2013年07月11日

言語学的『共同幻想』だとか『単独者』論

前々回だっけか「報復論の誤謬(ルサンチマン化リスクてかそれはトラウマ論か)」の話を引き継いでるんだが、
http://kagewari.seesaa.net/article/367397801.html

まーすごくベタな話なのでマジな言語学の話を期待している人は切っちゃってください。
言うならば「主語だとか言葉の人称の使い方とかで人の心理は変化する」って話の延長です。
「報復論の誤謬(ルサンチマン化リスクてかそれはトラウマ論か)」の時に、
「普通は○○の筈だ、」という表現を使うと自動的に強迫系のフラグを踏むリスクが高いつー話をしたんだけれども、その延長戦です。

一時「米国人が口語でよく使う”you know”にいちいち”I don't know”と合いの手入れると怒るだろうか」というのが一部で有名だった話がありますが(どこの一部だって)、
米国でもこの”you know”の連発は言語として「あんまし内容の無い会話的表現」として評価が下がる用例のようで(日本で言えば「だよね」あたりですかね「ですよね〜」のような主体的意味は無い)、
典型的『共同幻想』系フラグです、
”you”は表面上会話の相手を指している格好になりますが、ご存じの通り”you”には複数形は無く潜在的に「常識だよね」的意味が派生するため(ある意味とても無意識的で)、特に米国人における口語で『自意識マター落ち』の会話で”you know”が連発すると考えられますから、欧米人は個人主義だなどの認識はまー適当なインチキであって、欧米型の『共同幻想』がバリバリ存在している証明になります。
(”You know what I mean?”の” mean?”は正に『共同幻想』系の”何”だろうと→「普通さ〜」)
言語的に関係ありなのか定かじゃありませんが、
日本人が英語を話すとき、日本の世間型『共同幻想』が欧米人には通用しない(阿吽の呼吸で共有されない)事が『自意識バレ』してしまうため、「普通さあれだよね」的口語を使おうとしてもそのままでは使えない(欧米社空じゃ普通じゃないため)、そこで頻繁に主語が”We”になってしまう現象がありまして、日本人心理としては「我が日本人社会では」みたいな意味になるんですが欧米人から見れば「あなたは何かの代表なんかよ」的にこの主語”We”に違和感感じるという事だそうで(お前は政治家かよみたいな)、人称というか主語の選択による言語的『自意識抑圧』ってのはいたるところで起きるんであります。

■欧米人の心理を考える上でもうひとつ特徴的なところありまして、
似たようなTVドラマが確かアメリカであったと思うんですが、
日本の漫画「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」(海外でも翻訳出版されている)がカルト的人気だそうで、アニメ化の時に欧米における2ch的4ch掲示板で原作者に「アニメ化おめでとうございます」の一斉送信しようかなどと日本の知らないところで異様に盛り上がっていたりします。
「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」は典型的孤立主人公が自意識過剰に所謂リア充な『共同幻想適応周囲社会』との間で見当違いな行動に走るコメディなんですが、
以前紹介したゲームの「ペルソナ」における(仲間でプレイ進行するゲーム)『日本的共同幻想』を妙に心地よく感じる欧米心理と同様に、
欧米社会においても孤立感(『共同幻想』を前提にしないと発生しない心理)が想像以上に社会問題的テーマになっており、ますます個人主義などでは無く彼らの『共同幻想(日本のように緩く無い)』は日本と同様に『単独者』との関係性の中で「現在試行錯誤中」である事がわかります。
しかも日本長期滞在者の掲示板発言では「最初の頃は物珍しさで楽しいが友人ができないと辛い」って話がありまして(これに共感多数みたいな)、一般的欧米人が決して個人主義の評判そのままに『単独者』的振る舞いを得意とする雰囲気ゼロなんであります。
(※背景に宗教を抱える欧米の『共同幻想』は硬性なのでなかなか自然崩壊プロセスに入らない→革命的運動や政治的転換をその都度経る必要がある。)
(※海外掲示板では宗教の話が出る度に「日本はキリスト教など特定宗教が国教的なものになることを抑制したのが大正解」的なコメントを必ず見つけることができるのも特徴的です。)


話は戻りますが、
安易に日常表現をそのまま使うとそれがうっかり『共同幻想常套句』となってし以降の話が無意識に『共同幻想』に都合のいい範囲に収まってしまうというような現象も起きるわけです。
(※お笑いの世界はこの辺の言語の式をひっかけ問題的に破綻させ成立しているとも言える)
→続きを読む

posted by kagewari at 22:58 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0