2012年11月16日

『解散政局』

ようやく解散しましたね(笑
「解散しないと総辞職に追い込まれるだけ」これは鉄板だったのであり、
解散したってことは野田首相は総辞職したくなかったって結論です。
時期的には伸ばせば伸ばすほど民主党は負けますから早い方がよかったのであり、なんでここまでグズグズしたのかという往生際におけるバツの悪さは「16日に解散するんです」と大見得切ったことでいちおうの体面繕うのに成功したので、思うに首相本人は結構高揚もしていて上機嫌だったのだと推察されます。

ところが、そんなことしちゃったら選挙前に離党が止まらないのも予想の範囲だったので(これまで必死に離党組を説得してきた同僚議員の顔に思い切り泥塗りましたねしかし)、補正予算なり増税やTPP運用上の断念でいくらかでも実績あげて選挙という思惑だった「本音は離党組」(事実解散直前のなんとか委員会で解散反対で意志決定できていたので彼らがそうできると思っていた部分に根拠はあった)、
この「本音は離党組」を随分気持ちよく「出ていけコノヤロー」をぶちかましてしまいました。
仮にぐずぐず離党断念した議員がいるにしても士気もあがらず選挙に負けるのは自明だし、「本音は離党組」は離党しない限り行き残る道は無いと思った方がいい。
(どっかの何かの論功行賞で「比例重複」によって当選確約されて一本釣りされている場合は別でしょうけど。)

想定すると、
野田政権が仕出かした解散は「早く自由党合併前のオリジナル民主党に戻りたい」という事なので、当時の議席120前後が目標となるんでしょう。
てか執行部はそれぐらいなら頑張りようによっては積み増しできると”期待”していることになります(推定ですが現在民主党内世論調査の予測は80議席以下)。
ぶっちゃけ次回選挙の擁立は、
「本命120人、その他泡沫(比例票獲得のためだけの捨て駒)」こんぐらいのスケールでいいことになるので、
「どんどん出ていってくれ」という趣旨です。

■野田氏なり旧民主党グループが狙っているのは勿論次回の安倍政権と連立なり政策的部分連立することなので、
野田氏は党首質疑において安倍氏に、
「来年の通常国会でもいっしょにやると約束してください」
と、事実上来年も民主党が何らかの形で政策的に政権に関わる約束を求めたんですが、「聞いてて何言ってんだか激しく意味が分からない」状態に陥り、
(流石の安倍氏も「?」状態となる始末で)

こんなもん通用するワケが無いってね、小学生でもわかるでしょうに。
野田氏としては「民主党の議員を最大減らして自民党を増やす事にこれだけ貢献するのだから、来年の通常国会なり予算編成なりに”いっしょにやる”と約束してくれてもいい筈だ」という論法なんでしょうけども(元から「松下政経塾出身者」の夢はだいたいが本音”自民党右派”として公認されることだった)、
そんな脳内妄想を真面目に受け取る自民党議員が何人いると思ってんでしょうか。
ひょっとすると石破氏であるとか、勿論この密談が一番発揮されるのは谷垣自民だったのであり←だったらさー谷垣自民をヘルプするように谷垣さんの顔立てて「いかにも谷垣氏が主導する形」で早期に解散してあげたらよかったのに。
(財務省もそれが理想形だったんでしょうから、)

全ての計画が狂ったキッカケは、
石原知事の米国における尖閣購入話ですよ(笑
(勿論狙いは「息子を首相にしたかった」=谷垣落とし)
これが思惑とは裏はらに”トンデモ無い事に”転がってしまい、
(現在石原氏は「大阪維新を手土産に息子を総理に」って腹なんでしょう。)
(又、米国のジャパンハンドラは沖縄問題含めて中国との緊張関係メシウマだっただけで←これも中国側の権力闘争がらみで「あんなことになっちゃう」とかは想定外。)
 ↑
思い出してください、
米国はsengoku38事件の時の海保と中国漁船とのもめ事を事実上指揮していた部分があり(海保に訓練させていたなど)、当時これをガンガン顔真っ赤にしてやってたの前原氏でしたから、狙いは小沢氏中心に民主党内の中国とのパイプを潰して親米化させる事でした。
多分石原氏の仕掛けも「まーね同じ感じになるんじゃん」と思っていたら、
いやーびっくりした「中国想定外に面白い事になってしまった」ワケで(笑

財務省としては「余計な事しやがって」つー事でしょう。
(石原氏もね、米国にお願いするんじゃなくて財務省に頭下げてくれればなんとかなる話だったとか思ったでしょうに。→谷垣氏に言外に後継指名の形で「次は伸晃氏を」とか確約させるとかね。)

■結果自民党は財務省的には「あまり面白く無い”あげ潮派”系列の安倍氏が勝ってしまい(中川の兄貴はバシッと潰したのに)」、
安倍政権だと「増税法案の付帯事項(経済成長率の縛り)厳密に見るから、簡単に増税すると思うなよ」となるので、
 ↓
「こりゃ予算編成でコンクリートからコンクリート上等で名目成長率あげないとヤバイ」な話に追い込まれてしまった。
(谷垣首相ならそんなの関係無く増税できたわけですが、)


なんだか、野田氏的には「アレレ」な間に明日解散しないといけない状況になっちゃったって話です。
(だから石原氏は自分を第三局だと言うワケですが(こうなったら伸晃の敵だと←これもよくわからん理由というか結果安倍氏が勝っちゃった原因自分の尖閣購入話だろうに)、所謂”右翼的言動”に関しては安倍氏のが本職なので、「ひとりで何言ってんだかわからない状態」に陥ってます。)

しかし野田氏の思惑は無理無理、
(自民が谷垣首相じゃない時点でアウツ)
だから、谷垣氏は何故野田氏への解散要求をもっと強行にしないのかって、当時思ったものです。
(そんな事言っていると自民党首選で落ちちゃうんだがと思っていたら「負けるどころか立候補すらできなかった」という体たらくで、、)
増税法案葬っても解散した後晴れて自民政権で新しい法案可決すりゃいんだから、それで財務省も折れたでしょう。
谷垣氏はよっぽど人がよかったんでしょうな、
密約した野田氏の顔を立てようとか(財務省仲間だ的に)、そんなところかと思います。

■それでも、
民主党の思惑と希望は『事実上の自公民政権』に違いありません。
さすがにそこまではついていけない旧民主党議員もいるでしょうから、
なんでしょうかね、
小沢自由党が民主党と合併した的に20人30人でも影響力発揮できるじゃないか、自自連立解消後、残りたい人が保守党となり後にこの保守党が自民党と合併したように、
「いつかは晴れて自民保守系議員として公認されるかも」って夢もあるかもです。
(無理無理、夢物語ですよって、)


さて大阪維新の会、
目的はともかく、勝ちたいのであれば「石原太陽」をパージするべきでしょうね。
上手い事理由をつけて拒絶すれば(できれば石原新党を潰すぐらいダメージ与えれば)株もあがるでしょう。
でも、できるでしょうかね(笑
中途半端に選挙協力みたいな落としどころだったとしても、事実上大阪維新の会は消滅扱いとなり、マスメディアはその後の姿を『石原新党』と呼ぶでしょう。

どんぐらい突っ張れるのかそこそこ面白いところですが、
(小沢サイドはそう勧めている筈なので、)
あくまでもロジックの話なので、どうなるのやらです。


■本題の「民主党の負けっぷり」
実は一番重要なのは「離党者を最小限にすること」だったんですよ。
「離党予備軍な階層」こそ真正の反自民なので、選挙後の「自公民連立隠し」には必要な人材なんですなこれ。
(仮に自公民連立に失敗した時の場合にも、帳尻合わせで「野党シフト」する時の執行部人材として貴重な戦力になる。)

えーそんな人材を「とっとと出ていけコノヤロー」とやっているワケで、
ひょっとすると想像絶するぐらい民主は負けるかも知れません。
(小沢氏はマスコミ露出など無視で、「こんなことなってますよ」的に支持母体である連合に揺さぶりかけてくると思われなので、組織票がごっそり抜かれる可能性もある。)

小沢氏こそ自由党の経験で「生き残る議員がたとえ20人でも全然OK」な耐性持っている事を忘れていると、とんでもないところにクサビを打たれるかも知れない。


「それはともかく鳩山ユッキーはどうするんでしょうねww」

======================================================================
記事アップしたしりから「大阪維新・石原新党”大筋合意”」の話が飛び込んできました。
これは下手踏んだと思いますよ(それなりの議席は取るかもしれませんが)、
微妙に遠心力の効いた方向に行くでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0