2009年06月04日

共同幻想瓦解兆候時に現れる社会的反動

共同幻想が保守における社会システムにおける原理であるのは言うまでも無いのだけれども、歴史的に常に共同幻想の崩壊過程では「保守反動」のような(心理学的に言えば”抵抗”)が起きてきた。
心理学のそれが同じであるように、共同幻想の崩壊時にそのカウンターとなる進歩的発想は対象となる共同幻想のコア(保守的原理)が表現されないし哲学的論証も曖昧であるため(だから保守なので→継続保守することで維持されるロジックであるため”説明を省略できる合理性”が集団化のインセンティブになっているワケで)、これを批判する形の進歩的発想は常にカウンターとしてアンバランスで(対象が曖昧な分表面的には”相当インチキ臭くても”批判するだけは有効だったりする)、内容もグズグズである場合が多くてこれが保守派の反動意欲に火に油を注ぐ結果となるケースも多い。

個人心理学においては、事実関係の確認を精神分析で行い(無意識化されている原理を証明する)、実際テーマが論理矛盾を抱えるケースとなるため(なので強迫なのだし)、カウンターの設置における自我バランスを確保することにおいて、偏向が発生することは論理的に発生しない(分析がトンチンカンだとアレだけれど)、
これは対象の明解化と、実証(カウンター)の意図に利害関係が無いため(第三者性の担保)で、社会心理における「共同幻想の賞味期限切れ」の方がよっぽど不安定になったり一時的な悪循環(火に油)が発生するのは予測の範囲内と言ってもいい。

それぐらい社会心理はやっかいなもので、
批判勢力もインサイダーとして(自らの利害関係から批判を構築するので、利害に関係ない側から見れば単なる利己的ポピュリズムに見えやすい)発言していくためその反動も目にみえて敵対的になったり、昭和の時代であればナチスに代表される『ファシズムの台頭』を招いてしまうなど大失敗を幾度も経験してきた。
フランス革命であるとか日本の戦国時代であるとか、暗黒時代とも呼ばれる混沌は近代以前であれば100年オーダーの時間的猶予もあったけれど、情報化社会の現代においてはこの現象が10年オーダーで起きる。
うっかりしていると知らない間に論議がエスカレートすることもある、
→続きを読む

タグ:共同幻想
posted by kagewari at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


『住まいの心理学』
Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照

バレエ・ビューティフル ベーシック・ワークアウト [DVD]
B005HMRR5W

バレエ・ビューティフル ~カーディオ・ワークアウト~ [DVD]
B008JQMCN0

クローディア・シファー/パーフェクトリー・フィット デラックス -いつでもどこでもクローディア!トレーニングBook付- [DVD]
B001Q2HO8C
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄・トラックバック閉鎖中 (2014.7.26〜)




LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
ラ・ターシュに魅せられて
□TBN
岩上安身オフィシャルサイト
魚の目|魚住昭責任編集
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0