2010年09月23日

検事が逮捕されるとは思わなかったがこのタイミングってイロイロあるのでわ

今回の報道及び逮捕に至る経緯は以下のブログに詳しいので一読いただきたい。
朝日のスクープに乗った検察の組織防衛
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10655648808.html

思うに弁護団の判断と朝日内部に抗争があるのではないかという推定(現在の船橋・星の経済・政治部系が紙面をリードする論調を好ましく思わない一派がいるようで党首選時期の仙谷氏に纏わる事務所経費のネタを報道したのも反主流派)から見て、今回の逮捕に至る過程の論議は「額面通り受け取ってもいいネタ」だろうと思う。
この日付関係に着目した村木氏(流石官僚というべきか)と弁護団の判断は日本の政治や昨今の検察権力の暴走に関して決定的な一打となったのは間違い無い。

■朝日に関しては以下の話が背景にある
検察、朝日、この二者のやることなすこと、すべて疑ってかかって間違いはないだろう
http://eiji008.blog19.fc2.com/blog-date-20100922.html
(言えば屈辱的失敗を大宣伝してしまった話)

※この辺までうがった見方をするケースも少なくないと思うけれど、メディア等でヤメ検コメンテーターが検事個人の問題に矮小化させようと必至だったりする部分は事実で、検察の危機感は本物。(朝日内部反主流派の危機意識も本物じゃないだろうか→船橋体制も営業的判断からだろうし読売との連携含み生き残り策としての選択であってヘマやって逆に部数を減らすのでは意味が無いのだから)

※この問題だけで十分国会に検察トップを呼べるだけで無く、検察が小沢を追いかけ回した理由のひとつと言われている『取り調べの可視化』は大きく前進する。


釈然としないのは、今回の前田検事の『証拠改ざん事件』は当然事前に検察首脳にリークされていただろうから報道から間髪置かずに最高検が一気に逮捕まで動くのはわかるんだが、ここって朝日の側はある程度自由に発表のタイミングを選べたってことでもある。
主導権は朝日にあった。
どうしても気になるのは、検察からの抗議を気にしてTV出演禁止扱いになっていた郷原信郎弁護士が事もあろうにいきなり日本TVから出演依頼があった事だ。
(朝のワイドショー系なので番組編成自体が報道局じゃないかのかもしれないが)
奇しくもこの時、政治の表舞台は『中国と尖閣諸島で衝突』であり『どこに隠れていたんだアーミテージが待ってましたと仙谷官房長官と会談』など政治的にはかなり生々しい舞台が進行していたタイミングでもある。
ネットにはこの報道も仙谷仕切りと考えている層もいるようだけれど、そうは思えない。だったら法務大臣の人事は違ったものだったろうから。
■確かに弁護団や朝日は検察の控訴断念を念押しするための”タイミング”だったのかもしれないが、、

どこかに朝日の小沢援護的色彩が関係しているかも知れない。
こっちのタイミング的には元秘書の石川議員の裁判で”ダメダメホラ話”として知られている水谷からの献金を検察は立証しようとして公判前手続きで弁護団とひと悶着起こしている時期。水谷建設が最初に検察に協力するようになった事件(実に都合のいい証言をするようになった:後に偽証と自ら証言)である元福島県知事の佐藤栄佐久氏の事件で水谷を取り調べしたのが前田検事。
http://twitter.com/hokuto_hosi/status/25227710308
→続きを読む

posted by kagewari at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0