2009年02月16日

麻生政権”問題”を別の角度から見てみる

巷では支持率低下がニュースの筆頭だけれども、ここに至って『自民党』なる政党が法人的自我を維持できなくなっている(既に社会学的意味で政党の実体を喪失している)のが明白だって事実がよっぽど重い。
歴史的経緯から言えば
「田中首相ロッキード事件」
「小沢氏離党と小選挙区制度」
「野中氏による村山政権」
「小泉氏の自民党をぶっ壊す」
この流れの中で共同幻想としての”自民党”はとっくの昔に瓦解していたのだけれど、残滓に限りなく近い『議員の地盤(この共同幻想は実体として強固)』と『官僚政府組織』の関係性は否応無く日本の政治システムだったので、瓦解したとしても政権交代を前提とする民主主義は「まだまだこれから」ってところなのでとてもないじゃいけれど追いつかない状態。

その間”レーゾンテートルの存在しない政治結社”のような”任意団体”として自民党は存在し続けたのだけれど、その無理が限界点を越え始めた。

ここのところの動向は以下
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20090212AT3S1001O10022009.html
http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009021036_all.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/scope/CK2009021302000047.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009021301025
http://www.zakzak.co.jp/top/200902/t2009021341_all.html

と、流れのピークは「小泉元首相ついに政局がらみの発言開始」な部分
その間”ダメだって”で動いたのは渡辺ミッチーの倅だけで(しかしこの人は公務員改革法のときから民主と事実上の提携関係なので本当の意味の内部造反者とは言えない)、何人も麻生政権批判を口にした議員はいるにはいるんだが、おおよそ「翌日には撤回」という「これほどまでに政治家の言葉が軽くなったのか」とちょっと表現に困るほどの状況になっている。
※渡辺氏や報道から、その圧力は”ゴルゴ13古賀氏”辺りからの「公認圧力」がガンガン入っているとの事→ここ小泉氏の刺客作戦の二番煎じ的”脅し”らしい
→続きを読む

posted by kagewari at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0