2012年03月30日

読売報道関連や昨今のフリー記者への風当たり(他イロイロ)

「なるほど」ってニュースがあれこれ出てきています。
巨人軍契約金報じた朝日記者 大阪地検FD改竄事件も取った
http://www.news-postseven.com/archives/20120326_97199.html


「本当にそうだったのか」
この間の報道は朝日がってのじゃなくて「その記者が」って個人レベルの要素が濃いわけね(勿論それを認めたデスクはいるわけだけれど)。
何が重要ってこの記者が朝日生え抜きでは無くて地方紙からスカウティングされた社会部の”外様エース”であること(略歴からすると清武氏と被ってますね)。
大阪地検FD改竄事件の裏を知っているって事は、
今回の読売問題を取り上げる背景に何らかの社会性を彼が見出しているであろう事。
(間違っても只のプロ野球問題なんて意識で報道しているのではない、)

ここのところの読売の過剰反応は「その記者の意図」がわかっているからなのでしょう。(相当の脅威を感じてのものじゃないだろうか、)
更にこの記者が小沢裁判における検察の不正や検察審査会の疑惑なるものに興味が無い筈は無く(どうだろう小沢裁判の担当とバーターで読売報道はやっていいよって社内的取引があったとは思いたくないが)、一連の事件の背景である権力構造のプレーヤーとして読売を取り上げようって意図があるのじゃなかろうか。

しかし十分気を付けてもらいたいもので、
(記者的には百も承知でしょうけど)
孫崎さんのTwitterに情報あがってましたよ
http://twitter.com/#!/magosaki_ukeru/status/185187160788434945
原発:東洋経済編集長が痴漢で逮捕された事件は、同誌が脱原発論を展開し、東電に対し厳しい報道を続けていた時期と重なっただけに、事件に疑惑がもたれたが、ある人の連絡によれば、「(元)編集長は、不起訴処分で釈放されたとのこと」。今後東洋経済が脱原発、東電責任をどう報じていくか注視したい


岩上氏や上杉氏の叩かれ方も昨今激しくなっていて、
(好き勝手にさせておけないぐらい存在が大きくなっているからでしょう←てかここも事の始まりは例の「小沢会見時の読売記者との小競り合い」からかな、、)
一時あったネット右翼の左翼叩き的手法に似ている方向性ですが(左翼叩きも結構ですが所謂昭和のインテリ左翼みたいな存在と世代が違うってか←昭和のインテリ左翼なる存在は過去の人でしょうに)
勿論今回の朝日報道も「アサヒる的」に昔の朝日の左翼的位置付けから顔真っ赤にして批判している層もあるようですが、前述のようにこれは「(朝日的には外様の)その記者」のスタンスですから「アサヒる的批判」は見当違いで、
岩上氏や上杉氏の叩かれ方もなんだか無理に無理を重ねる方向にあるように、
「いくらなんでもこの時代に右翼左翼の権力構造みたいな話を持ち出してもどうにもならないでしょうに」な形になってます。
(岩上氏なんてどちらか言えば自衛隊による自主防衛派だから保守系寄りだし、至近の上杉氏のデマネタなんて保守系で有名な産経系列夕刊フジでの記事だし。)

そこで岩上氏や上杉氏の場合(どうにも左翼レッテルが使えないので)「デマ野郎」みたいな方向で批判しているようなんですが、
そもそも「どちらか言えばそういった報道続けることで彼ら儲かるどころか貧乏になっている」のであって、動機の点で積極的にデマを流すことに意味が無いワケで、、

※ここに同じジャーナリストの江川昭子氏が変にからんでいることは「少々たちが悪い」と思っている(全く本人はその自覚が無いので更に困るっていうのかな)。
→続きを読む

posted by kagewari at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

『共同幻想』と「共同幻想論」

先日吉本隆明氏が亡くなった事が報道されましたが、
吉本氏と言えば「共同幻想論」「心的幻想論」があります。
(いえいえ間違ってもここで「共同幻想論」の話なんかをする気はまったくありませんし、僕ヵ〜そんな本読んでませんから。←そこは団塊世代に任せます、)

勿論世代的に岸田秀の『唯幻論』なり派生部分における用語としての『共同幻想』は吉本氏の影響あっての話でしょう。
話でしょうがー、
彼の心理学における『共同幻想』は(そりゃここでも勿論吉本氏の論も当時のフロイド解釈なりの影響あるでしょうから)言わばフロイドの「超自我論の延長」と再解釈にあるのであって(言うならば超自我そのものが強迫心理である的な)、結果として心理学において『共同幻想』の方を使えば「超自我」なる用語は必要無くなる関係にあってですね。
ぶっちゃけ「こっちの方が便利だ」的な方角にあります。
(ここでも更に「勿論」言いますよ(笑、)
勿論異論は認めます。
俺にとって心理学は学問というより「強迫ロジック翻訳技法」であって、何やら学問的な探究に興味があるワケでは無いですから、そこ専攻でやっている人から「かくかくしかじかそれはおかしい」って異論はあって当然で、そこに対ししてのスタンスは「ほーそうですか、いいこと聞きました有難うございます」ってだけの話です。
そもそもが心理学云々サイドからは(使用される言葉は何であれ)「十分に翻訳機として精度保って機能してくれればいい」のであり、説明における学問的精度みたいなものは使う場所からして違うから(それは大学でアカデミックにやってください)。
心理学は「強迫心理の解明手段であればいい」ってスタンスです。

そこでワザワザこの話でエントリーが必要かどうかって論議あるとは思うのだけれど、
俺の解釈として岸田の『唯幻論』における『共同幻想』は「共同幻想論の着想部分を適当に解釈してつまみ食いし再展開した(便利に使わせてもらった)もので”そのものではない”」となります。

(言うならば「自己幻想」っスかここを俺は『単独者』の概念であれこれしているわけで、もうね吉本氏の云々かんぬんから全然違うくなってちゃってますから(笑、)

吉本隆明氏なる存在がそりゃ大変大きいものだっただろうという話に意義はありませんが、
どうなんでしょう。(彼は市井の人間的立場尊重の人ですが)批判するほど吉本氏を知りませんから特別意図のある話じゃありませんが、国家であるとか経済を絡めて(ここはマルクスの着想ですが)一種の総合文明論に行き付くってのは「考え過ぎ」ではなくって自然な事なんだと思います。
なんかあれこれ話し続けているうちに「あれれ」みたいに行き付いちゃうみたいな、

「ん、何か批判めいたことの話なのじゃ?」と思われるかもですが、
いえいえ、これがちょっと批判めいた話なんでございます(笑

これは俺の勝手な着想ですけども、
(心理学とやらも離れて)
「あれれ」みたいに行き付いちゃう話ってのは、話の内容はデカイんだけれども(自然であるからこそ)枝葉なんじゃないスかね。
(それを面白がる人はいるかもだけど)
ひょっとするとここ吉本氏にとっても「まーねこっから先はどうでもいい世間話なんだけどさ」みたいなとこもあったんじゃないかな〜
(経済学におけるミクロとマクロみたいなもんとは微妙に違うと思う。)


そんなワケで(こっから先はおもいきし自己正当化ですが)、
「便利に使わせてもらいますよ『共同幻想』(解釈全然違っても”別物”ですんで怒らないでください)」
(吉本氏とはあまりにも意外なところで接点もありまして何か書き残しておこうと思ったところです。)

吉本隆明氏のご冥福をお祈りいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

ついに来たか(巨人軍報道のアレです)

勿論『読売巨人軍』とは戦後の占領政策と(謀略も込みの)米国による日本の支配構造などもろもろ含んだ『昭和の幻想(亡霊)』を表す記号でもあります。
ここんところの評価は社会心理的分析として俺はずっと特異なぐらいに評価していて、こに原発ムラも被っているワケだからその意味は途方も無く大きいと思ってます。

巨人、6選手に契約金36億円 球界申し合わせ超過
http://www.asahi.com/national/update/0315/TKY201203140797.html


巨人が朝日に抗議書 「極めて問題多く」法的措置も示唆
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120315/bbl12031514550010-n1.htm


阪神球団社長「巨人は違反ではない」
http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120315/bbl12031517380015-n1.htm
契約金超過問題 加藤コミッショナー「現時点で措置なし」
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/03/15/kiji/K20120315002837350.html

(原子力ムラかと思いましたね(笑、)


この話は朝日がここんとこ内部的に相当あっちこっち行っている彷徨える状況の中ドーンと出てきた話ですが(郵便不正事件におけるフォロッピー前田報道とどこなく似てますね)、
それほど単純な構造では無いでしょう。
(この情報のリーク元が清武元巨人軍代表じゃないかとか、そう簡単な話では無いと思う、)
勿論内実はわかりませんが「朝日内部の状況」にポイントがあるでしょう。
(先日の小沢インタビュー報道もしかり、)

しかしこの話の前哨戦はやはりここであり、
(当時のエントリーがこちら)
いえいえTPPじゃありません
http://kagewari.seesaa.net/article/235358884.html


世間的には「たかが巨人軍報道で国政の権力構造全体がひっくり返る事は無い」と誰しもが思っているでしょうけれど、
政治と金?
『野球と金』だけの単純な話にはならんと思うよこれ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

『フリーエコノミー』入口論

何度もこの現代経済学の概念を組み立てて考えてみようと挑戦しているのですが、「さっぱりわからない」状態からなかなか抜け出せないのでありますw
かといっていつまでも放置続けるのも悔しいですから「わかってきたことから考えてみよう」と思います。
一種のメモですね、

推定1『フリーエコノミー論』と『労働のフリー化』にはリンクがある

確実な事2『フリーエコノミー経済』はGDPにカウントされない

確実な事3「フリーエコノミーの概念はインターネットと依存関係にある」

推定3「報道メディアのフリーエコノミーはウイキィリークスだがこの部分は民主主義などの政治経済と強くリンクしている、中東ジャスミン革命やウォール街デモはフリーエコノミーアプローチだ。」

推定4『フリーエコノミー経済』は『グローバル経済』と対立概念の関係性になる

推定5「フリーエコノミー下でどうやってしのぐか(所得)?どうやら答えは広告では”無い”」

確実な事6「フリーエコノミーにはコンテンツとしての実存性が求められる(ブランディングは馴染まない)」


推定7「すっかり経済学みたいな話になってますが(なんつっても話の出所が経済学だったので)『フリーエコノミー論』って経済学では無いのかも?」

推定8「政治経済やっている人にとって『フリーエコノミー論』と『ベーシックインカム政策』は組み合わされる事が多いかも(いやぁ違うかもでここは微妙)」


なんかつらつら〜っと見ていくと、最後あたり「推定7」が前段を網羅しているようなしていないような。。。
一つ重要な鍵は「推定4」のところの、
『フリーエコノミー経済』は『グローバル経済』と対立概念の関係性になる
 ↑
ここじゃないのかね。
前述の「推定4」が何故成立するのかと言えば「確実な事3」にあるように、フリーエコノミーの概念がインターネットと依存関係にあるので、所謂国際的な経済格差などを前提に成立しているクローバル経済と質的に相反するワケで、情報に格差が無いとかの部分とインターネットに覇権主義(クローバリズム)も何もね〜、

フリーエコノミーってガチで違法とされているファイル交換ソフト(通信)みたいな色彩があるのかもしれない←のだとしたら?
(経済論ではなくって)既成概念である経済秩序に対する『アンチテーゼ』そのものなんだろうか。
社会現象的意味の反抗現象のような、

どーもまだまだイマイチよくわからんな。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 23:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月02日

PCが全く売れないばかりかスマートフォンのコンテンツも燃料切れか

巷ではipad3がどうなのとか”あたかもそれが話題であるかのような話”が出てますが(既に株式市場の感度も時代遅れなんでしょう)、んなものあっという間に賞味期限切れるでしょう。
それを予感させる話を三本ほど、
(そしてここには『フリーエコノミー論』も大きく関わります)

スマートフォン時代に追いつけなかったかわいそうなエルピーダメモリ
http://blogos.com/article/32993/


音楽配信はすでにピークアウト。曲がり角にさしかかったケータイコンテンツ産業の明日はどっちだ
http://diamond.jp/articles/-/16250


音楽業界の市場変化
http://itomasahiro.arrow.jp/?p=40


この話を更に読み解く上で「話の前提」として、
それでもなんと日本の音楽市場が世界一であること(北米市場は急速に安価なデジタル配信にシフトして日本はまだまだCD販売が強い)、直前の「音楽業界の市場変化」のDATAにあるように『ライブの動員数が増加』していること(この背景には更にCD売上が減っているため各ミュージシャンが”しのぎ”のためにライブ・コンサートに活路を求めている背景もあるでしょう)、
この辺の時代のせめぎ合い(あたかも日本が時代に遅れるあまり世界一の音楽市場となっている事がエルピダ倒産に重なっている)→『相克の図』をよく現しています。

そして(DRMフリーの音楽配信へデジタルがシフトしていく過程は)いかに著作権協会のJAZZ喫茶潰しがバカみたいな話だったのかを突き付けているのであり、
同時に『フリーエコノミーを呑み込めないものは消え去るのみ』という難題と本質(現在経済学においてフリーエコノミー理論なんてものは”お手上げ状態”)を突き付けているだけでなく、

「ipad3が出たところで所詮ハードの話でしょ」なんであって、

現在の需要って世界においては、ハード論は急速に落ちているのであって(だからPCが頭打ちなんだから)、スマホに行ったがいいが「実際ゲームやら音楽配信やらザックリと何ができるかって周知されて頭打ちになってきたか」な側面があるのであって、同時にスマホなりタブレットPCの拡大背景には、
「PC使い的には素人でフリーソフトなどの利用経験が無かった階層が、いきなり”アンドロイドマーケット”で『フリーエコノミー』に触れた衝撃(PC使い的には当たり前の事なんですが)」っつーのがこの拡大に一役買っているのであって、
(だから音楽なりのコンテンツもDRMフリー化無しに今後の拡大は見込めない。←この辺怠るとハードまで売れなくなる。)

考えてみれば『抽象概念としての”コンテンツ”』ってものは何かって話なのじゃないか。
■「コンテンツ:内容や中身とかを表す概念」
(勿論ハードの意味も”コンテンツ”に対する再生可能な機能で捉える方がわかりやすい。←現有機種で再生可能なのであれば新機種は必要無い。→転じて高画質や高品質音源が無料化すると高い機能のハードの需要が生まれる。)

音楽に関してはね、「レコード会社(メジャーレーベル)とミュージシャンなりアイドルタレントなどの組み合わせ」があたかも専業の稼業であるかの構造はとっくに壊れているワケ、
(根っこからフリーエコノミー化が始まっている)
ここね『PCソフトにおけるフリーソフトとパッケージ(CDなりDVD売り)ソフトの関係』で見れば誰にでもわかる話。
PCソフトを利用する時に「え、有料の?」次に「なんでパッケージ版を?」とこれはむしろ前者になるほど下手すっと”非常識”を意味しているのであって、、、

この辺の分析が経済学者やら街場のエコノミストやら市場関係者など(勿論俺も)、
「全然わかってない」。

■経済の原理原則思いだすならばだよ、
→続きを読む

posted by kagewari at 20:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0