2010年02月15日

メディア論の続き

半分ネタなんですが、まー突拍子も無いニュースもあるもので。

「番組見なければ就職させない」 NHK経営委員「トンデモ」提言
http://www.j-cast.com/2010/02/08059757.html?p=all


記事中でも紹介されているように、上記記事の発言は政治色の強い委員の発言なので大袈裟に考えるような話じゃ無いのですが、共同幻想崩壊過程における保守反動といいましょうか「そんな無茶な」な発言が現実に存在するのも確か。

権威性視野狭窄なり権威性認知障害であるとか権威性思考停止のような現象は確かに存在します。
行政語るときに「縦割り行政の弊害」なんて言葉がありますよね、
人の自我ロジックの中にも同様の構造が成立する事もあるんだと、こういう話です。
『縦割りロジックの弊害』
リテラシーとか語る上でも関連性強いかなと思います。

極論すれば権威社会における「(実ではなく)所謂エリート階層」特有に起きる現象とも言えるでしょう。
これは共同幻想を媒介にする間接的強迫認知のような概念で、
メンタルな自我問題で言えば「わけのわからないもの」であるとか「わかりにくいもの」に対して力学的にバランスを取るため(最悪のケースを考えるとか最良の方法を考える等の”最”に相当する過大・誇大視)対象性を成す意識に偏向が組み込まれここに幼児特有のデフォルメが関係し、、云々な話になりますが、上記の『共同幻想を媒介にする間接的強迫認知』って話は、順風満帆な権威性エリート階級への適応が優れた結果ステレオタイプな権威性への信頼感が結果論的に過剰となってしまう構造深度の浅いの強迫意識みたいなものです。
→続きを読む

posted by kagewari at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0