2011年09月27日

ある意味あっぱれな判決でしたね

事前にフリージャーナリスト界隈でも「有罪もある(全員無罪は無理かも)」な観測?が出ていたってことは「どこかにそんな噂が流れていたのじゃないか」とさえ思いますが(或いは裁判長の噂か)、判決直前の岩上氏の武田教授交えた反原発デモ不当逮捕問題インタビューが『予告編』みたいな結果となりました。
http://www.ustream.tv/recorded/17389625
http://www.ustream.tv/recorded/17390347

(かなり長い動画です)

思うに法務省というか検察首脳も困っているでしょう。
「いくらなんでもそれはやり過ぎ」だと、、
有罪取った方が正直困っている状態になると思います。
まさかこのままスーっといっちゃうワケが無いし、高裁では証人の一部が(証人にとっても”なんとなく無罪かな”な観測あったでしょうから)更に証言を覆すかもしれません。
実際小沢氏の裁判以降に『石川録音』が公開される可能性もある。
そこまでいっちゃうと裁判所と検察の関係を更に分ける方向で更なる司法改革って話になりかねない。
(法務省・検察の本音は「嫌疑はあるが証拠不十分につき無罪」という両者の顔を立てた判決が期待されていたと思う。)

何がキッカケで”民主化政治犯”のような逆転も起こりかねない昨今、こういうミエミエの判決を出しては有罪出した側のリスクはとてつもなく高くなってしまう。
(謀略説やら国策捜査やらの話を”まゆつば”とたかくくっていた人達にとっても、ほんとにそうなのか的に洒落にならない認知が拡大するかと思います。)

どうしてこうなっちゃったのか?の背景というか、
裁判所の信条はズバリこれでしょう。
執行猶予付き禁固判決の意味
http://news.livedoor.com/article/detail/5889491/

(自民系反小沢のコメントだけにかえってわかりやすい)
裁判長の意図は「執行猶予=実質無罪ということで控訴とかしない方が得だよ(条文は全部検察の主張認めちゃうけど実刑無しだから)」なんでしょう、
しかしこの判決で小沢氏の秘書3人が控訴しないワケがないでしょうに。
(裁判所が控訴審までの後2年小沢氏をパージすれば民主党政権における小沢首相の目は無くなるとそこまで読んでいるとは思えませんが、本気でそんな事考えているのだとしたらヤバ過ぎでしょう、)

これはとんでもないブーメランになる可能性がある。
肝心な事を忘れている、
「小沢氏は決して首相をやりたいワケでは無い」ことだ。
(彼の政治目標はある意味首相となる事より更に上位の”日本に民主主義を確立すること”なのだから)
ここ数年はせっかく党首として政権交代を成し遂げるとことまで民主党を育てたのに「これはマズイ」と党首選に打って出てはいるけれども、鳩山政権が潰された時あっさり幹事長からも身を引いたようにポストに連綿とするような人では無い。
(若干「後先考えない悪い癖」があるぐらいだ)
霞が関の方がこれを異様に警戒し(それこそ小沢神話で)強引な小沢パージに出ている現在これは逆効果でしょう。
小沢グループの中では怒り通り越して『これは戦争なんだな』認識が拡大する、

ここで『トンデモ話』をひとつ
→続きを読む

posted by kagewari at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0