2011年04月18日

『日本の風景』(2)

これは又オカルトとしか言うほかなかろうと、、

1941なう。70年前と同じ。RT @jakopapa: 真珠湾と全く同じじゃないですか!@Casey_Matsuoka 低レベル放水は、諸外国に、その予定があるとは通知していたが、その実施の通告はやったつもりであったが、なぜか実際には徹底されていなかった。

11:51 AM Apr 16th twiccaから
uesugitakashi
http://twitter.com/uesugitakashi/status/59086467733000192

【わかった速報】日本政府が長くメルトダウン情報を隠蔽していたことがわかった。総理補佐官が認めた。RT @Casey_Matsuoka 細野総理補佐官、BS朝日に生出演。格納容器からの漏れでありメルトダウンと考えていたが、そう積極的に発表する気分にはなれなかった。

11:47 AM Apr 16th twiccaから
uesugitakashi
http://twitter.com/uesugitakashi/status/59085461100044288
(引用されている内容は細野豪志首相補佐官がBS朝日の番組で語った内容です)

衝撃なのは真珠湾の方ですな、、
おかしくなるぐらい歴史は繰り返す。
心理学的というか『共同幻想論』的に言えば、事に関わって事実関係を左右する立場にある人間の振る舞いが同じ行動原理にあれば、似たような事象が繰り返されるのは驚くような事では無いのだけれど。

(詳しい経緯は以下のようなものだったらしい)
韓・露「汚染水放出」説明会を欠席 事前通告聞き逃す
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110418/dst11041809310010-n1.htm

日本政府が今月4日、福島第1原発からの低濃度汚染水放出の数時間前に開いた在京大使館向け説明会に韓国とロシアが欠席し、放出の事前通告を聞き逃していたことが分かった。
放出後、韓国とロシアは個別の事前通報がなかったと不満を示していた。説明会欠席を「棚上げ」した形の姿勢に日本政府内からは「批判は一方的過ぎる」との声も上がる。しかし、欠席した大使館に通告が伝わったのは放出後だったこともあり、明確な反論もできなかった。

話は戻って”歴史は繰り返す”を解説しますと、
『共同幻想』は一種の強迫心理です。
これが不快感を伴う問題として表面化しないのは、集団によって(美し言えば民主主義的に)合理化されているため不合理や不条理を体感する可能性が低く抑えられているからで、「強迫心理と道徳意識の構造論」から紐解けば、
「それは幻想なのだが絶対多数によって歴史的に常識化されてしまえば現実にもなる」という封建主義的な(元ネタは帝国主義などの権威性社会なワケですから)ビヘイビアであって、
なんといってもやっかいなのは「事実は幻想」に過ぎないのであって、社会心理的にというか多数決的に「リアリ”ティー”」としてその捏造に成功したとしても肝心要のところは「やはり幻想」に過ぎないところで、
個人心理学にける問題と同じように、当該社会はそれを仮想事実(リアリティーの”ティー”)として強固にするため(ここで目的と手段が逆さまになる)、意地でも「それは常識である事を確証させる結果」を無意識に求めます。
(リアリティーという言葉の問題は底が深いので別のエントリーで詳しくやります)

勿論それはハナから無理のある話なので各方面に無理がかかって齟齬をきたすワケで、
当事者は本物の興奮渦中にあるので激論飛び交う状況なのですが、スーッと引いたところから第三者がこれを見ると素で「いったい何の騒ぎなんだか」のような状況になってしまう。

原発の状況も敗戦を認めないばかりに悪循環化してしまい(おそらく菅首相が乗り込んだのが間違いで事故が判明した時点で東電にはこれを解決する当事者能力は無かったのであり”東電の白旗”を早期に認めた方が解決は早かったのでは無いかとも思います)、肝心要の『宣戦布告(汚染冷却水の放水)』の通告事務処理がいい加減だった。
(個人心理学で言えば「自分の頭の中では重大な結論が既に出ていたのだが、その切迫した状況を前に結論を表明する機会を失った」的な齟齬です。←結果的に重大な決断の意味がまったくなかったみたいな、)

→続きを読む

タグ:共同幻想
posted by kagewari at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

『日本の風景』

誤解覚悟の暴論なんだが、俺は日本って国が倒錯国家の素性というか(あえてキリスト教っぽい言葉を”ワザと”使うとすると『原罪』のような)、その存在の根底にカタルシス的というか、なんというか、、
どこか突き抜けたところがあるのじゃないかと思ってます。

そこはかとなく古来日本の保守論壇が破滅的な世界観を背負っている部分(周囲を巻き込むような終末論的では無いところがポイント)、WWU大戦の失敗などに『共同幻想論』の始まりがあるように、大失敗をやらかすのは自己責任を担保出来ない組織論的官僚主義の暴走であったり(その対極となるので反動形成で保守論壇に破滅的世界観があるのかも)、客観的に見た時に「それはいくらなんでもオーモー」と感じていない人って少なからずいると思う。

「2号炉からの高濃度放射線汚染水の漏出を止めるため”おがくず”と”新聞紙”詰めた」
・・・。
本気で冗談か何かと思ったが、、
いや、「これは何かの間違いできっと悪い夢に違いない」と思ったんだが、、

「トレーサーとしてトレンチの汚染水に”入浴剤”投入」
こうなんていいますか、単独者のモチベーションもスーッと何かの気が落ちていくように、
何か得体の知れないものがハラハラと舞うように、、
溜息ともつかぬ「それはいくらなんでもオーモー」でしょうよ。
そして天文学的に大量の放射線汚染冷却水の”放水”、、
”オワタ”とかそういうレベルじゃないでしょう。
”愚か”と激怒するのも違うんだと思う。

自慢の核兵器が大変なことになりだして水かけたというか、
(日本の原子力発電新興の背景に国防族が介在してきたのも事実。)

はーっとしみじみ、、その世界を背景に、
『保守論壇が破滅的な世界観を背負っている部分』なにかわからんでもない。
それはダメだろうって、
その”それ”を言うのに半端な”アレ”じゃ済まんのだのような。

桜井・南相馬市長怒る 〜対マスコミ編〜
http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/194663548.html

 ↑
これなどはWWU末期に敗戦やむなしと知った関東軍が住民の避難より先に大陸から敗走した歴史を思い起こさせる(『中国残留孤児』の原因)。
この時にも一部の中隊・小隊は市民の保護のため物資も無いのにギリギリまで撤退戦を繰り広げ半ば玉砕など(あたかも原発における現地作業部隊のような)「その判断は現地任せ」のような組織の上部から当事者意識が後退し責任すら放棄してしまうような『杜撰な共同幻想』。
岸田秀による『共同幻想』の発見のプロセスにも以下の認識がある。
「確かに日本は戦う前から国力・物資の点で敗戦が半ば予定されていた。実際に戦局の劣勢が明らかになってからの戦地の状況は悲惨を極め・・・。」
しかし、そこで岸田はそこに説明しようの無い矛盾を発見する、
各作戦の局面で「いくらなんでもその戦略は無理過ぎる(貴重な戦力を冷静にギリギリまで詰めて作戦立案するのでは無く到底無理な”ストーリー”や”シナリオ”を現場に押し付けるかのような→あたかも特捜のストーリーありきの捜査のような)」、東京中枢のエスタブリッシュメントにはいったいどういう構造的問題があったのか。
言うならば岸田は『共同幻想の普遍的病理性』をWWU期の日本に見出し、
逆説的に「それがうまく回る場合」として全体像の発見に至る、
(ここはフロイドがメンタルに問題を抱える患者の観察分析から→「それがうまく回る場合」として心理学の原理原則を発見していく道筋によく似ている。)

なるほどそうなかのか、
「何か得体の知れないものがハラハラと舞うように、、」
この感覚は、あ〜っこれは、、のように隠されていた筈の論理矛盾が露出している、その絵を見た時のやりきれなさみたいなもので、
(よく見て、よく覚えておくといい「日本の戦後はあの原発のあの姿そのものだったのかもしれないのだから」などという歴史の注釈がつくような。)

そして日本は、戦後がそうであったように、
「天文学的に大量の放射線汚染冷却水の”放水”」により又国際的非難を浴びこれに(戦後60年がそうであったように)謝罪し続けるのだろうか。
WWU後がそうであったように、日本が本気でそれを総括してしまうとその話は日本だけに留まらず(WWUであれば芋ずる式に戦勝国である欧米列強の帝国主義・植民地政策の話に及ぶように)、核クラブたる他先進国列強も困る事になる。
思うにその総括は(本質的バックグラウンドを背景に)中途半端に終わり、という歴史を繰り返すのだろうか。(中途半端な故に永遠に謝罪し続ける)

流石に欧米列強もWWU時代のような無理はできない、
(インターネット時代ウィキリークスの時代)
『共同幻想の世界的な崩壊(自意識へのネタ割れ・バレ)』が始まった。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(4/8追記編集)
→続きを読む

タグ:共同幻想
posted by kagewari at 21:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0