2013年07月23日

冷静に見ると混沌の選挙結果なんでしょう

選挙直前マスコミのネガキャン発動で自民72〜75勝を阻止したってところじゃないだろうか。
(いつもの提灯記事を書いていれば「自民圧勝で憲法改正か」←これも可能だったかもしれない。)
このギリギリのネガキャンには(全部のweb情報確認した訳では無いが)流石に改憲派を自認している読売は参加しなかったように見えるので、横並びにマスメディアが動いたとも言えないと思う。
しっかし提灯記事書いたり事実を報道しなかったり事実い無い報道したり勝手にネガキャンやったり日本のマスコミはほとほと迷惑な存在です。

■負けた方はわかりやすかった。
今回の選挙結果についてなかなかサンケイが(よっぽど溜飲下げたのか)明快な視的をしており、
「鳩山・菅・小沢時代の終焉」なんて書き方してますが、菅の退場はともかく鳩山は亡命政権みたいなNGOでしょうかね、政治結社を設立しておりまして、
『世界友愛フォーラム』
http://www.eaci.or.jp/#index
(しかし、この秘密結社的雰囲気はなんとかならないものか、、)
小沢もそれに近い動きに変遷していくと思うのだけれど、日本的政党政治の限界という側面を鳩山なり小沢なりが意識し始めるのかなと思う。←所属政党の党首として影響力を保持するとかそういう時代は終わった。
(なんつーか昔の右翼団体調でもあるので、ハト派の秘密結社というのかしらね。)
小沢氏の置かれた状況が「野村監督で言えばシダックスで都市対抗やってた時代と同じ」という読みはそのままであったかと思います。

▲あまり知られていませんが「みんなの党」は政策しとして『ベーシックインカム』を掲げており、そっち方面への足がかりはむしろ民主党内の政策部会みたいなところで論議されていた時より前進したと思います。←ここ案外重要。
(小沢サイド的には”みどりの風”が実質消滅したため「何かと整理をつけやすくなった点」でポイントとなるかも。)

さて、負けた側の結果はわかりやすかったのだけれど、
■勝った自民側の数字が微妙に混沌としてます。
(保守も乱立しているため同床異夢だらけで憲法改正ができそうなできなさそうな、多分できないだろう的な。)
安倍首相の燃え尽き症候群も心配されるところなんだけれど(従米派にも米国が考えている事がわからない時代)、前回のエントリーにも書いたように、
全体として言えることは(TPPでも憲法でも財政出動でも無く)「保守派が勝ったので最大公約数自衛隊が拡大する」一点でしょう。
他は選挙結果がこうだからこうというような判然とするものが無い。
つまり「自公安定政権」というものが消極的に圧勝しただけに終わっている。
(最初から公明党は改憲について何言ってんのかわからないし、)
維新とみんなの党との協力関係は選挙公約でも無かったし(維新は事実上内部的にガタガタ)、ぶっちゃけ自民党にとって大問題なのは憲法どころかTPPを自民内部論議どうすんの?とかだったりするのでザックリ言えば維新やみんなの党との協力関係はむしろ後回しで、(安定多数取ったのだから)直近の政治課題を「自公でどうまとめるのか」に傾斜するのでしょう。
半ば「自公安定政権」だけが目的化しているのが本音で、そこを何か違うと世論に思わせたくて憲法改正ネタを吹いているってのが実態だと思う。
 ↓
事実自民単独では(マスコミのネガキャン報道もあって)圧勝というほど勝ってない。
自民の比例代表得票率は更にそれほどでも無い。
→続きを読む

posted by kagewari at 02:06 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0