2013年10月09日

精神分析的アプローチにおける『抵抗』

(「抵抗」はそのまんま字の意味ではなくって、用語的な意味の話ね。)
『単独者』の概念のとこの実存主義における「反抗」と似ているのでわかり難いかもしれなんだが、まーここでも「抵抗はパッシブで反抗はアクティブ」という事でまとめておく。

さて本題の『抵抗』でいうとですね、
通常『共同幻想』社会適応人格な人が心理学を理解できない云々のくだりが「抵抗の代表選手」と言ってもいい。現象としては「受け付けない」って趣かな。
昭和の口語調で言えば「頑固オヤジ、わからずや、頭の硬い(堅い)人、真面目人間」
ちなみにその反対『共同幻想』に反抗する単独者を昭和の口語調にすれば「天邪鬼(あまのじゃく)、(普通と違う)個性的な人、変人(昭和には「自分を持っている人」なんて変な言葉もあった)」
メンタル問題の場合もそれに類する強い抵抗ナントカが論じられる場合もあるけれども(カウンセリングなども無効になる的な)、それは根本的に日常会話が成立するレベルを逸脱したしまったりする人格破綻状態の場合で、「受け入れがたい感がある」だとかのレベルを(手遅れ的意味の)強い抵抗話に理解するのは違うと考えてる。

■「強迫心理」の元ネタは『共同幻想』であり(ザックリ言えば『幼児心理など過去の共同幻想』なんだけども)、勿論自己保存的防衛反射あるのが当たり前になる。
専らメンタル問題を自覚して相談するであるとか通院するって行為にシフトした段階でそこんところのハードル(防衛反応)を越していて、『自意識』も「もういい加減にしろ」的にそのスタンスを与件化していると見てもいんだけれど、
当人がメンタル問題などへの自覚が中途半端だと(端的に言えば目先の問題が他人のせいだと効果的に認識されていて恨みや怒りや暴言で代謝されてしまっている場合)、『問題意識』認知によってハードル(防衛反応)を越せないというか、ハードルの上に乗り上げてどうしたもんか状態だったりすることになるので、見掛け上の抵抗は激しいものになる。
(ここは前段の注釈との対象で言うと「見掛け上」ってところがポイント)
『共同幻想』適応人格で何不自由無く生きている人と心理学論議になった場合の「何言ってもダメだ感」みたいな抵抗は普通にあり得るので、それは織り込み済み的に考えておいて丁度いい。。
(『共同幻想』適応人格との共通性はあくまでも”準ずる”であって、『共同幻想』適応人格と同じでは無い。←メンタル問題がある場合に心理的側面への問題意識が全く無いって事は有り得ないため。『自意識』としても認めざるを得ない何らかの不都合が顕在化しているって事だから。)

かといって『共同幻想』適応人格とその「抵抗」が同じかと言えば前述括弧書きにもあるように全く違うものになる。
▲『共同幻想』適応人格で何らメンタル等に問題無い場合、
『共同幻想』に付き従う『自意識』との関係も合意による強固な構造になっているので、大人の論理として「これこれこのような、かくかくしかじかの理由でそんな事は有り得ないし、間違いである。何故なら道徳的にも○○は、、、」←などのように保守系の大人の政治思想みたいな論理がガッチリ定着しているので「自信満々に受け入れない」というか(笑、
無理に論議進めようとすれば敵性認定されて「本物の防衛出動」になってしまいます(昭和の頑固オヤジが暴力に訴えても自分の信じる道徳を守ろうとするように)。
まーわかりやすく言えば、「クラッシックを愛する昭和の頑固オヤジ的な『共同幻想』適応人格にとって、心理学や精神分析ってのは”ビートルズのウルサイ音楽など理解できない”的反感のような形」で抵抗が発生するワケだ。
(『共同幻想』適応人格の場合、フロイド心理学はある程度の水準超えると構造的拒絶で理解できない。←典型的な『共同幻想リミッター』の一種。)
現代社会に近づくほど「心理学が学問としてタブーでなくなってきた」背景はそのまんま『共同幻想』社会が崩壊過程にあるからで、前述のたとえ話も「昭和の」と枕詞があるように(実はこれ昭和には「明治の」という枕詞がついたものだった)現代社会でそんな鉄板の『共同幻想』人格なるものは探す方が難しいと考えていい。誰しもどこかで迷う時代に突入している。

▲これに対して「強迫心理」系の『抵抗』ってのは、
『自意識共犯的』に自意識がこれを(無意識に)追認する事はあっても「両手を携えて確信犯的共犯者として構造化しているワケでは無いため」、大人の論理としてそれを大演説で語るって状況にはならない。
(たとえば「微妙に根拠が疑問形的だったり」)
構造的に正当性認知が不安定なので(てか真剣に考えれば「強迫心理」などに正当性や合理性などある筈も無いので)、更に言えば自意識は「それは『共同幻想』に含まれる関連事項じゃないか」的に受け身で騙されているかのように事後的な共犯関係となっているのだから、表向きは普通の『共同幻想』だというのが建前になる。→しかし、その表向きの『共同幻想』との関係さえ前述のとおり強固なものでは無いから、表面的というか根拠に対する認識が小学校の学級委員長が言うような水準を超えないワケで、ここでも「構造的に不安定」なわけさ。
実際どうにかこうにか『自意識』を抑圧する事で均衡しているに過ぎないのだからね。
だからメンタル問題において(その発現理由はともかく)『抵抗』が発生する場合、
その反論は、
「論旨が疑問形レベル」だとか、
「そもそも論理的にというか文脈的にも反論にもなっていない」だとか、
「事実関係すら取り違えている」だとか、
「誰も言っていない事に反論している」だとか、
所謂行為としては抵抗が起きているようだけれど、そのほとんどが無理筋になる訳で(これ勿論自分自身ある程度自覚できることだからさ)話の通じない『共同幻想』適応人格のそれとは同じでは無い。
=精神分析的なアプローチはメンタル問題を発現する自我だからこそ有効って事になる。
これを勿論いい悪いで論じるのはナンセンスなんだけれども、『共同幻想』適応がガチっと入っていないから(反抗期からそのまま『単独者』ルートとは別に)「社会全体に拡大しつつある『共同幻想』崩壊の先端」として心理学への理解が可能なポテンシャルがある事になる。
ここには重要なポイントがあって、「建前上は『共同幻想』的根拠って”事になっている”」ため、当事者が『共同幻想』社会になんだかんだと関係続けていると(所謂「取り巻きスカウティング」みたいなケースも多発するんだけれど)、周囲は表向きのスタンスが『共同幻想?』なものだから「そもそもメンタル問題の存在などを疑う事も少ない上に」このマスキング効果が当事者へのメンタル問題認識を後退させる。←逆抑圧とでも言えばいいのかな、、
(※確信犯的『共同幻想』の再選択をした場合も鉄板級の『共同幻想』適応を志向することになるので、後期先進国社会において誰もが何らかの形で同様に通るルートの一種には違いなく、『共同幻想』そのものが崩壊過程にあるのだから、現代社会においてこれにどう対峙するのかって部分を避けられる人格は無い。)
→続きを読む

posted by kagewari at 22:17 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0