2008年12月31日

『自我バランス』

力動論を始めようってのじゃないので、勘違いしないでください。
ま、似たようなものか(笑

何の話かというと、
自意識と無意識領域(前意識的とか超自我含む)とのバランスの話、
表現で言うと「安定している」とか「不安定」とかありますよね
この体感は一体何の話なのか?
俺の好きだった某小説には「コップに水を一杯に入れてこぼれないように歩く事だ」なんて台詞もあった。
「心頭滅却すれば火もまた涼し」なんて言葉もある、
坊さんは「煩悩を捨て悟りを開く」なんて考える。
何やってんでしょうね?

「バランスを維持している」

そして精紳分析的な意味で自意識台頭のための言語的アプローチ「デ・コード」とか「デバック」とか「カウンター」。カウンターなんてのはそのままウエイトの概念(質量)みたいなものだし、意味合いとして”反動を抑制するための現実質量”な意味でも使っている言葉です。
何がどうバランスしてんのか?

そして、その反対に「喜怒哀楽」って世界もあるがその世界を「不安定」と呼ぶ人はいない。
何が一体どう違うのか?
強迫的興奮がたとえ脳内で快感分類であっても、認識の主体である自意識にとって不快であれば、その”不安定な様”は歓迎すべきことじゃ無い。
まさに「不安」、
「不安」と「喜怒哀楽」の決定的な差は、生理的体感と自意識認定との一致性の差かもしれない。
→続きを読む

posted by kagewari at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Amazon 2
所謂臨床系の言うところの行動療法ってほど堅い話ではありませんが期待感あるアプローチだと思います
自我と時間』参照




comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
□ダークサイドオブkagewari(ミラー)
■retour&Retour
□etc;;Blog

kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0