2011年05月18日

『民主主義だったのだろうか』

ものは考えようで、これまで知られてきた”民主主義”は『民主主義だったのだろうか』。
衆愚政治であるとかポピュリズムの誤訳であるとかの何やら原理主義的話をしようってのではなくって、現実に政治の舞台でこれを制度として行う場合「なにがしかの制限を現実」として受け入れてきた。
『選挙制度』でああるとか『選挙権』であるとか『報道』であるとか『公職選挙法』であるとか『民度の問題』であるとか『流れができちゃう部分』や『政党政治』などなど、

随分昔いつのことだったか、ネット社会と民主主義の話を書いた時に「今後は国家民主主義が壊れるのではないか」的な話をしたと思う。原理は簡単で支持を集めるとか情報や政策を発信する上において”国外から”という可能性が大幅に拡大するからだ。
(そりゃ戦争の歴史においても”亡命政権”ってのはあったけれど内容は別物だから)
仮に支持を集めようと選挙活動を考える場合でも「海外のパワーブロガー」であるとかに訴えかけるも何もどこの国にお住まいですかな状況になるワケで→小選挙区→中選挙区→比例代表→全国区→グローバル域→インターネット社会へと、エリアがボーダレスになってしまうわけで、今後の世界は国家単位での民主主義はどうやって運営していくのみたいな話。

そんな話を考えていた当時に加えて現代社会には「500万以上のフォロワーを従えるツィッタアカウント」みたいなSNSも加わった(こちらの方が集票効果的イメージそのままだし)、
中東の政変にツイッターやフェースブックが大きな役割を果たした背景には、SNSにおける”口コミ報道性と拡散性”や”非拘束組織性””無料であること”など極めて『政治的なインフラ』的組成を高めてきた結果だろう。

そこにウィキリークスが加わった。
ネット社会到来によって選挙が変わるとかそういう矮小なレベルの話ではない(ネットを通じた選挙活動であるとか電子投票などにはたいした意味は無いと思う)、
■『民主主義のインフラそもものが変質した』という事なのだろう。
大きなトレンドとして底流に流れる『共同幻想崩壊過程』において、中間的にSNSがこれを補完し(仮想集合知)あたかも”クラウド”のような社会階層を解放系(オープンショップ)で実現している。
つまり大票田とも呼ばれた封建以来の各共同幻想分野(業界や団体やマスコミ的常識や流行や社会適応標語など)ゲゼルシャフト(地縁血縁ベースのゲマインシャフトが崩壊し近代以降利益合理性(やインセンティブ論により)再編成された社会構造)が『フリーエコノミー化した』わけだ。
ゲゼルシャフトの合理性というかそのコアは「社会と個人の財務・経済的内容」なワケで、
これが一気にフリー化すれば根底から瓦解するのは説明の必要も無い。

世界がドラスティックに変化するのであれば(エジプト的ハードランディング)それは一気に発端となったSNSまで巻き込んで自己崩壊し「単独者による民主主義」を模索されていくことになるだろうけれど(SNSは概念から単なるシステムに再還元)、それこそエジプトじゃないがハードランディングは「壊したがいいが新政権をどうしたものか途方に暮れる」のも事実であって、その”繋ぎ”的に「メディアとしてのブログやSNS」なる領域が(世界に流通するテキスト総容量比において)『暫定基準化』しているのだと思う。
※そもそもSNSも多数のフォロワーを従えたアカウントだけが極端に力を発揮するなど(そもそも個体評価では無くその集合性が力を拡大する)、単独者的世界から乖離する部分も多々ある。
→続きを読む

posted by kagewari at 20:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

河野太郎首相でどうだろう

今ある選択肢はこれがベストだと思う。
河野太郎首相に尽きる、
勿論河野氏は自民党内部で主流派と言えない立場にあるが、彼は09年の自由民主党総裁選に出馬しており(野党の党首選であったので本当に二世代揃って野党時代の総裁として河野の目もあったと思う)、首相に名乗りを挙げる度胸もある。
果たして彼が自民総裁を経ずに首相になるようなウルトラCに踏み出すのかさっぱりわからないが、この際手段はどうでもいい。
今ある選択肢の中で日本の首相としてベストな選択は彼しかない。
(小沢首相は更にそれ以上のウルトラCであるだけでなく”この際手段はどうでもいい”と考えても彼が首相になる道筋がどうにも現段階では想像できない。)

はっきり言って「何故河野太郎が自民にいるのかよくわからない」のだが(親子二大揃って自民内最大のねじれ)、父親である河野洋平の軽率とも言える歴史認識(彼の歴史感は間接的な米国従属主義謀略論系自虐史観だと思っている)の不安も幾分か(あくまでも幾分かだか)マシだと思える(保守主義をそれなりに強く主張している)期待値込みの話だが、今いる人材の中で他に選択肢が無い。
(原口の自力不足は説明の必要無いだろうし)
原口やら孫との連携も取りやすいだろうし、河野は小沢問題に関しても以前から冷静で検察やマスコミに対しても批判的な論説出している。

少々原理主義的頼りなさがあるのは確かだが、彼が”口だけ政治家”では無い証明が「総裁選出馬経験」となる。
(この点は小泉元首相的戦略と似ている)

四の五の言っている暇が無い有事にあって実現可能性は最重要な条件でしょう。
パズルでも何でもいいので「どうやったら河野太郎首相が実現するか」をベースに考えるべき状況に至っていると思う。
(小沢氏の事だからこの件に関して彼としても何の策も無いって事無いでしょう)

自民党としては何もせずに間接的に菅政権の延命に手を貸すことは悪い選択ででは無い。
日々自民の政党支持率は上昇するだろうし、
(※こういうヘマをしなければだが→http://prayforjp.exblog.jp/13516039/
間違っても小沢政権となり民主党の支持率が選挙前に上昇してしまっては元も子も無い(だから不信任案を出し渋る始末)。
しかしこういう態度が野党第一党の責任として許される筈が無い。
政局をよく知る党内ベテランほど”そんなうまい話は無い”と早期の不信任案提出を働きかけている始末だ。
総選挙を待つ前に民主党党首選がある事を忘れてはいけない。
(震災によって解散は無くなったし間違っても菅の再選は無い、)

ガチの大連立をマスコミ誘導されている世論が支持するとも思えない。
現行のまま大連立すれば『増税大連立』になるからだ、
又、菅政権ではガチの大連立は無い(仙谷内閣による谷垣との大連立など間違っても無いだろうし)。
有力なのは「震災原発事故対策専任特命と同時の実質選挙管理内閣」となる。
→続きを読む

posted by kagewari at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0