2009年12月19日

現代社会の心理風景

都市文明の変遷を知る上でなかなか面白いニュースがいくつかありましたよ。
大学生、喫煙者との結婚はNO 男子7割、女子は6割
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120901000596.html

この話はズバリ恒例の男の子の方が女性票を意識して(見られる:被(こうむる)立場から)過剰に禁煙傾向高まっている心理そのままでしょう。
部屋を借りる時の話にもこの傾向があって、
昨今目立つ「男の子がフローリングや2階以上や水周り内容を条件とする事が多い」背景に女性に嫌われたくないって漠然とした風評を”気にしている”のが原因だったりするのと同じ話です。
タバコ論議と同様に実は女性の4割は慣用なわけで(現実若い人は女性の方が喫煙率が高かったりする)→「それほど気にしてやしない」のが本当のところだと。

共同幻想模様としてはこっちの話がかなりエポック
4割が「子ども必要ない」とされた内閣府調査の意味
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20091208/199824/?P=1
 ↑
これは解説記事で(なかなか鋭い分析ですよ)
元ネタは上記記事中でも紹介されているこちら
 ↓
内閣府調査:「子供必要ない」42% 20〜30代6割に
http://mainichi.jp/life/edu/child/news/20091206k0000m040080000c.html?link_id=RLH02

共同幻想としてどうにかこうにか通用していた明治以来の「核家族幻想」はほとんど瓦解していて、イメージの形すら維持できなくなっている状況が多数決的に過半数を超えたって話です。
若干この「核家族幻想」の裏話を紐解けば、
明治維新(実質は九州四国と山口県など瀬戸内海から西→関が原における大阪秀吉側旧西軍が徳川幕府に対して引き起こした”軍事クーデター”)なる少々デッチあげの歴史の無理が、もうどうにも無理過ぎだったという話です(共同幻想として語るにも無理筋杉)。
→続きを読む

タグ:共同幻想
posted by kagewari at 20:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

『フリーエコノミー』とかって話がある(後編)

利益確保のビジネスモデルが妙なタイムラグを意図的に造ってしまうと「飽きられ現象」というかそもそも忘れられてしまう事もあるのであって(コンテンツが膨大なのも先進国だからなのであって)、既に劇場公開が始まっている映画コンテンツのDVD発売を意図的に遅くしすぎると「観たい人がいるのに版元の都合で観られない状況を意図的作ってしまうのと同じ」でこれが購買動機の腰を折る可能性も無いとは言えないでしょう(DVD専用に再編集するなら別だけど)。
※ここは音楽業界におけるコンサートライブとCD販売のケースで考えるとわかりやすい

仮にDVDのみを期待している人はコンテンツの楽しみ方とし映画館がマストではないのであって(反対に映画好きはDVDの発売時期が何時だろうと必ず映画は映画館で観る)、単に営業目的で発売時期を遅らせるのはコンテンツを趣味として楽しむ人のライフスタイルを意図的に営業目的で干渉している事になる。
昨今はDVDの販売価格も安いので、気軽にDVDを購入する人は「忘れるぐらいのほどほどの評判でも買っちゃう」方向にいっても不思議じゃない。共同幻想の崩壊過程で超大作やカリスマ的監督なる存在は構造的に分散化個別化するので、昔書棚が山積みになったようにDVDがずらっと並んでもおかしくない。
(映画のスケールとしても棲み分けはある→劇場公開もそうだけどDVD販売で収益計算する時代なんだし)
しかも高齢化時代で必ずしも自由に映画館にいける人ばかりでは無いのにだ、
※映画館の生命線は『大画面・高音質大音量・暗い空間によるパーソナルスペース』など基本を重視すべきで、本来なら最初からDVDと被らないエンターテイメントの筈だから。
(ピュアオーディオ黎明期には映画館で使用されるPA用スピーカーが高級機種だった)

豪勢に70mmフィルムで撮影した大作だとしても昨今のシネコンの上映設備はデジタル化されているんんであって、、
DVD単体での販売を考えるならオーディオ同様に高性能のハード普及によって更にDVDの売り上げを伸ばすことを考えた方がいい。
(インターネットで視聴可能なコンテンツは視聴の域を出ない→昔レコード屋さんに視聴室があったのをJASRACは忘れているんだろうか。)
■しつこいようだけれどJAZZ喫茶を潰す事に何の意味があるのかさっぱりわからない
→続きを読む

posted by kagewari at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

『フリーエコノミー』とかって話がある(前編)

経済学の世界でもいろいろ新語も出るもので、インターネット時代の経済を考える上での新語として『フリーエコノミー』なる言葉がある。
この対抗がスポンサーの付く広告型の無料提供で典型的なのが民法TVとなるかな。

インターネットの世界では”フリーソフト”が山ほどあって、ほとんどのソフトはフリーで整えられる。イメージとしては「楽にパッケージソフトで」なる世界があって、さしてPCに詳しくない初心者には有料のパッケージソフトがお勧めみたいな状況なんだが、
これが又不親切な話で、だいたいがデフォルトで使うと重い。
経済としては「デフォルトで重たいのは機種が古いから」でも説明になっていると言えばなっているので問題無いんだけれど(流石に以前のように増設メモリも説明しないとかは無くなったように思う)、『イージーに使いたければ高い料金を』で棲み分けられている。

フリーソフトの場合プラグインからして個別にダウンロードが必要などそれなりの知識のある人(といってもそれが調べられる程度で十分なんだけど)が使って初めて本領発揮もする。
使用目的が限定的な分動作も軽く『フリーエコノミー』な格好そのものがインターネット時代らしらの体感にもなっている。
※ここはメディア論における「リテラシー」と同じでインターネットの時代において「リテラシー」なる言葉はえらく重要なキーワードになっているように思う。

旧時代のビジネスモデルだと、フリーエコノミーな方向に対してどうしたって反対方向の「少しでも著作権侵害がありそうなら取締りして欲しい」に特化してしまい(目の仇にしているとも言う)、エライ事にもなっている。
JASRAC(日本音楽著作権協会)がその最右翼で、まーね盛んに活動するのも結構ですがレコードの販促活動をタダで引き受けていたJAZZ喫茶を軒並み潰してレコード会社の方も又軒並み倒産しかけるなんてね(同時に再生機器であるハイエンドオーディオの販促もやっていたのに→おーディオ使って質のいい音を聞いたことが無いから余計にダウンロード音源による音楽再生が伸びてるんでしょうに)掬い様の無い例もありますが、
→続きを読む

posted by kagewari at 21:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0