2010年09月29日

模様眺め

”俯瞰”と言ってもいいかもしんない。
状況がかんばしくない時には一歩立ち止まって「バタバタしても仕方が無い」のである。
何か情熱的に頑張った形を作ったところで、俯瞰で見ればナルチシズム的自己満足だったりするのであって、過ぎればその頑張りが被害認知となり状況がかんばしくないどころか興奮のための興奮のようなマッチポンプ状態に陥る時もある。
(よく似た状況は、ちょっとパチンコで負けが込んだ時に冷静さ失って台も選ばずやみくもに突っ込んで救いようが無い状況まで負けてしまったような話→これも過ぎると”明日も朝一で”みたいに「ちょっと負けが込んだ」事を発端にギャンブル依存症なんて話にもなる。熱意は結構だが冷徹な判断力を勢い喪失してしまうと元も子も無い。)

怠け主義と呼ぶのはどうかと思うけれども、
「バタバタしても仕方が無い」とか
「ダメな時はダメ」なのであって、
ダラけて行こうじゃないの的グズグズ感ってのが意外や「ちょっと負けが込んだ」時の処方箋だったりするのです。

現代社会においていくつも死語ってありますが、
「昔はよかった」なんて言葉もありました。
何がよかったのかよくわからない言葉でもあるんですが、まーそこはそことして。。
簡単なレトリックですよ
仮に現状が「ちょっと負けが込んだ」状態だとするとですよ、
常に「昔は(今より)よかった」となるのです(笑

心理的にはもう一段奥があって、
既に現実では無くなっていて、脳内記憶フォルダにしか存在しない過去(昔)ってのは、結論なにやかにやと乗りこなしたから過去となっているのであって「過ぎた話」と呼ぶ方が印象適切かな。
歯医者の話なんかにたとえると、
なかなか巷には歯医者の治療が大好きって人いないと思います。
つまり治療中の現実って苦痛以外の何物でもなかったりする。
結果治療が終わると達成感と言いましょうか、何か感じのいい(解放感のある)記憶になったりするものでございます。
「それが現実な時にはハードなのに、過去となった今は何か感じのいい記憶になる(治療終わっているから)」

実は構造的に「昔はよかった」と思える心理ってあるのです。
(”ノスタルジー”ほどは強くないけれど)
仕事で言えばなにやかにやと過去はキャリアですからね。

そんな風に考えていくと、今が辛い(「ちょっと負けが込んだ」状態みたいな)ってのは常に後から考えれば「昔はよかった」という過去に変化可能なのであって、
それが「過ぎた話」となるような速度を速めればいいことになります。
或いはそれを待てばいい。
勢い込んで興奮するとパチンコの話じゃありませんが悪循環もあるのであって、
 ↓
「バタバタしても仕方が無い」とか
「ダメな時はダメ」なのであって、
ダラけて行こうじゃないの的グズグズ感ってのが意外や「ちょっと負けが込んだ」時の処方箋だったりするのです。

怠け主義と呼ぶのはどうかと思うけれどもいんじゃないですか、それでいいと思いますよ。
ええ「怠け主義」、全然OKじゃないですか(笑


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0