2013年08月09日

日本の『共同幻想』崩壊過程で所謂外国から見た印象とか早晩変わるのではないか、

外国から見た旧来の日本人イメージといえば「大人しい、自分の意見をはっきり言わない、建前と本音がある、集団で行動したがる、イエスかノーかはっきりしない。目立つ個性派は叩かれる」などなど定番のがありますが、勿論その元ネタは『共同幻想』です。
で、現在絶賛『共同幻想』は崩壊中でありそんな日本人のイメージは過去の話になりつつあります。
スポーツの世界でも特にサッカーなんかの「中田→本田」のようなタイプの選手や、プロ野球における「ダルビッシュ世代」など昔の日本人のイメージからほど遠い人物像ですし、政治家としての評価はどうにもこうにもですが維新の橋下代表の言動が異色の政治家みたいな恰好で一定の理解を得ているのも、55年体制には無かった様相です。
安倍第二次政権の成立背景には時系列的に間違いなくネット右翼論壇の応援というか雰囲気がそれを後押ししているのも事実(相対民主党へのネガティブ世論形成にも真偽はともかく草の根的に貢献した)。

■日本の右傾化なんて表現する海外世論もありますが、あくまでも表面上の話でありまして(そんなこと言ったら昨年の反原発運動を見れば左翼化しているって事になっちゃいますから)、芸名で言うところの”村上ファンド”じゃありませんが、日本人がもの言うようになってきている表れです。
私はTVをほとんど見ていないのでよく知りませんが「何倍返しだ」的TVドラマの高視聴率、
昔だったらアングラダークサイドストーリーの筈だった『進撃の巨人』のメジャーヒット、
これらはみな「もの言う主人公」の流れにあり(昭和のように男は無口でなんとかではない)、
考えてみればニコ動におけるコメント機能なんてものも(邪魔なのも無数ですが)街頭デモ的な雰囲気あるんですよね。勿論昨年の反原発デモからフジTVデモや、その後の嫌韓デモ・アンチ嫌韓デモまで「日本人は結構ガチガチもの言ってぶつかる欲求」を表に出すようになってきてます。
(囂々とした潜在的欲求がタガ外れて表に出てきた的に、)
現状その動きはなんせ慣れていないのでバタバタしていたり恰好悪いものも含まれてますが、旧来の日本人イメージとは全く別の世界に突入しようとしている。

古い世代には安倍政権であるとか所謂ネトウヨの動きを「昔の軍国主義のナントカ」みたいに勘違いする人いるかもですが、勿論そんな事は無く「もの言う者同士大激論が戦わされる時代」になったという事なのでしょう。
2chなどにおいても「こんな風にやり返した」的シリーズもありまして、
▲『黙ってない時代』の到来です。
SNSがバカツールみたいに認知されているのも「気味悪い内輪ネタ(見当違いな『共同幻想』気取り)」への批判だろうし、
→続きを読む

posted by kagewari at 22:12 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0