2011年01月12日

文明論ってものを問い始めてもいいのだろう(2)

話は飛ぶようだけれど、昭和における行政改革と言えば『土光臨調(第二次臨時行政調査会)』だが、当時何が話題だっかと言えば会長の土光敏夫(元経団連会長)のキャラクターに負う部分が大きい。
(臨調の中身は代表的なところで言えば”日本たばこ産業””NTT””JR”への成功例との評価の高い民営化を答申したこと)

土光敏夫氏は質素な生活で知られ(詳しくはwikiでも読んでください)、臨調の答申が『戦後経済からの脱却』としてのターニングポイントであった事と重ねて考えてみると、
マスコミはさかんに石油ショック以来の日本のお家芸でもあった『省エネ的生活』と旧来の道徳観で土光氏が”人物である”喧伝に忙しかったが、歴史的経緯を考える時根本的に大間違いをしていたのではなかったか。
現代社会のアメリカンドリームにおける異様な報酬額との落差で土光氏の生活を見る時、
「飯のおかずはメザシが美味い」なる土光氏の人物像は全く別の構図にならないだろうか。

普段の口語で時々(半ば造語的使用なんだが)『イナーフっイナーフ(enough)』とか言う時あるんだが、この言葉を案外脳内では深い意味で自覚していて(これマジ)、賢い歩留りってのか「そこで十分」って意味では無くって(それだど制約するみたいな道徳論が絡んで解釈されることもある)、至福のバカ表現みたいなことを指しているワケなんだが、
歴史の中で土光氏の在り様ってのを『イナーフっイナーフ(enough)』だったのだとすると(硬派というよりエピキュリアンなんじゃなかろうか的に)話が逆さまになるワケだ。
(当時の臨調が意図した「増税なき財政再建」の意味も倹約思想から離れる)

「他は分配でいいじゃない」
 ↓
「みんなで山分けだ」

まったくもって話は飛ぶようだけれど、映画における悪党というか「天才的泥棒主人公物」みたいな話の脚本の場合、主人公の犯罪者グループの犯罪哲学ってのか美意識としてわりと頻繁に登場するのが「報酬はピッタリ山分けだ」という台詞。
(ここで累進課税みたいな話を絡めてしまうと意味が違ってきてしまう)

バカな方向に舵を切るっていうのか、
「底が見ているからいんだよ(『イナーフっイナーフ(enough)』)」
 ↑
この思考は現代経済論的世界における「インセンティブ論」と逆さまにである事に気が付くのであって、
(ここに分譲住宅における35年ローンなんて重ねると更にわかりやすい)

何でしょうかこれは?
日本はどこで間違ったのか。
→続きを読む

posted by kagewari at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0