2010年09月25日

曖昧模糊

なんだかわからなかったものが断片的に繋がってきたように思う。
(ここんところのエントリーで書いてきたように破綻というかダメダメな状況が世の中連続しているワケなんだが、、)
答えは案外シンプルなところにあるかもと確定事項から先に考えてみよう。
『ドル暴落(米国経済は再生しない)』
『中国バブルの破綻と格差』
『オバマ政権の幻想(最初から無理)』
『北京政府のガバナンス(現体制は限界スレスレ)』
『人民解放軍は軍閥というか財閥に近い”企業”である』
『小沢という記号の実態は”自立”(反小沢は=米国従属主義→その比喩が55年体制)』

日本の言論というか政治家を含む知識人には理解し難い階層がある。
「転向派」とうか「変節派」というか、
■左翼出身なのに現在のIDは右寄り保守(米国従属主義的似非右翼)だとか、
このパターンは決して珍しくない。

考えてみれば心理学的な「躁鬱」や「サドマゾ」の世界観で見ると全然アリな世界であって、こういった知識人の変節は『政治思想依存』における躁鬱的発現であって、
「なるほどどっちでも同じなのか」という事になる。
結論反動的というか教条的というか極端な立ち位置なのに肝心の論説内容がお寒い内容(知識人的難解な横文字連発ながら内容スッカラカンみたいな)が特徴で、

メンタル性の自殺衝動を揶揄する意味とは別に現象論の話なんだけれども、
慢性鬱症状における自殺衝動や自殺騒動では本人決して本当に自殺はしない(非メンタルな自殺率より低いという話すらある)。少なくとも論理的にこの話は簡単に論証できる、
「自傷行為」におけるのと同じようにそこには”反復と依存”の構造が関係するので、本当に死んでは元も子もない事になる。
同時に反動的意識(や付随する感情)が決して本音では無い事の証明となるだけれど、
特徴としてそれは表面的にエキセントリックであるところが共通項になる(反動形成)。

それだけでなく特異な昂揚感というか、興奮を伴っていたり、正義感的興奮を伴っていれば論議を挟む必要も無く『強迫意識』なのだから、政治思想等というものが過分にナルチシズム的な強迫心理であることは本来説明の必要も無い話なのであって、
■当然本音では無いのだから容易に「時に左翼にもなり時に右翼にもなる」のである。
(心理的な”アンビバレント”の解説みたいな話)

反小沢なる情緒的世論が共同幻想としての反動主義であるのはそういった構造にあるんであって、(小沢神話的な英雄史観で見ている人は反小沢と同類なので違うんだけれど)現在進行形の反小沢的世界の危うさってものは「よくわからないのでは無くて、右でも左でもアリアリなのだ」という結論になる。

朝日と産経の華麗なコラボレーションは(なんちゃらイルージョンでは無く)いつでもあり得たのであって、
あの日本TV・読売TVが郷原弁護士に出演依頼する事に驚いちゃいけないんだと、
仙谷官房長官と前原外務大臣や岡崎トミ子国家公安委員長は”悪い冗談”では無くて、あり得る話なワケです。
(今回の特捜検察事件から言えば、以前から特捜にネタを供給(チクるに近い感覚で)していたのもマスメディアの記者だったりするのであって(ライブドア事件は勿論○○TV)報道被害どころか特捜検察とマスメディアは一蓮托生の関係にある→朝日内部で抗争があれば=検察内部でも抗争がある証明)
→続きを読む

posted by kagewari at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0