権とは信頼関係がある」連呼してますから。
(※ですから現在韓国政府の取っている方向性は「非常〜に米国にとって不満」てか「あーやっぱり」と言えばいいか、、「もうどうでもいいよ」なのか、、)
維新がどこにいるのかすらわからないのは、石原氏とナントカ会の不明瞭なナントカが政界では周知の事実になっているからでしょう。
→続きを読む

posted by kagewari at 15:18 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0