2013年04月04日

『縁と韻』

こういう言葉だとか(ここもだが)言い回しなり表現少なく無い。
大元は”熟語”なんかと思うが、
「縄と鞭(オイオイ)」「白と黒(赤と黒だろう)」勿論「陰と陽」だとか「善と悪」などなどいろいろあんでしょう、
「『縁と韻』ではなく『縁と運』じゃねーか?」なご意見もあると思いますが、
勝手に改定します。
『縁と韻』の方が状況にあってるような気がするんですよ、
えー意味がよくわからん方は『韻』となると思いますが、
(俺のなんとなくなのでちゃんとわかっているワケじゃありませんで、)
韻:辞書的には、詩歌で、同一または類似の音を、一定の位置に繰り返し用いること。
最近のラッパーのみなさんは「韻を踏む」よく使うみたいですが、
JAZZだけでなく音楽的なひとつの進行なりの形のように理解してもいいかもです。
符号というか、調子というか。
これに対して『縁』は偶然性の高い方向のナントカとなる。

世の中『縁と運』で回っているのが幸福なことなんですが、
いかんせんなかなかそういう幸せな状態ばかりではないのが世知が無い世の中でそう理想的な環境も難しいものでしょう、結論『縁と韻』みたいになってんのが実情じゃないかと。
(個人心理学的な自我内部にもそういった論理性が成り立っているのではないかという推定です、)
悪循環だと「新規と地雷」みたいな事かな、
自然循環だと「未来と調子」なのかな、
韻を踏む、調子に乗る、
感じがよけりゃいいが、悪循環で感じ悪いと最悪ですわね。
「フラグとなって」だとか「それがトリガーとなり」だとかの現象は多分にこの『韻的世界』が関わっていて(同じ韻でも因果の因でもいいのかな)、
本来は「運」であるべき事象をそのまま「運」で認知することはそうそう多く無く、解釈論の中で「踏める韻をみつける」ような恰好でそれは認識されとんじゃないかという話です。
(書いていてもよくわかってないので、これ読んでわかる人がいるのか疑問だか、このブログにおけるテキストはかなり実験的な内容なっているので悪しからず。)

所謂陰陽師的な「呪(しゅ)」だとかの発動要因はもっぱら言葉の主たる意味の方では無く、韻の調子ってのかな、そっちじゃネーかと。
「言葉の韻を踏んでっちゃう」のだから。
言語構造における流れというか調子における無意識側の干渉というのが『韻』として現れてるのじゃないかと考えてみる。
(5・7・5・7・7でも説明できんのかもしんないけど言語論までやるつもりないので、省略。)

事実人は言葉使いが固定的な場合(典型例は地方の方言:これに自我拘束的意味合いんのは論議の必要が無い)、自我はなんとなく特定の性格(これキャラクターって意味ね)を帯びる。
そっから考えるとすると、
普段の言葉使いの傾向には、それなりに「結論を導く方便」がすでに織り込まれており、
なんてーか『縁起の縁とは縁遠い』世界になるワケです。
それこそ『縁と運』じゃーありませんが、あたかも運気なるものがあたかも抵抗できない世界的に本当にあるかのような錯覚(幻想)←本来「運まかせ」のように『運(はこびだとか進行ですか)』って言葉は固定的では無いって意味の筈が内的にそうなっていない場合がある。つまり同じ運でも運命の運でそれが踏まれている。
(この運命にしたって本質的語彙は:さだめと読めば仮想的上部構造の意思による予め決まった運(はこび)?みたいなことになるのだが、そら運だからさ段取りっちゅうか、めぐり合わせ的な機会だとか”場面”であり、その場面への対処や判断がどうなるだとかその場で考える話なんで先に結論のある話では無い。)
→続きを読む

posted by kagewari at 18:54 | Comment(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0