2013年01月23日

『幼児期の第一次反抗期』の認識とかの話(3)

印象ですが、おおよそ誰もがガキは嫌いでしょう。
(インナーサークル的団体行動中に電車でキーッとなる奴→インナーサークルにおける問題行動は果ては中高生から暴走族から官僚組織まで連なっていると言えば連なってますが←これ必ずしも『共同幻想』だからではない。むしろ『共同幻想』はその常識論でこういう行動戒めてますから)
 ↑
案外この出だしが今回の話の鍵になっているのかもしんない、

てか個人的には子供全般が苦手でありまして(そりゃ大人同士のような会話が素で出来る相手であれば年齢などどうでもいいことだけれども)、所謂街で見かけるインナーサークル団体行動中のガキには閉口する。
前述のように『共同幻想』固有の問題では無くって、内向性依存の関係で自己愛発現トリガーがインナーサークル行動中だったりするケースが集団心理として起こるため。←これが起動するためには(集団心理=集団ってぐらいだから個々人の自意識は抑圧傾向→無意識的自己愛傾向(集団心理ハイ)となり、この自己愛状態に依存性フラグがあれば「自意識起動して自力で戻ってくるのが難しくなる」わけで、この状況で=妄想状態(精神耗弱でもいいけど)を意味するので=「現実を喪失するほど乖離が激しくなっている」ことになる。
(※酔っ払いの団体様の奇行も同様の現象←帰宅でひとりになると案外大人しくなる)
昔の人は躾がなってないなんてザックリとアバウトに切り捨てましたが(前述のとおり上記興奮は『共同幻想』マナー違反な上実に恰好の悪い恥ずかしい状態であるため)、昭和の時代にそんな事が言えたのは『共同幻想』の「正しさらしさ演出」がまだまだ有効であったためです。
(実際のところは躾も何も”明治維新〜戦後日本”の『共同幻想』は歴史や伝統とかいう演出上の『枷』(正当制リアリティー)の構造的設定がおおよそ褒められた内容では無かったので(ほとんどデッチあげ)平成にかけて余裕で瓦解するワケですが、)
 ↑
正しさらしさ(権威性認知)の有効性は勿論限りなく「頭ごなしの恫喝の効果性」なのであり、叱る側も叱られる側の双方があたかも信心深く神を恐れているかのごとき心理状態なので、余裕で暴力も振るいますが双方には信心的にそこに合理性の共有もあるって事です。
つまり社会的にそういうファンダメンタルだから効果的できたことであって当時の人は立派だったとかそういう事じゃありません。

■ついこないだまでは現代社会の「キーっとなるガキ」や「モンスターペアレンツ」(世代的には流行語にもなった「アダルトチルドレン」が親世代に移行)、この辺の話は『共同幻想』崩壊過程のグズグズ状態だけで見られてもきたし、社会的にもそれ系の論評多かったと思います。
なので保守派はどこの世界でも「昔の『共同幻想』を取り戻せ」とばかり復古調右翼的政治思想を叫んだりですね、これまたトンチンカンな方向いきますが(さしずめ反動保守・保守反動)、その気持ちはよくわかります。←彼らの政治思想的に見れば状況判断として普通の理解でしょう。
→続きを読む

posted by kagewari at 18:03 | Comment(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0