2011年06月06日

さて『政局』です

住まいの心理学で軽く触れてきましたが政局が宴もたけなわとなっております。
大手マスメディア報道では『被災者の事を思えば今権力闘争で云々』など馬鹿の一つ覚えみたいなピント外れな事を言っている解説がありますが、
今危機だからこそ命がけの権力闘争をやってもらわないと困るんです。
それが仮にできないなら緊急時我が国には時の政権を打倒するような政治のパフォーマンスが無い事になり=軍事クーデターしかその方法が無くなるのであって、馬鹿も休み休み言えと言う話です。
事実今回の倒閣は小学生への20mシーベルト問題や”安全デマ”に代表される「菅政権は被災者を被曝から守る気が無いとしか思えない」ところから始まっているのであって、
同時に現在官邸には「名前も所属も明らかにできない米国人(ミスタージョンとでも言えばいいんスか)」があれやこれやと指示出している始末で(これは統合会見で細野が認めている)、『あのどちらのお国の政府でしょうか』な状況が到底甘受できないレベルに達している。

「それほど民主党というのは無責任なのか」という批判はあたりません。
何故なら最大勢力である小沢グループをパージしているのは米国日本支店であり出先の地検特捜とマスメディアであり、口ぽっかんで報道を鵜呑みにする”マスメディアに都合のよい曖昧に捏造されている世論”なのであって、重鎮として小沢が機能しない民主党がこうなっちゃうのは「元から骨抜きにされている」のですから民主党だけの責任とは言えんでしょう。
(国会議員や政治そのものを批判する前に先日の代表選で菅を圧倒的に選んだ地方票とやらを批判してください。)

さて、今回の政局を見るにはいくつかの視点が必要になるでしょう。
【1】米国サイド
ここの権力構造(権力闘争)も複雑怪奇で、官僚や国防族などが中心となるGHQ代理機関的日本支店(全体で似非シンクタンクとなる)所謂被占領国たる日本総督事務局ですな、
この日本支店が米国内でも信頼失いつつあります。

一見意味不明に思えるかもなので、先日のビンラディン殺害やパレスチナ和平構想で説明しましょう。
ホワイトハウスであるとか所謂ワシントンは忙しいワケで(伝統的に米国は国内内政中心国家です)、外交的政治オプションのお膳立て(選択肢のレベルまでいってからホワイトハウスに上がる)はCIAなり軍なりの情報部や外郭のシンクタンクで詰められます。

で、先日「ビンラディン殺害でもパキスタンは喜んで米国についてくる」という分析で作戦行動の命令だしたところパキスタンは激怒し米国との関係を大幅に見直す方向にあります。
(反動で休息に中国に接近)
パレスチナ和平で言えばオバマは「オバマ大統領、中東和平を「1967年以前の境界線を基に画定すべき」と演説しましたが(イスラエルを押し切れと支店が分析したんでしょうが)、イスラエルの猛烈な反発を招きたった一日で、
「米大統領米イスラエル広報委員会年次会議で演説イスラエル・パレスチナ国境を1967年以前の境界を基本との構想について”イスラエルの入植地と安全を考慮しイスラエルとパレスチナが交渉し異なる境界を定めればよい”。」
っと、しゅーんとしぼむワケであります。

つまり沖縄基地問題何とやらも正直言って「ホワイトハウスはよくわからない」レベルで事務局同士の鍔迫り合いみたいな形なんですが、この日本支店事務局が前述引用の他の支店同様”無能”なのじゃやないかと思われだしてます。
※沖縄基地問題にしろ小沢パージにしろ

その証明がコレ
 ↓
【社説】小沢主導の政界再編への期待
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_245295

(沖縄基地問題に関しては米国議会が公然と「無理なんじゃネ」と言いだしてます。勿論軍は反対でしょうが、)
WSJは先日も小沢の単独インタヴューを掲載するなどここのところ動きが大きく、これは米国の”本国サイド”的に「もうーねイラクから始まっている事だけれども、エジプトからアフガンからパキスタンからパレスチナ和平構想から”支店”のお膳立てがダメダメじゃん」という半分米国日本支店批判の一面があるのだろうと思います。

(日本以上に米国の政治的能力は大幅に後退している→つまり混乱している。)

ある意味米国日本支店を親方日の丸にバンバン鉄砲撃ってきた日本のマスメディアも「いつ親方の更に親方からバカですかお前」と逆パージされかねない状況で(かといってホワイトハウスは国内政治に忙しい上に現地まで行く手足が無いのですから言っても「大丈夫かオイ」ぐらいでしょうが)、
ビビり出したのか、菅政権援護一点ばりだったマスメデァイでも特に朝日・NHKあたりの政治部が変節始めてます。

こういうグダグダもいつまでも続かないでしょう。

(補足しておくと小沢氏の”陸山会事件”裁判の秘書公判からしてすっかり検察の雲行き怪しい状態。)


【2】自民党サイド
自民党の衰退は著しくて、今回の不信任案にしても事実上謀略的司令塔無き「都合よくそこだけ小沢頼みの勢いだけの提出」となってます。
いちおうね、精一杯謀略的に動いた部分を評価すれば、「不信任案で小沢をおびき出して民主党から離党ないし除名させて残った仙谷中心民主と大連立」なるアイデアがあったのは認めますが、政治の筋論として自分が出した不信任案に賛成した勢力との協力を否定して不信任案に反対した勢力とくっつくってあなたね(笑
数字上は可能ですが、筋が通らなさ杉でしょう。いくらなんでも、
(しかも仮にその時の民主代表が前原氏だったらついこないだ外国人献金で批判してクビ取った人ですよ、これをどう説明すんの。)
『そんなもん夢でしかない』レベルの妄想でおおよそ謀略とは言えない。

しかも仙谷氏としても、これは子飼いの若手(前原だの枝野だの)で政権をという動機に基づくもので、急速に自民党化したところでこの勢力を温存するためには総選挙の前に自民と合併しない事には(勢力として)議席の維持ができない。
(議員レベルでは民主党最大勢力は小沢グループなので小沢を離党させた場合、残りの民主党勢力だけでは自民党に拮抗できないばかりか次の選挙で大負けしてしまう。)
議員の勢力を残すためには自民との合併ができなくても”少なくとも選挙区調整”は必要になる。
んなもん(大量の落選者をかかえている)自民党にできますかいな。
(自民党に仮にそういう選挙区調整できる剛腕がいて仙谷がその人物と話つけてないとこの謀略は絵に描いた餅でしかない。)

この場合の大連立話は「単純に選挙管理内閣として政治空白をうむだけ」となります。
(ついでに言えば解散後どこの政党も過半数が取れない。)

ある意味自民が謀略的に動くのだとしたら、
「小沢グループに次の総選挙まで限定でマニュフェストの実現延期を提案して、ガチガチの政策協力(自由党の時と同じなので小沢グループの要求は激しい)を行って河野太郎首相などのウルトラCで連立政権を樹立する」
※つまり今度の震災対策後に解散となる時に小沢グループは09マニュフェスト公約を最優先し旧民主党との政策協力へシフト(自民との連立は選挙協力などに及ばない→解散後は敵になる)することを前提とする。

こういう話でなくっちゃ。
(ついでに言えば選挙協力はしないが、小沢にとって邪魔な存在の旧民主党選挙区に自民が大物候補を立てて間接援護などあれば更に高度な政治判断でしょう。)

のようなね(笑
思考がまったくできなかった(というか今の自民は誰が首脳部(政党の自意識)だか不明なほど党として液状化しているから)。
結果『空振りの不信任案(二度出せない)カード』をみすみす切ってしまった。
 ↓
これ下段の民主サイドの分析で中村議員のインタビュー参照なのですが、
自民サイドには菅辞職の情報入っていたという。
しかも鳩山の動きで民主小沢グループも賛成せず不信任案否決もわかっていたらしく、
だとしたらだよ?出す方が馬鹿じゃん。
(温存しておけば菅がワケわからない対応した時に出し直せばいんだから、)
→続きを読む

posted by kagewari at 02:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0