2010年06月11日

経済学と国家財政(前)

昨今世界で大失敗を引きおこした新自由主義経済学を考えてみると、事の本質は『グローバル』なる言葉の背景にある。
グローバルを=覇権主義と説明する評論家がいるように、グローバルとは国家主権に対してのアンチテーゼであり、彼らは無政府主義との差異を国際法的なコンプライアンスに求める。しかし、IMFがどうこうも何も国連なりが圧倒的にWWU戦勝国にとって都合のいい道具であるのはご存知のとおりで(これが中南米で起きた”アンチグローバリズム”としての嫌米であり反米主義)、小沢の国連主義とは意味が違っている。
※小沢の場合にはまともに組織されたことも無い”リアル国連軍”への出兵を論じているようにその発言意図の背後は、都合のいい道具としての国連ではなくって政治的仕掛けがあっての発言だから。

話を経済学に戻すと、
基本新自由主義とは『金融経済学』であって、
事の始まりはニクソンショック以来の通過の為替の変動制→自由主義(国家主権から離れる)となる。一国の政府で言えば中央銀行(日本で言えば日銀)は政府から独立する存在でなければならず、且つ安易に市場に介入してもいけないという形で、『金融マネーはグローバルな存在』である以上、国家経済もグローバル化すべきであるって筋書きが新自由主義、なので口を開けば外資がどうこうって一国経済の金融を超えた論議に国家がどう合理的判断をするのかって話がベースになる。

なんか難しい話に聞こえるようで仕組みは簡単なワケ、
国家をひとつの会社にたとえて考えれば早い。
『株式会社が東証に上場して資本を調達』
しかし昨今金融の世界はそれはそれはグローバルである、
その会社の株を大量に外資が購入し、
のような話になると、その資金の母数というか裾野は当該国家の経済事情とは全く無関係になる。
(更に金融工学により世界に溢れるマネーがベースとなるので国家経済の予算規模などとは比較にならない金額)
なので、新自由主義経済学では「クローバリズムとして拡大し続ける市場との合理性」に着目しているワケですよ。
(そっちに訴えかければ容易に期待以上の投資が集まりますよ→国内経済政策なんか瑣末な事で、重要なのはグローバリズムとの親和性を阻害する”規制や障壁”である←実はここで意図されている”規制や障壁”とは間接的に当該国の国家主権を意味している)

しかしこの話が途方も無いインチキなのは、
その膨大なマネーってあなた(笑
元ネタは膨大な赤字を抱える米国が刷りまくった”ドル”だってことで、実体は「ジャンク」なんですよ。
考えてもみてください「事の始まりはニクソンショック(ドル切り下げ:暴落)」なんですからね。
そして金融工学ってのはつまるところ「無担保で胴元が天井知らずに貸しますよ」って帳簿上の話であって、実弾は実際存在しないワケで、それって『赤字国債の乱発』と何ら違いが無いのです。
→続きを読む

posted by kagewari at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0