2010年04月13日

カオス化する共同幻想(メディア論)

連載状態となっているメディア論ですが急速に惨憺たる状態になってきてます。
現在すっかり過去の事件と化した小沢報道ですが(メディアはネタが無いとどうにもできない→効き目が無いと見るや生方ネタはポイと捨てちゃったしね)、昨今の世論動向考えると民主党の問題は『鳩山首相のリーダーシップ』に移行中です。
叩かれる事に慣れている小沢であればどうということ無いのでしょうが、鳩山首相に関してはマスメディアの報道が実体として影響しかねない部分があって(彼らそこに気がつき始めたかな)馬鹿にならない要素も無いじゃない。
※ここ幾分信用できる方の世論調査の話ね
※逆説的に言うとマスメディアは小沢を幹事長に起用した鳩山政権の手腕を過剰に評価しているから(それを恐れて)バッシングを続けているんであって、当初から鳩山首相のリーダーシップに問題あると踏んでいたらこんな風に自分で火をつけてまで大騒ぎする必要もなかったワケで、、

といっても「メディアの民主潰しが実質の効果を発揮しだした」という話であって、返す刀でマスメディアの信用性はガタガタになってしまったと見ていい。
※沖縄基地問題解決を『5月末まで』と自らネタ投下してしまったのは大失敗だった

春の番組改編で報道番組も新しくなっているようですが、信用性の低い視聴率DATAを取っても評価は芳しく無く(登用されているキャスターのタレント性云々が論議になっている始末で)実際ちゃんと見た事無いのですがNHKまで情報番組なのか報道なのかちょっとよくわからい番組を始めたらしく(まワイドショーと代わらんという)、現状認識において致命的に勘違い方向に暴走している。
事実、情報番組編成にして報道から離れれば上記の民主潰しの偏向報道も非常にやり易くなるから目的としている番組編成は確かに成功もするし実際その目的に関しては成果も上げるでしょうけれど、
「それが目的になってしまう状態」に及んでしまえばマスメディアの自浄能力というか(実は存在した事が一度も無かった)ジャーナリズムの構築は不可能になったと言えるでしょう。
※後からなんとか立て直そうにも「どの口が言う」状態になってしまう

やっかいなのはマスメディア論とは別個に鳩山政権の致命傷にもなりかねない平野博文官房長官の能力の問題と、昨今小沢氏の知恵袋であった評論家の平野貞夫氏(同じ平野氏ですが大違いですから)から語られている鳩山政権発足時の背景事情が政権運営に実体として問題化しているところで、
(何故かこっちが致命的な問題なのだけれどもマスメディアは報道しない)
平野博文官房長官の能力に関しては説明の必要無いのだけれど、
事『鳩山政権発足時の背景事情』は説明必要でしょう。
何があったのかと言えば、昨年度の検察発西松建設事件は予想外のところで効果的に影響与えていたって話しです。
検察サイドのドジで民主党はすっかり(検察の思惑と反対に)衆議院選挙で大勝したワケですが、その後政権発足にあたって鳩山首相の小沢幹事長起用にあたって民主党内部で相当な抵抗があったようで(実は政界ではこの時点で鳩山氏の故人献金が相当の問題だと噂が流れていた)当時必ずしも万全の指導力とは言えなかった鳩山氏が、旧民主党派(言えば現在の内閣のメンバー)の以降を汲んで、与党幹事長に政策に関与できなくしてしまった事です。
※選挙前と同等に小沢氏を名前は幹事長だが実質は選対本部長であることを求められた
→続きを読む

posted by kagewari at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0