2009年08月14日

芸能人のニュースもあれこれで、

近代から現代への高度経済成長期にはまだ『権威主義的集合性』のような意識が国家にあったので(当時で言えば帝国主義国家)、
日本においても力道山や美空ひばり石原裕次郎〜長嶋茂雄のような”大スター”が存在した。
心理的な背景である『権威主義的集合性』の崩壊は、
「カリスマ」なんて言葉が一般用語で使われる(もちろん矛盾しているんだけれど)ようになって完全に崩壊、
音楽の世界は大スターからインディ系バンドの時代に変遷し、
政治の舞台も突出する個人から政党含む政策(あるいはそれを実行可能とする”実効性ある権力”)の時代へ突入中、

アメリカハリウッドやTVドラマにおいても、明快な主人公を置くシナリオから「複数主人公・同時平行複数ストーリー性」が中心となりつつあって、所謂大スター(ジョンウィインであるとかジェームスディーンや歌手だけどエルビスもそうでしょう)物ってジャンルも後退し、巨匠って存在も随分小ぶりになっている。

そんな中昨今の芸能人の薬物関連ニュースは下手な刑事ドラマの脚本でそのまま使えそうな話になっていて、その劇場性を増している要素のひとつは「妙にリアリティーがある」からだろう。芸能人なる存在が随分身近に「あれあれそういうこと?」みたいな存在になっているからで、権威主義的集合性なるものは”所謂芸能人”には存在しなくなった。
(そもそも鶴田浩二さんなら「芸能人」等と呼ばせなかったでしょう)
芸術家としてのリアルな仕事(俳優一筋等)が無い事にはリスペクトされないのが自然であって、本来至極当たり前な状況に落ち着いたというのがホントのところ。
「ハリウッド映画に出演」なんてタイトルも早晩たいした意味を持たなくなると思う。どれだけ演技やら俳優としての”何”が評価されているのかって事なのだから、
※再び映画が商業ベースに乗り始めるなど現実は明快に変化しつつあった
→続きを読む

posted by kagewari at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0