2011年08月22日

全く勘が悪いというか、

所謂小沢や原発事故関連では活躍した自由報道協会系のフリージャーナリストも『フジTVへのデモ』取材に対する取り組みというか受け取り方の鈍さに閉口してしまう。
「ここだろう」って思うんですがね、
デモの主体がネット世論における”右翼だろう”だとか”人種偏見ではないか”のように見立てて消極的なんだろうけれど勘が悪いと言うのかピントがずれているというのか、「ったくもう」と思わざるを得んところです。

小沢デモ関係の経験ある人なら「何故報道されない外国の○○デモより数多いぞ」とか、十分経験済みなワケだが、小沢デモとか三井環さんのデモってのはまだまだコアな少数で、阪神時代の野村パージの頃から「マスメディアと政治と(背後にTV新聞コンテンツ)おかしいどころじゃない」と思っていた長い歴史を暮している人間からするとね(そんだけ歳食ってるしだからライブドア事件の時にも尋常無い事だと思った)、TBSの亀田の問題もそうだったけれど、『全ては繋がっていて』その都度「その分野のシマ」では相当数がこらおかしいってか”又やったのか”と思ったものだが、
■今回初めて(とっかかりは何でもいいのよ先方はそれこそ”総合的”にやらかしているんだから)「特定マスメディア対世論」の構造でデモが発生した。

デモのその後を追跡してみると意義というか「最も重要なところ」は、
大変の数の人達が『マスメディア全社が都合の悪い事は報道すらしない』事を実体験で知ったところにある。

マスメディアがなんだかんだと力を持っているのは一種の幻想であって、
(エジプトとかでデモによって国が飛んだ背景には国民に以前からマスメディアに対する強い不信があったから)
日本はある意味「上手くやってきた」ワケ、
幻想バレせずに上手い事やってきた。
偏向報道続けても安全圏にいられた、
今回かなりの数の人達がマジに実体験として「なにこれ」(ネタバレ)感相当強く持ったと思う。
経済のテイクオフと一緒で、一つの認知が社会心理としてターンオーバーというか隠蔽できない”閾値(しきいち)”超える線ってある筈で、
超えたかどうだか知らないが、危険水域までそれが相当上昇したのは間違い無い。

それは大変なニュースなワケだよ。
(デモの理由がどうだとか怒っている人の主張が何だからとかじゃないのだよ。それこそTBSの時はボクシングだったけれど「あの話の本質はボクシングだから」って話じゃなかった。)
今回批判されている背景には、マスメディアが抱えるヤバイ構造が連なっているのであって、前回のエントリーでも書いたように「最大の皮肉はマスメディアにおいて右翼系保守を確信犯的に自認しているフジ産経グループが右翼系のデモにあっている事」にある。
事の本質は『何かおかしいぞこれ』なんだから、現象としても”どうなってるんだ”かのようにおかしな様子が見えてこそ「本質的問題が炙り出されている」ってなるでしょう。

ここ気が付かないかな〜「自由報道協会」
(辻元の記者会見やってる場合じゃ無いっての)

冷静に考えればね、確かに今度のデモには所謂ネット右翼的論旨の参加も多かったかも知れないし嫌韓的スローガンがあったかもしんない、でもね本質はちゃんと見てますよ(2chでこれだけ炎上中の話がバカな話なワケが無いのであって)『これは公正な放送では無いし放送法から言ってもおかしい』って冷静な論旨があるのであって、
「儲けるために何をしようが自由だが、放送法って枠内で既得権のある私企業が勝手やってもいいって話ではないよ」って、ここさプロパガンダどころか報道の自由やら公共放送やら民主主義のファンダメンタルじゃないの、
(勿論先進国のマスメディアには各国お国柄の偏向あるだろうけれどそういう意味じゃ無い)
そして冷静な論旨自体がだね少々無理筋であってもだ、
更にその奥底の本質は「インチキやって人騙しているじゃないか」というシンプルな(そして放送局の存在意義を揺るがしかねない)問題意識に発現している。

■その本丸に「マスメディアVS世論」の形で(先進国において)ガチで対立する構図が出ちゃったって、そこが画期的なんだってのに。
(それがマスメディア問題の”本丸”でなくとも突破口としてこれだけの事件はそうそう無いよ)

下手すっと政府に対する政治的デモより意義は大きい。
(言うならば戦後日本の国体に対する市民世論の挑戦でもある、)
芋ずる式に→「ってことはそれ以外の何から何まで怪しいぞこれ」と波及するワケだから。

メジャーどころのフリージャーナリストさ、
「ちょっと誰か気が付けよと」(笑
頼むよひとつ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

いろんなところが『小康状態』です

国際政治もそうですし(英国と中国の言い争いがちょっと面白いぐらいで)、
国内政治もそうでしょう。
経済飛びそうな状況も小康状態、

国内政治においては小沢氏の党員資格停止と来年の任期切れ党首選があるため「菅首相辞任による党首選がまったく盛り上がらない」状況になってます。
ほとんどニュースバリューにすらなって無いのじゃないでしょうか、
(それこそ小沢氏以外で本格派の候補がいないって話は前原氏ではなくって、「仙谷・岡田」両氏の立候補が無いからで、この人達にはほんと困ったものです。)

そんな中意外なところで(こっちはほとんどニュースになってませんが)小康状態ならぬ「大きく舵が切られている様子」です。

えーネタ元は時々引用している民主党インサイダーの方のブログで
http://latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-458.html
重要なところを(ちょっと長めに)引用しますと、
お〜ズルさんと・・
悪魔さんがその地位を追われたことは皆さんご存知のことでしょう。

一足早くその地位を追われた
この大罪の首謀者。
サイドストーリー吉田さんは・・
いまは・・
エリートとして通いつめた検察庁のすぐ隣の建物にある
法務総合研究所・・と言うところで
新聞切り抜いて
スクラップブック作りに精出す毎日・・

お〜ズルさんは左遷を拒否し、
早期退職の道を選んだのは知られているとおりです。

ガサのお〜ズル・・とも呼ばれ
捜査のしつこさで知られるこのかた。
「功労者のオレを左遷? ふざけるな! こんなとこコッチからおさらばしてやる!」
まだ・・
ご自身の市場価値・・と言うものを
正確に把握なさっていなかったようです。 (笑)
最も樋渡い人を頼って、
そのかたが天下った、
ギーポンロクにある巨大弁護士ファームへの再就職を目論みましたが・・
「ウチには元検事総長いるからねぇ・・。 アナタに来てもらっても・・やってもらう仕事ないね」
けんもほろろの門前払い。 (笑)
別の先輩を頼って・・
これまた赤坂にある大手事務所へ履歴書もって行きましたが・・
屈辱的な報酬を提示され・・
席を蹴ってしまいました。

お〜ズルさんの惨状を目の当たりにして
ビビって左遷を受け入れたのがこのかた。
東京地検特捜部長から大津地検検事正へと栄転・・
と、ここまでは順調だったのですが・・
マトモなかたが検事総長になってから、
このかたの人生は暗転し始めました。
この8月から
国連アジア極東犯罪防止研修所
通称 アジ研と呼ばれる都内近郊の施設の所長として
冤罪を防止するため・・
刑事捜査の問題点について研究させられるそうです。 (笑)
まあ知的な拷問のような日々ですね。

最近特捜に裁判所が怒っているって話は定説化していましたが、
検察そのものが(何やってくれたんだ的に)かなり怒っているようです。
(ここ現場からとか法務省キャリア側とかの区別なく)
巷には勿論そういう情報拡散していますから、この辺は小康状態どころか裁判より先行している趣があります。
(いっそのことグルになって世論動かしてきたマスメディアの顧問におさまれば?とも思います。そしてこの動きは「東電OL殺人事件」の再審にも関係しているのかもしれない。)

つまり、
■官僚サイド内部においても「このままだとまずいだろう」的認知がこちらが想像する以上に拡大している。外務省しかり、法務省しかり、経産省しかり(残りは財務省ですか)、
動向見ていると、昭和のように『改革派』のような存在ではなくて内部告発的に「個々の問題意識が相当高い」と見てます。
(「このままじゃ昭和の軍国時代と状況と何も変わっていない」的危機意識といいますか)
そこに政治家がうまいことハマればいんですが、
→続きを読む

posted by kagewari at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

フジTV騒動から見えてくる全然違う話

ネットの巷で大きな話題となっているのがフジTVの韓流傾斜の話題ですが(フィギア報道含めてこれまでの経緯含めて見ていくと)、右翼的ネット世論のフジTVに対する激しい批判など門外漢の人には何のことやらよくわからない状況あるかと思うので整理しておきましょう。
参考までに問題を取り上げているブログをあげておくとこちらなど他多数
ネット上のフジテレビ批判をマスメディアがまったく報道できない理由
http://news.livedoor.com/article/detail/5757765/



注)今回の話はフジTV関係者や電通などが具体的になんであるとかの話では無くって、法人人格の成り立ちっていうか法人の立ち位置の話ですから誰か個人や団体を批判する意味合いは全くありません。心理学的に言えば帰属論(アイデェンティファイ論)です。

話は戻って、この話題は各ブログで詳しい論説も多いので(特にインサイダーよりの人の業界的解説など)話題そのものに関してはそちらにお任せするとして、そこから見える全然違う話をしてみようと思う。

ご存知のようにフジ○経グループは社をあげて『反小沢』です、
この場合右翼的報道スタンスで有名なフジ○経グループの事だから、ネットの風評にあるように小沢氏が韓国よりであるとか小沢氏の中国寄りが目立つであるとかまーそういう方向で右翼的スタンスのフジ○経グループがバッシングしていると思う向きもあったでしょう。
ですから、そう思っていた人から見れば今回の話は矛盾しちゃってよく意味がわからない場合も珍しくないでしょう。
右翼的ネット世論はフジTVの韓流傾斜に激怒しているワケだが「あれれ?」みたいな。

ここで日本の保守系社会を説明していくとですね、
戦後日本はGHQとの取引もあって旧軍国主義的保守層を残しています。政治の場面で言えば勿論安倍派(岸・福田・小泉派)である清和会です。
(清和会は創生がある意味GHQ関連組織だった東京地検の捜査対象にならない派閥)
(ちなみにフジと違って日本TVはナベツネ氏もいる関係で中曽根系となるのかもですが)
フジ○経は清和会的な右寄り社会に帰属していて、
安倍派が韓国保守層と独特の関係を継続しているのも『旧軍部以来』のものと考えれば違和感無いですし、この場合の保守層の認知は「朝鮮半島併合により日本と朝鮮半島は同じ国である」というような安全保障的認識があるんですよ。
(別にそういう意味では無いのですが、話をわかりやすくしてしまうと「極論韓国軍部は日本軍部と同一のものである」。→更に一部右翼系評論家には北朝鮮のバックグラウンドには旧日本軍部の特務機関である明石機関が関与し「北朝鮮の核は米国を狙う旧日本陸軍の弾頭である」という論者もいるぐらいです。金正日日本人説など、)
→続きを読む

posted by kagewari at 22:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

これは驚いた

中国が安全保障的に世界全体のリスクになると随分前から書いているのだけれど(これ脅威論じゃなくて経済の破綻の内戦リスクの話)、今回の鉄道事故関係でネット世論に耐えられなくなり政策転向するなどあわてふためく様で明らかになったように中国の共産党支配は「今いっぱいいっぱい」である。
軍拡でさえ経済成長のパイを人民解放軍に分配するのが主な目的で(日本の戦前軍拡にもこういった官僚サイドの予算争いがあったのだけれど)、北京政府に軍事的な野心があるのではない(むしろ軍部を統制できない状態であることの方が問題)。

そんな中ニュースサイトの情報に「ええ、、」ってのがあり、
ソースを追っかけてみたらこれ。
 ↓
<中国高速鉄道事故>「死者は35人どころではない」 中国政府、情報操作体質あらわに
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/07/html/d31775.html

一部引用すると
事故後、「35人は訳あり数字だ」と書き込むユーザーがいた。「今回の高速鉄道は35人死亡。河南省平頂山の炭鉱事故も35人死亡。重慶市の暴雨による死者も35人。雲南省の暴雨被害も死者35人。『35』のカラクリを教えよう。実は、死者36人以上の事故が起きた場合、市の共産党委員会の書記が更迭されることになっている。そのため、事故が起きた当初から死亡人数は35人以下と決まっていた」

で、そのソースがこちら
35人:中国人禍死亡上限
http://www.12371.gov.cn/Item/102863.aspx


「あながち無い話じゃないなこれ、、」
問題はより深刻なワケだ。
小沢あたりが北京政府にどういう形であれ民主主義に舵切らないと大変なことになると忠告してきたのにはこういう側面があって、事実が少なくとも一次情報の部分で信用できないとなると、ここはいくらでも拡大して「おひれはひれが付く余地が増える」のであってね、そこに今回のようなネット世論が被ると何がキッカケで暴動が起きるか予測できないのであって、その全てをなんとか抑えこめているのは(今回は賠償額の倍増と責任者の処罰を確約する事で暴発を抑え込んだ)ひとえに『経済の拡大あってこそ』な状況。
ですから経済がバブルの破綻をきっかけにえらいことになると=中国の政治的安定から何から全てが不安定要因となる。
地域格差のように現状をこころよく思っていない地方軍部が蜂起する可能性も捨てきれず(或いは先日の尖閣諸島のように北京政府の知らないところで妙に突出することもあるだろう)、これは困るんだよ、ホント。
中国で仮に事が起きれば安全保障的に日本だけでなく東南アジアから中東(中国にもウイグル自治区問題などモスリム弾圧的内政問題がある)まで拡大する可能性がある。
勿論ロシアもそれは困るだろうし(ロシア自体経済の不安定さは変わらずなんだが)、米国には「それに対処できる国力が既に無い」ときている。

おいおい大丈夫なんだろうか、、

素朴にそう思う。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0