2011年02月17日

『共同幻想の揺れ』NHKの特集”無縁社会”はいい加減にしてくれ

各ブログ関係で例のNHKが何を考えているのかよくわからん特集を取り上げている。
秀逸なのは(経済評論家でいんでしょうかね)池田信夫氏の記事で、
コチラ
 ↓
「無縁社会」キャンペーンの恥ずかしさ
http://news.livedoor.com/article/detail/5340108/

(記事中の論点はともかく「馬鹿じゃなかろうか」的視点がポイント)
ハイエクも論じたように、どんなコミュニティも自生的秩序として維持されるかぎりにおいて続くのであり、コミュニティを政府が作り出すことはできない。個人主義にもとづく市民社会は快適ではないが、日本が自由経済システムをとった以上、後戻りは不可能である。政府の役割は縁を作り出すことではなく、個人の自立を支援する最低保障だ。未練がましい無縁社会キャンペーンは有害無益である。

さて、心理学的方向から言えば(もちろんですが俺もこんな番組は観てませんブログ伝聞情報ですよ)「流石に共同幻想エスタブリッシュメントもその崩壊に気が付いて揺れ始めている」って事に尽きるでしょう。

これを典型的に表す言葉が『屋台骨が(グラグラと)揺れている』、
構造的な崩壊って事です、
この現象が社会全般あらゆるところで顕在化してきている。
こういった現象を先取りするのは、社会現象としてはメンタルの問題であったり、個人で言えばジャーナリズムや単独者などとなるので、その次に所謂共同幻想の本体、ましてやその支配階層(エスタブリッシュメントであるとかノーマンクラツーラ)がこれに気が付くのにはタイムラグがある。
で「ついに(てか今頃)気が付いたの?」って現象です。

よって「無縁社会」なる番組の内容には殊更意味が無くて、
NHKがそういう番組を特集しているところが重要なワケです。
 ↓
共同幻想崩壊過程も山を越して終盤の大崩落みたいな状況に突入したというメッセージでしょう。

社会現象的には「オープンソース」「フリーソフト」「ハッカー」「フリーエコノミー」「フェアユース(著作権に対する自由度や転載の規定)」「ソーシャルコミュニティー」「クラウド型のなんとやら」「ネットワーク系のOS」「記録媒体の大容量化(低コスト化)」「モバイル通信端末の拡大」などなど猛烈に進行中の”広義のインターネット社会ALL”のような世界に展開中の現象の総和というか『大転換』が起きようとしてます。
何の大転換って共同幻想の崩壊と合理性部分の機能代替です。
→続きを読む

posted by kagewari at 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0