2011年09月01日

随分と面白いことになってきました

勿論民主代表選の話です。
ちょっと意外だったのは小沢・鳩山擁立となった海江田氏が”意外と”伸びなかったことですね。
(NHKの大誤報には笑いましたが)
小沢・鳩山グループが負けに行ったとも思えないので決選投票無しの海江田氏の勝利もあるかと思っていましたが想像以上に票が伸びていなかった。
(海江田氏個人の評価は別にしての話です)
思えば来年9月が本戦と、前原氏が当初立候補の意思を示さなかったのと似たところあるのかもしれませんが(前原氏の場合には立候補できない事情があるんでしょうけどね)、それほど猛烈な票固めには入っていない事情があったようですね。
(それがあればマスメディアは大喜びして「小沢グループが何をした」とかで大騒ぎしていたでしょうから)

ほとんど報道されていなかったので案外知らない人いるかもなのですが、今回の選挙では投票資格の無い議員が結構多かったのです。
小沢氏本人を代表に、ここまでの菅政権倒閣であれこれ動いたものだから党の処分で10人余りが投票資格停止中なんです。
これ馬鹿にならない数どころか相当多い数ですよ。
(仙谷氏や岡田幹事長辺りが菅辞任への動きに焦っていたり、党首選の期間も短かったりとこの辺も関係しているでしょうから。資格停止処分3ヶ月の人とか解除される可能性もあったワケで。)

そして自由報道協会記者会見で小沢氏が発言した「菅さん以外なら誰でも(ってスケールなぐらい菅政権は問題)」なるコメントです。
今思えばこの時から小沢氏は菅政権の倒閣は重要だが小沢グループ主導の政権でなければという思惑はそれほど強くなかった。
(普通に直接話が出来る細野氏が原発担当なのでトップが変わればこれまで心配していた原発対応への心配も相当以上に解消するのだし、)

それ以上に大きかったので『不信任案作戦』によって、小沢グループはいつでも首相を総辞職に追い込めるカードを示すことに成功しているって部分でしょう。
(だから全候補が小沢氏に”小沢グループパージのシフトを敷かない”事を説明にいった)
自民の連携も何も、仮に解散総選挙の可能性がある『不信任案』に自民は反対しようがない。
これは後から報道で知りましたが、野田氏の演説における「輿石幹事長ですよ」の予言、
 ↑
これはデカイですね、
(そんな事情があったとは全く知りませんでした。)
(当初朝日の誤報として噂になった小沢氏野田氏支持って情報は”アレ”だったのかも)

勝負は決選投票前に決まっていた事になります。
(つまり「菅以外なら誰でもいい」が実現していた)
■今回の代表選で最も重要なポイントは二番手争いで前原が勝つか野田かってところ。
ここで野田勝利となった事で、後はどうでもいいというか自由投票に近い結果となったって事です。
(鹿野氏のグループが特にビビることなく自由に野田に乗る事できたのも”好きにしてもいいよ”的な雰囲気感じての事でしょう。後が怖いとなると選択は棄権が多くなるとか慎重になったに違いない。)

謀略ほどの動きがあったかどうか知りません。
ですが「前原には勝たせるな(二番手は野田)」こういう援護はなにがしかの形であったのじゃなかろうか。
(前原氏と違い野田氏が本当の清和会並の右派だって部分は根本的に仙谷氏主流と相容れない部分あるのでしょうかね、内部の事まではわかりませんが、)
 ↓
であれば、鹿野氏のグループが嬉しそうに(なにも躊躇することなく)野田氏に投票した事も説明つきます。
(国対委員長になった平野氏の”はしゃぎっぷり”の説明もつく)

実際のところまだまだ閣僚名簿の発表前なのではっきりしない部分も残りますが、このシナリオは相当に面白い方向の始まりなのかもしれない。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0