2013年09月19日

保守リベラルとか殊更都合のいい話では無いとかの話と『イプシロン』

なんか時々「保守リベラル」がいかにも都合のいいポジションで口ばっかりみたいに見える事もあるかと思うんだけれど、そんな事はありません(笑
簡単な話スよ、
結局「後期資本主義における先進国で政党が乱立するとかあり得ない」という話が同時にそれを証明します。『単独者』と『共同幻想』保守論のようなもので、ハナからそれほどバリエーションが無い話なんですよ(片方は各個人全部バラバラみたいな”カテゴリー”だから)。
選択肢云々がどうこうでは無くって、政党が割れるほどの対立軸がある方がおかしな話なんですわ、
「その政党組織なるものがシステムとして『共同幻想』的に見えますが」リベラル側が個性重視で意見集約をそれほど”重視しない”事の方が(党議拘束など)リベラル側には重要になるんで、選択肢をいくつとかに絞る話にはなら無い。『共同幻想』論的に言うなら政治選択は一定範囲に集約された選択肢論でいいんですが(この場合いくつかの集団による政党乱立もあり得る)、『単独者』的政治意識=事前の集約性とか重要では無いのでアイデアなりを発言する自由であるとかのが重要なので、「希望している政策に特化した中小規模政党の台頭」とかがあってもですな(政権が取れるワケでもあるまいし)、そんな選択肢の『共同幻想』を満足させる固定客向けの小集団ができるだけなんですよ。
(純化路線とか言っても、与党が過半数割れギリギリだとかの状況無い限り存在感発揮できませんからね。)

大きく分けられる理由ってのは
「反動的保守論を軸とするのか(時にはブレーキ)」
「民主主義なり資本主義なりが志向する文明化の先を志向するのか(アクセル)」
物理法則的にそんなね政治なんてものに微妙な選択肢とか無いんですよ(政治においては各論って部分は官僚の仕事だったりするし)、憲法解釈というか例えば「基本的人権」なりの判断を伝統的に継承し保守する方向を選択するのか、現状に合わせて民法なりを改正した方がいいのかってぐらいしか「方向性の差異」は無く(どう改正するとかの各論は事前に意見集約ある方がおかしい)、
特定支持母体でもない限り、改正派なんてのが組織化されるものも妙なんですよ。
つまるとこ、国家なる『共同幻想』を前に有り得る政党なんてのは、
『保守派』か『リベラル派』のそれこそ右か左かみたいな方向性で十分で、特別俺は二大政党制を支持しているワケじゃありませんが、そんな感じのがわかりやすいと思います。

現代社会であたかも言語矛盾に見える「保守リベラル」なんて言葉が台頭したのは、
「いえいえ違います、左翼的政治思想かぶれではありません」という”お断り”が必要になったからであって、本筋は共産党などのように「左翼ドグマ政党」として左翼がわかりやすけりゃいんですが、「社民みたいな左翼的政治思想政党なのか単に支持母体が特定労組というだけの話なのかよくわならない」場合も多いんで、リベラル政党ってだけだと自己紹介不足に陥る事も多々あるため「保守リベラル」となっているのでしょう。

■なものだから、本来は民主主義国家であれば「大きくわけて”保守”か”リベラル”の政党二つ」と「他特定支持団体による泡沫政党」とかが自然な姿になります。
『共同幻想』崩壊後に、地方ローカル的エスニックなグループが残ったりだとか、特定宗教などのカルト集団組織は残るだとか、ザックリ言えばそんな感じです。
 ↑
ここ逆説で官僚主導や自民党が正統保守とは言えない理由のひとつ、
(官僚主導や自民党は「危篤権威性だったり利益団体的保守」ってカテゴリーなんでしょうから。経済的拡張主義的部分なんかおおよそ保守とは言えない革新っぷりだったりですしね、)
■その代り各国見渡しても「正統保守政党なんで存在するの?」って事になるだろうから(正統保守なんてのも抽象概念だからね)、自民党とかで十分なんですけどね。
→続きを読む

posted by kagewari at 22:22 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0